シェアウェア

shareware

分かち合うソフトウェア

パソコン通信やインターネットなどの電子ネットワーク上で、有料で販売されているソフトの総称。ユーザーはパソコン通信やインターネットなどで欲しいソフトをダウンロードし、販売会社や制作者に直接料金を支払うことで利用が可能になる。このシステムは1970〜1980年代に米国で考え出された流通方法で、パッケージソフトのように外箱や輸送に料金を支払わないので、わざわざショップまで足を運ぶこともなく、比較的良心的な価格でソフトが入手できる。また、多くの「シェアウェア」は一定期間無料で利用できるようになっている。インターネット上にはシェアウエアがほとんど保存されているページのURL(http://www.shareware.com)や、オンラインソフトの紹介・ダウンロードサービスを提供するベクターのソフトウエア専門サイト「Vector Software PACK」上で提供しているシェアウエア決済サービス「ベクター・シェアレジ・サービス」のURL(http://www.vector.co.jp/swreg/swreg.html)がある。「シェアレジ」では、1998年8月12日よりSET 1.0に対応した。ただし、ユーザーがSETを利用するには、カード会社から提供されるウォレット(電子サイフ・ソフト)をインストールする必要がある。