広帯域革命2006年

Broadband Revolution 2006


C-Net|News.comは2006年2月8日に、下院通商委員会委員長のジョー・バートン(Joe Barton/R-テキサス)が、上院の提出する新しいテレコミュニケーションに関する法律が提出されるのを待つことなく、2006年3月にはインターネットの爆発状態にある米国のテレコミュニケーション法の「包括的な」オーバーホールを提案する徹底的に焦点を当てた法案の検討にはいることを望んでいると報告し、その結果、立法機関の 2006の議会選挙スケジュールはおそらくいくらか破砕されるだろうと分析している。詳細情報はURL(http://news.com.com/Broadband+law+rewrite+planned+for+2006/2100-1028_3-6036677.html?tag=nefd.top)で知ることができる。問題は「スペクトルの豚」や「Verizonはネットワーク豚か?」が生き残り、本当に「Googkleが食ってきた無料の昼飯の時間は終わるのか」と言うことになりそうである。また、せっかく米国で「Wi-Fi」が急速に広がろうとしている動きを止める可能性がある「Wi-Fi税」の導入はあるのかと、今後は話題につい無くなることだろう。Broadcasting&Cableは2006年2月16日に、下院の通信委員会委員長(Telecommunications Subcommittee Chairman)のフレッド・アプトン(Fred Upton/R-MI)がより多くの放送局の所有権を許容し、新聞と放送の垣根(the newspaper/broadcast crossownership ban)を取り払った提案書(a Notice of Proposed Rulemaking)をFCCのチェアーマンKevin Martinに提出したと報告し、フレッド・アプトンはワシントンでMedia Instituteに2006年2月16日に、「いくつかの小さい市場を除いて、放送局所有権を規制することを正当化する意見はなく、不幸な現実は私たちの国の所有権法を反映しないし、現状の爆発を認めないこになり、またニューメディアでの爆発が意見の多様性を作りだし、それらのオーナーシップを排除するべきである」と語ったと報告した。また、multichannel.comは2006年2月16日に、フレッド・アプトンは新しいインターネット時代の通信法案(Telecom Bill)が2006年4月から5月に可決されると予測し、「私たちの目標は4月16日復活祭の前に委員会を通過させることであり、復活祭のすぐ後に投票のための下準備が整うようにしたいと考えたいと思う」とMedia Instituteに語ったと報告し、上院商務委員会議長(Senate Commerce Committee chairman)のテッド・スティーブンス(Ted Stevens /R-Alaska)は、委員会が3月に同様の「マスメディア集中排除の原則」を修正する法律について投票すると予想すると繰り返して言っていたと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6308163?display=Breaking+News&referral=SUPP)または、URL(http://www.tvweek.com/news.cms?newsId=9405)または、URL(http://www.billboardradiomonitor.com/radiomonitor/news/business/leg_reg/article_display.jsp?vnu_content_id=1002034410)または、URL(http://today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=televisionNews&storyID=2006-02-16T215229Z_01_N16148182_RTRIDST_0_TELEVISION-MEDIA-CONGRESS-FCC-DC.XML&archived=False)または、URL(http://www.multichannel.com/article/CA6308372.html?display=Breaking+News)で知ることができる。総務省は2006年3月3日に、ブロードバンド・サービス契約数調査によると、昨年12月末時点の全国の契約数は2236万5148件で、1年間で2割増え、光ファイバー回線サービス(FTTH)は、前年同期比91%増の463万7280件と急増したと報告した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060303_8.html)で知ることができる。バンダービルト大学法学部教授(Vanderbilt University law professor)のChristopher S. Yooは白書「Promoting Broadband through Network Diversity」を2006年2月6日に公開したが、Trevor R. Roycroft, Ph.Dは2006年3月1日に、「Network Diversity---A Misguided Policy---A Response to Christopher S. Yoo''s ''''Promoting Broadband Through Network Diversity''''」をPDFで公開し、インターネットが登場したことにより、政権が実際に革新、投資、および技術展開に有害であると主張し、ネットワークの多様性に対して、的はずれな政策が多すぎると報告した。