国民運動としてのIT革命


2000年9月21日の第150回国会開会に当たり、森内閣総理大臣(当時)所信表明演説として、当面する諸問題につき所信を申し述べた。その最初に登場したIT革命に対する考え方は、その後に続く「より良く生きるための教育改革」「安心と自立のための社会保障改革」「21世紀への基盤整備〜日本経済の再構築〜」「経済構造改革の推進」「21世紀への基盤整備〜社会システムの再構築〜」「21世紀の日本外交」「21世紀へ」なども大きく影響することであり、多くの野党から批判も出たが、ここに全文を転載する。2001年6月29日に経済産業省は、「2005年日本国際博覧会に係る政府出展に関する意見の募集について」をURL(http://www.meti.go.jp/feedback/data/i10629aj.html)で公開し、「政府出展の基本構想」(案)をPDFで公開した。経済産業省は2003年2月19日に、経済産業省のIT産業の競争力強化を目的とした情報政策の一環として、事業を委託された富士総合研究所が実施する「高度IT人材育成システム開発事業」の提案公募についてを発表し、公募要領を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/information/data/c30219aj.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年9月20日に、今後、実践的経験を体験するために多くなると予測される学校教育の一環としての商業活動に関して、レポート「Commercial Activities in Schools: Use of Student Data Is Limited and Additional Dissemination of Guidance Could Help Districts Develop Policies. GAO-04-810」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-810)で知ることができる。
S.B.Wooと言う人から(From: S.B.Woo)、ヒラリー・クリントンが大統領になったら、これらの基本的な権利をアジア系アメリカ人のために守るべきだ!ということで、Subject: Clinton's Statement Versus 80-20's 6 Questions(クリントンの声明に対する80歳から20歳への質問)というサブジェクトのメールが届いた。
現在のところ、民主党上院議員の「Christopher Dodd (06/11/2007)」「Joe Biden (06/15/2007)」「Mike Gravel (06/19/2007)」はすべてを守ると答えている。
ところが民主党のSenator Hillary Rodham Clinton、Senator John Edwards、Congressman Dennis Kucinich、Senator Barack Obama、Governor Bill Richardsonは、これに答ることを保留している。
共和党では、Senator Sam Brownback、Mr. John H. Cox、Governor Jim Gilmore、Mayor Rudy Giuliani、Governor Mike Huckabee、Congressman Duncan Hunter、Senator John McCain、Congressman Ron PaulNo Response Yet: Governor Mitt Romney、Congressman Tom Tancredo、Governor Tommy Thompson全員が答ることを保留している。
そして、だれでもWebで「YES/NO」で答えられたようになっている。詳細情報はURL(http://www.80-20initiative.net/news/preselect2008_questionnaire.asp)で知ることができる。
S.B.Wooは、基本的な権利を求めて、アンケートが非常に妥当な目標を設定しているといい、2004年に、アル・シャープトン(Al Sharpton)以外のすべての民主党大統領候補者が「YES」と答えたといっている。詳細情報はURL(http://www.80-20initiative.net/news/preselect2008.asp)で知ることができる。
Rationale for Asking these 6 questions:
これらの6つの質問にための原理:
(1) Exec. Order 11246 is a law that sets an effective penalty for any one not giving any American equal opportunity in the workplace. It has been enforced for all Americans except for Asian Americans.
(1) [Exec. Order 11246]は仕事場でどんなアメリカの機会均等も与えない場合、いくらか1つに有効な刑罰を設定する法です。それはアジア系アメリカ人以外のすべてのアメリカ人のために実施されます。
(2)There are more Asian Am lawyers than African Am. and Hispanic lawyers combined. However, Asian Ams have only 1/20 the number of Federal judges of those two groups.
(2)アフリカ系アメリカ人、スペイン系アメリカ人の弁護士、アジア系アメリカ人の弁護士もいます。 しかし、アジア系アメリカ人は、それら2つの連邦政府裁判官の数は20分の1しかいません。
6 questions:
6つの質問
(1) If elected, will you direct the Labor Secretary to hold public hearings regarding the validity of the huge amount of statistical data strongly suggesting discriminatory practices against Asian Americans in workplaces today?
