好適環境水


岡山理科大学専門学校アクアリウム学科の山本俊政学科長が開発した、淡水にわずかなカリウムとナトリウム、それに+αすることで、海水魚も淡水魚も生育できる水の名称。水と体内の塩分濃度の違いから、淡水魚は体内に過剰に水分を取り込まないように、海水魚は逆に水分が出すぎないよう浸透圧を調節している。。山本学科長らは海水に含まれる約60種の元素の中から、魚の浸透圧調節に深くかかわるカリウム、ナトリウムなど数種類の成分と濃度を特定し、それにわずかな濃度の電解質を淡水に加えることで、「好適環境水」を生み出した。塩分濃度は魚種によって変えるが、海水の約3.5%に比べ4分の1から10分の1程度で、浸透圧調節のために使っていたエネルギーの負担が軽減されることから魚の成長は海水より早く、また淡水や海水の雑菌も死滅することから病気にかかりにくく、病気の魚も元気になることまで判ってきている。更紗化なの排泄物を畑の肥料にすることまで考えられている。