政策立案者として「ネットワークの多様性(network diversity)」を抱擁するのを奨励して、Yoo教授はオープンなインターネットへの代替手段をサポーするため、CATV事業者に「Broadband Through Network Diversity」を促進する資金を供給してきたが、ネットワークの多様性の方針は、ラスト・ワンマイル広帯域ネットワークプロバイダが独占ネットワーク・プロトコルを介して、コンテンツプロバイダとの独占的協定を始めたことにより、非系列のインターネット・コンテンツ、アプリケーション、そして、サービス・プロバイダを差別化することを可能した。ネットワークの多様性がインターネット・サービスの本当の競争を促進して、複数のラスト・ワンマイル広帯域ネットワークが適所にあるときだけ、競争することができると主張し、それらの市場が市場の力に関連しているとき、彼らが「謙遜」と「服従」を市場で提供するべきであるというYoo教授の政策立案カウンセリングは役に立たない助言であると報告した。詳細情報はURL(http://www.roycroftconsulting.org/response_to_Yoo.pdf)で知ることができる。Yoo教授の「Promoting Broadband through Network Diversity」はURL(http://law.vanderbilt.edu/faculty/Yoo%20-%20Network%20Diversity%202-6-06.pdf)にある。Arab Advisors Groupは2006年3月26日にヨルダンの情報通信レポートとして「Jordan Internet and Datacomm Landscape(ヨルダンのインターネットとデーター通信の現状)」を発表した。ヨルダンは、実に微妙な位置に国があり、2004年10月21日に、大臣会議で提案されたTRCを承認し、2004年の終わりまでに、固定市場であったヨルダン・テレコム(Jordan Telecom)の排他性は期限が切れ、2005年1月1日から情報通信の市場をセキュリティと正常なネットワーク管理に関連する問題以外を除いて、簡単な統合ライセンスを受けることによる開放を実施した。この開放に伴い、インターネット接続サービス業者の間で常に競争が非常に高い状態で、ライセンシーはすべてのISPが含まれ、認可されるヨルダンのExisting Classは自動的に新しい統合認可政権に移動した。これは、ISPが新政体によって、より多くの機会を利用するのを可能にし、国際通信ではVoIPサービスを提供することによってJordan Telecomの排他性の終わりを明確にした。また、ISP強化はボリュームとスケールが非常に重要である産業として発展し、強化傾向はISPの中で2000年の終わりに向かって現れた。まず、 NETSとFTGはBatelcoで合併し、次に、France Telecomの子会社であったJordan Telecomは、Global Oneを買収して、後にWanadooと改名した。 Cyberia HoldingsはINDEXと、2005年7月にはLINKプロバイダのすべてのAccess Meの顧客にFastlinkを提供することで約定書に署名した。これらの統合により、ヨルダンのブロードバンド環境は整い、2006年に一気に革命年として動き出したと報告している。詳細情報はURL(http://www.arabadvisors.com/)で知ることができる。Wall Street JournalのLeila Abboudは「How France Became A Leader in Offering Faster Broadband(どうにしてフランスは高速インターネットのリーダーになたか)」を発表し、米国では、1996年以来議会と監視委員が、そネットワーク部分へのアクセスを競争相手に与えるために電話会社を支援してきた。しかし、法廷はこれらの取り組みの主要な部分を打ち倒し、競争がケーブルと、インターネット会社、電話サービスプロバイダの間でそれ自が形成されていると主張し、近年監視委員はそれらの要件の多くで規則を不要にしてきた。テレコムの専門家の中には、監視委員がネットワークの利用を可能にするように、より厳しい要件を主要なキャリヤーに課すなら米国の消費者は、より多くの競争の利益を得ると信じている。ここで市場調査会社eMarketerの先任のアナリストJames Belcherの「インターネット、デジタルTVが近づいてくる嵐は市場変換のモデルとして見るために、フランスの迅速なブロードバンドへのシフトを参考にすべきである」と解説している。長年、フランスは国営通信事業者に市場で苦戦し、高速インターネット環境では遅れていたが、現在では高速インターネットのリーダーになっているが、今から 6年前にフランス人の消費者が、どのようにして米国を追い越し、米国より高速で安いインターネット接続サービスを実現できるかと言うことで規制緩和に乗り出し、2000年に、フランス監視委員は、優位なフランステレコム(France Telecom) SAの電話回線ネットワークを電話とインターネット・サービスとして他のプロバイダが利用可能にすることを要求した。フランステレコムはイーリアス(Iliad)、Neuf-Cegetel、テレコムイタリアSpA(Telecom Italia SpA)のアリス(Alice)のような代替のプロバイダに設備を提供するため、何千個もの電話回線を集めた大規模な地下施設にインストールさせなければならなくなったとその理由を解説した。