広告逆効果現象


インターネット広告の掲載料は、他のメディアと比較すると非常に低価格ではあるが、広告掲載ページを検索して自動掲載するシステムを採用している。そのため、自社広告がどこに掲載されたかという確認が非常に困難になっていることから、自社広告が記載されたことによって企業イメージなどが悪化するといった事故が多発するようになっている現象の総称。つまり、お金を支払って自社イメージを落とすという現象などが知られている。広告主は、広告が掲載されるページに対する適用範囲を明確にできる環境を要求し始めている。例えば、悲劇のバージニア工科大射撃事件が発生し、AP via Yahoo Newsは2007年4月18日にBrian Bergsteinのコラム「Media mine Web searches for readers」を公開し、Googleで検索したなら、インターネット検索エンジンは大学大虐殺に関するニュースへ何10ものリンクを供給した。そしてマスメディアは、バージニア工科大射撃事件Webにまで広告掲載していたと報告した。詳細情報はURL(http://news.yahoo.com/s/ap/20070418/ap_on_hi_te/virginia_tech_web_keywords)で知ることができる。米国の銃社会と、人種差別、貧富の差が起こした最悪の32人もの死者が出た銃乱射事件の広告スポンサーは、何を考えているのかという非難が集中した。また、マスコミは広告を出すことで運営しているからと言って、こんな事件に広告を取る、その神経が疑われはじめている。The New York TimesとThe Washington Postは、Google結果の上の際立った「後援されたリンク(sponsored links)」ページにそれらの適用範囲を入れるキーワード広告を買った。最高峰の報道機関がこのようにバージニア工科大射撃事件で、適用範囲の広告を出すウェブが現在伝統的なメディアが振るう大規模なパワーを生み出していると報告した。ぜひ、米国で最悪の事件をお金儲けに結びつけたいのですか?と、その広告主に聞いてみたいものである。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=5908)で知ることができる。
Facebookのポップアップ広告で、イギリスの極右政党といわれるBNP(British National Party)を支援するコンテンツなどで2007年8月に入ってVodafone、Virgin Mediaなどの企業広告が掲載され、広告配信を停止した。イギリス政府の広報を担当するCOI(Central Office of Information)Facebookへの広告配信を停止した。現在のように、検索で自動掲載されるインターネット広告の場合、今後も同様に広告逆効果現象問題が多発する可能性は高いと言える。Facebookでは顧客向けに広告主がオプトアウトできる機能を提供することにした。Alternetは2007年8月21日に、共産主義の都市ではなく、世界の4番目に大きい大都会、ブラジル最大の都市サンパウロ(Sao Paulo)市が、近く完全に野外広告を禁止すると報告した。サンパウロ(Sao Paulo)市は商業資本主義都市で知られると同時に、極端に多いギャングと暴力、貧困の都市として知られている。この決断は市長のGilberto Kassabが提案し、無秩序に建てられた野外広告禁止する法案都市美化法(Clean City Law)と言われるサンパウロ(Sao Paulo)市の「Lei Cidade Limpa」として2007年7月に可決されたと報告した。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/mediaculture/60084/)で知ることができる。すでにあった広告は白く塗りつぶされたり、取り壊されている。詳細情報はURL(http://www.youtube.com/watch?v=U1Nmnv0Ospg)または、URL(http://www.youtube.com/watch?v=JsWAvJoC9jo)で知ることができる。
Journalism.co.ukは2008年8月8日に、イギリスの一流新聞「The Guardian 」が失踪した子供の名前「Madeleine McCann」のキーワードをGoogleから間違って購入していたことを認めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/532081.php)で知ることができる。
Googleで彼女の名前を検索をしたとき、誤ってキーワードを購入することによって、マドレーヌの失踪に関する新聞記事にリンクした結果に関するコラムが現れた。
「The Guardian 」は、現在、リンクを降ろして、それが所有しているキーワードのリストを再検討した、とGuardianのマーケティング担当重役のマーク・サンズ(Marc Sands)はJournalism.co.ukに言っている。
「The Guardian 」がキーワード「Madeleine McCann」を購入していることについて、 Telegraph Media GroupのJustin Williamsの個人的なブログで、無茶苦茶であると指摘している。詳細情報はURL(http://www.countervalue.com/2008/08/07/how-low-will-the-guardian-sink-with-search-engine-marketin/)で知ることができる。
現在もキーワード「Madeleine McCann」をイギリスのスキャンダル新聞として有名な「Mirror」がGoogleから購入して所有し、「Cristiano Ronaldo」などのようなスキャンダルなキーワードを「Sun」と「Times」がGoogleから購入して所有していると報告している。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/531997.php)で知ることができる。
