サイバー犯罪の条約とプライバシー

Cybercrime Treaty & Privacy

サイバー犯罪条約

国際国家的なサイバー犯罪条約を構築するための「Council of Europe Cybercrim」が公開され、そのような犯罪に付き物の盗聴による捜査手法が国際的に採用される可能性があり、多くの団体が国際的なプライバシー侵害を合法的に犯す危険性があることから、サイバー犯罪条約の内容について懸念しています。

>> さらに詳細な情報はこちら


Council of Europe Cybercrimeのバージョン25原文
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
Oxford大学のLuciano Floridiが公開したWhat is the Philosophy of Information?
欧州評議会閣僚委員会が発表した2001年11月8日のリリース
警察庁の「サイバー犯罪に関する条約」解説
2001年11月23日に公開したサイバー犯罪条約の最終決定稿
GILCが2002年2月6日にECのWalter Schwimmerに提出した書簡
ACLUによるCIPAトライアル報告書
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
コンピュータ処理されたデータで公開できる情報の査定をレポート
コンピュータ・セキュリティの進化にともなう批判とリスク
Unpacking ''Privacy'' for a Networked World
米国警察による1992-2000の犯罪報告
米国最高裁判所が下した判決
ALAが2003年6月23日に崩壊した非難文書
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
OMBによる情報システムとプライバシー法のレポート
GAOのInternet Payment Systemにおける情報セキュリティ・レポート
米国の「USAID」と米国の将来に向けた挑戦レポート
Jess T. Fordによる「USAID」を利用した実証実験レポート
GAOが2003年10月20日に公開した「Electronic Rulemaking」
GAOが2003年12月12日に公開した、テロと経済に関するメカニズムのレポート
EPAが2002年に受け入れた巨大非営利事業についてのレポート
Robert F. Daceyによるインフラ保護の調査報告書
重要なインフラを保護するために必要なサイバー・セキュリティの技術的レポート
データ保護に関するヨーロッパの結論
Article 29 Data Protection Working Party, Opinion 9/2004 (15.11.2004)
GAOが2005年5月26日に公開した、78ページのサイバーセキュリティ・レポート
日本IBMが2006年5月1日に公開した、サイバー犯罪に対する動向とビジネスへの影響レポート
GAOが2006年5月17日に公開したプライバシー保護に向けた情報管理実証レポート
GAOが2007年4月30日に公開した、プライバシー管理レッスンのレポート
Prof. Barabasi Discusses Groundbreaking Research on Human Mobility in Nature Cover Story 06-06-2008