つまり、フランスでは独占的な通信会社がバックボーンネットワークを他の事業者が自由に利用できる環境を提供するように義務化し、それぞれの競争を促進させることで、は高速インターネットのリーダーになた。これは、これまで温存されていた通信企業を一気に引き下げ、全サービスを平均化して競争を激化させることで、一般消費者が安くて、高速のインターネット環境を確保したことになる。国税の負担を株券で消費者に還元するのではなく、サービスに還元したことになる。まさに、「自由」、「平等」、「博愛」の原則で、フランス・テレコムを規制した。詳細情報はURL(http://online.wsj.com/article/SB114351413029509718.html?mod=todays_us_marketplace)で知ることができる。米国のFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2006年4月3日に、毎年2回実施されている米国における高速インターネット接続環境のデータを収集した現状レポートとして、「High- Speed Services for Internet Access: Status as of June 30, 2005」---Industry Analysis and Technology Division Wireline Competition Bureau April 2006を公開した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-264738A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-264744A1.pdf)で知ることができる。Leichtman Research Groupが2006年3月16日に公開した調査によれば、米国の20の最も大きいCATVとDSLプロバイダは2005年に市場の約94%を高速インターネット網の追加を実現し、1年間のネットの新規加入者は2004年の100万人以上の記録を越え、960万人以上の新規加入者になったと報告した。2005年の終わりの時点で、トップ広帯域プロバイダは4280万人以上の高速インターネット網加入者の原因になった。広帯域プロバイダで共有する総合的な市場の対DSLトップケーブルは57%になり、DSLの1850万と比較して、高速インターネット網加入者が2430万人以上になり、DSLプロバイダは、2005年の広帯域追加が54%のになり、DSLプロバイダーは2005年に520万人以上の広帯域の加入者を加えた。CATVオペレータは2005年に約440万人の広帯域の加入者を加えた。DSLプロバイダは2005年の第4四半期に今までで最も良い四半期を記録し、約150万人のDSL加入者を加えて、全体で57%を得て264万の高速インターネット網追加を実現した。 CATVオペレータはDSLプロバイダからの約35万人の加入者を加え、2004年の第4四半期より、実際には同じ数の加入者を加えた。2005年は米国で約1000万人の広帯域の加入者を追加する共に、ネットの広帯域の追加数はこの10年間毎年増加した。詳細情報はURL(http://www.leichtmanresearch.com/research/notes03_2006.pdf)または、URL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060406)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年5月25日に、Leichtman Research Groupが実施した20社のCATVとDSL会社を調査した最近のレポートからとして、2006年の第1四半期に306万人の記録的なネットの追加加入者を取得したと報告した。米国のブロードバンド・ユーザーは約4,600万人で、CATVインターネット接続が2,580万人、DSLが2020万人と報告している。2006年の第1四半期では、CATVに対してCATVインターネット接続の追加は54%で、トップDSLプロバイダは166万人の新規加入者を得た。また、最大のケーブルテレビ業者は140万人以上のCATVインターネット接続加入者が加えられた。ただし、CATVインターネット接続の85%は2.5 mbps以上で、DSLは14%ということで、日本で急激に増えているFTTHと比較すると、米国のインターネット環境はかなり接続スピードは遅いといえる。もっとも多くブロードバンドが普及しているトップ5はコネチカット、ニュージャージー、ハワイ、マサチューセッツ、およびカリフォルニアで、もっとも普及率が低いのはミシシッピー、サウスダコタ、ノースダコタ、ケンタッキーとモンタナであった。詳細情報はURL(http://www.leichtmanresearch.com/press/051506release.html)または、URL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060525)で知ることができる。米国の調査会社Forrester Research社は2006年6月7日に、日本、韓国、香港、オーストラリア、中国都市部、インド都市部のアジア太平洋地域6つの国と地域でブロードバンド普及率とオンラインサービス利用率の調査結果を発表した。日本ブロードバンド普及率は50%であるが、オンラインサービス利用率は独自の評価システムで満点100ポイント中、27ポイントと低水準であると発表した。