Googleも、どこに何を売るかを考えないと、今後さらに大きな問題に発展することになるだろう。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10654)で知ることができる。
ロイターは2008年9月23日に、フィンランドのKauhajokiの学校で2008年9月23日火曜日に起こった銃乱射事件で、10人が殺される前に、オンライン・ビデオで脅している映像がニュースで配信され、インターネットのより厳しい取り締まりについて多くの疑問が引き起こされたと報告した。
22歳の学生マッティ・ユハニ・サーリ(Matti Juhani Saari)は、2007年にフィンランドで起こった別の大虐殺事件に類似し、自殺した。
また、犯人のマッティ・ユハニ・サーリは、ビデオ共有サイト「YouTube」でメッセージを発表している。
警察は、Saariによって掲示されたビデオに警告されて、銃乱射事件の1日前月曜日に彼へ尋問さえした。
フィンランドの警察本部長は、ビデオの内容が直接「だれも脅かさなかった」ので、彼は逮捕されなかった。とインターネットで危険を判断することにおける苦労を目立たせた。
マッティ・バンハーネン首相(Prime Minister Matti Vanhanen)は、当局が、インターネットをモニターして、より厳しい銃器所持取締法における可能な法の改正を含んで市民をよりよく保護するために何ができるかを調べる必要があったと言った。
過去にマッティ・ユハニ・サーリは、YouTubeに、暗く包まれた男性がシューティングレンジにピストルを向けて発射する数本のビデオ掲示していた。
ビデオは殺害のすぐ後に、米国のGoogleによって所有されているYouTubeによって取り外された。詳細情報はURL(http://jp.youtube.com/watch?v=0G-kkZCPkpw)で知ることができる。
犯罪学者は、ビデオ共有Webサイトが、空前の範囲で殺人者に考えを伝えるために提供すると言っている。
アナリストは、そのような脅威はしばしばあいまいであり、悪ふざけが制限された日常事と、警察のリソースで、悪意がある意図のためのWebモニターは難しいと言っている。詳細情報はURL(http://uk.reuters.com/article/internetNews/idUKTRE48MB1D20080923?sp=true)で知ることができる。
すべてが結果論であり、また、それまでの課程で推論したところで意味があるとは考えにくい。
取り締まって、禁止したから解決するという考えは、単にすり替えで問題解決にはならない。
多分、ライバルが喜び、そこに移動するだけである。
それなら、戦場でPTSDになる若者の方が数段問題といえる。
バージニア工科大学事件の時は、長期にわたってYouTubeは本人のビデオを公開していた。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11098)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年12月12日に、Burst Mediaによる「広告とWebサーファー・レポート」を紹介し、約およそ30%のオンライン大人達は、広告で乱されたと知覚すると、すぐにWebサイトを出たと報告した。
そしてWebに残った人の75%以上はそこで広告に注意を向けなかったと報告した。
4,000人のウェブユーザーの調査によってわかったことは、、広告で乱されたサイトが聴衆をいらいらさせるだけではなく、広告の有効性を減少させ、出版社、広告主、および訪問者に害になったと報告した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/ad-clutter-reduces-ad-effectiveness-degrades-brand-perception-7158/)または、URL(http://www.burstmedia.com/about/news_display.asp?id=0)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11885)で知ることができる。


Impact Your World
インターネット広告/2007年
アドワーズ広告
AdSense
AdSense API
虚報
誤報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作/2005年-1
情報操作/2006年
情報操作/2007年
潰れる雑誌、残る雑誌
風説の流布
スカベンジャー
メディア・スカベンジャー
ガセネタ
マック・ペーパー
言論の自由
メディア規制3法案
オールド・メディア
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2007年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2007年-2
TI世界腐敗バロメーター
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディア優先からファン優先の時代
ソーシャル・ネットワーキング/2007年
Facebook
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2006年
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2007年
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2008年
ソーシャルOS
ポンプ・アンド・ダンプ
エンターテインメントと広告、モバイル世界へ、そして東へ移動!
Guardian、失踪した子供の名前「Madeleine McCann」をGoogleで購入!