矢野経済研究所は2006年7月13日に、2006年1月から5月にかけて、ネットワーク機器国内市場参入ベンター企業を対象にルーター、LANスイッチ、無線LAN、DSLやFTTHの関連機器などについて調査した結果、2005年度の国内ネットワーク機器の市場規模は、前年比9%増の5,120億円であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.yano.co.jp/press/2006/060713.html)で知ることができる。総務省は2006年8月11日に、総務省は、2010年度に向けたブロードバンドサービスの整備目標として、2010年度に向けたブロードバンド整備のあり方を示す「次世代ブロードバンド戦略2010」を公表し、2010年までに国内の全世帯(5,000万世帯)がブロードバンドサービスを利用できるようにすることを掲げ、2006年3月末時点で、ADSLやFTTHなどのブロードバンドサービスの世帯カバー率は94%(4,733万世帯)となっているが、これを2010年までに100%に引き上げることを目標に設定した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060811_1.html)で知ることができる。TelecommunicationsOnlineは2006年9月5日に、中国が世界最大のブロードバンド・インターネット・ユーザーに向けてばく進中で、コンサルタント業のOvum社のレポートから、2006年6月末の時点で4,500万人のブロードバンド加入者が中国にいて、3年間でCAGR(年間成長率)が78%に達していると報告した。現在、最大のブロードバンド加入者を誇っている米国は4,600万人で、すぐに追い抜かれると報告している。中国のブロードバンド市場はCAGRが75%と見積もっても、2010年に1億3,900万人の加入者(DSL接続を使用する9,300万)に届くと予測している。詳細情報はURL(http://telecommagazine.com/newsglobe/article.asp?HH_ID=AR_2356)で知ることができる。


広帯域革命
広帯域革命2004年
広帯域革命2005年
広帯域革命2007年
広帯域革命2008年
第2次ブロードバンド革命
スペクトルの豚
Verizonはネットワーク豚か?
Googleが食ってきた無料の昼飯の時間は終わった
インターネットの終焉?
地上波デジタルTV
デジタルTV
デジタルTVグループ
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
HERO Act
放送における公正の原則
米国メディアが売春婦である理由
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
TI世界腐敗バロメーター
日本のニュースは世界で最も信頼できないメディア?
ブラック・ジャーナリズム
検閲ジャーナリズム
タニマチ記事
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
10代をターゲットにしたテレビの衰退!?
情報通信コングロマリット-2006年
メディア・コングロマリット/2006年
Telecommunications Act of 1996
情報戦争
メディア戦争
ICT(Information and Communication Technology)
ICT教育推進プログラム協議会
IS(Information Science)
IT(Information Technology)
IT(Information Technology)2003
IT(Information Technology)2004
IT(Information Technology)2005
IT(Information Technology)2006
IT(Information Technology)2007
u-Japan構想
メディア・リテラシー関連のURL
デジタル・デバイド
e-Europe
明らかにされた読者の目の秘密
アウトソーシング
オンデマンド・アウトソーシング・サービス
ADIOS(Automatic DIstillation of Structure)
IEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers)
IEC(International Electrotechnical Commission)
ICSR(International Center for Standards Research)
GRIID(The Grand Rapids Institute for Information Democracy)
情報操作/2006年
Wi-Fi税
Washington Postの提言「ネット中立」
マスメディア集中排除の原則
ネットワーク・アーキテクチャと価格
AMS(Audiovisual Media Services)
Broadband for America Act of 2006
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
US$2000億スキャンダル
もつれたWeb!?
現在の米国ジャーナリズムが死ぬとき!?
the Communications Opportunity, Promotion, and Enhancement Act of 2006
帝国のインターネット!?
デジタル革命は終わった!次の段階に来ている。
ワイヤレス・ローカル・ループ