(Yes/No)
(1) 選出されると、今日、仕事場で強くアジア系アメリカ人に対して差別的措置を示す統計データの膨大な量の正当性に関して公聴会を開催するように労働大臣に指示するでしょうか?
(はい/いいえ)
(2) If the data were shown valid, will you issue a directive to the Labor Department asking it to focus on enforcing Executive Order 11246 on behalf of Asian Americans, since in the past similar efforts have already been made on behalf of women and other minorities?
(Yes/No)
(2) 大統領令11246を実施する焦点として、代表として過去にアジア系アメリカ人を招くことを労働省に指令を出したことが示され、既に女性と他の少数を代表して同様の努力をしたことであったというデータは有効ですか?
(はい/いいえ)
(3) Two years after you have issued the directive described in item 2, will you meet with a group of Asian American leaders, put together jointly by 80-20 and the Labor Department, to review the progress in extending equal opportunity to Asian Ams?
(Yes/No)
(3) 項目2で説明された指示を発行した2年後に、労働省によって等しい機会をアジア系アメリカ人に与える際に進歩を再検討するために80歳から20歳と共同で組み立てられたアジア系アメリカ人リーダーのグループに会うでしょうか?
(はい/いいえ)
(4) If elected, will you within your first term of office increase the nomination of qualified Asian Americans to serve as Article III life-tenured federal judges, such that the number of such judges is proportionate to HALF the number of Asian Americans in the United States?
(Yes/No)
(4) 選出されると、大統領府は前期中にArticle III人生終身在職権がある連邦の裁判官、そのような裁判官の数が半分に比例しているように、合衆国のアジア系アメリカ人の数とサービスを適任のアジア系アメリカ人指名として増加させるでしょうか?
(はい/いいえ)
(5) If elected, will you nominate within your first term of office qualified Asian Americans to serve as Article III Circuit Judges?
(Yes/No)
(5) 選出されると、大統領府は前期中に適任アジア系アメリカ人がArticle III Circuit裁判官として役目を果たす指名をするでしょうか?
(はい/いいえ)
(6) If elected, will you consider nominating a qualified AsAm to the Supreme Court, when a vacancy occurs?
Two years upon your taking the office, will you meet with a group of AsAm leaders, put together jointly by 80-20 and other AsAm national organizations to review the progress in adding AsAm Federal judges?
(Yes/No)
(6) 選出されると、最高裁判所に適切なアジア系アメリカ人を指名すると考えますか?
大統領府は2年以内に、連邦政府の裁判官を加えるとき、進歩を再検討し、アジア系アメリカ人リーダー・グループと、80歳から20歳の他のアジア系アメリカによる共同でまとめた全国的な組織ができる?
(はい/いいえ)
この意見は、米国に住むアジア系アメリカ人が人種差別を受けているので、それを解決するように要求したマニフェストになっている。
日本のように、一方的な政見放送やマニフェストなどを聞いているだけではなく、国民側が意見を言うようになっている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8202)で知ることができる。
S. B. Wooから2007年12月12日に、「Sen. EDWARDS Also Replies With All Yeses」という情報が舞い込んだ!
朗報、民主党の大統領候補者ジョン・エドワーズ(Sen. John Edwards)の上院議員はすべてのはいで返答した。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8105)で知ることができる。
S. B. Wooから2007年12月20日に、「Subject: Faxes from Asian Ams to Sen. Obama」という情報が再度届いた。
オバマ上院議員を承認した唯一の2人のアジア系政治家が、6つの質問に「Yes」と答えるように要請した。
その2人のアジア系政治家とは、前カリフォルニア議員ウィルマ・チェン(Wilma Chan)と、韓国系ボストン市会議員サム・ユーン(Sam Yoon)で、オバマ上院議員が彼らの要求を無視するなら、それはオバマが私たちの共同体を心配しないという別のサインになると、S. B. Wooは脅している。
一時期、クリントンより優勢になったと話題になったが、オバマの投票は速く低下していると報告している。
クリントンの投票は再びニューハンプシャーでオバマより12ポイント上昇した。
80-20がクリントン上院議員に不満を漏らしたとき、彼女の投票率は低下した。
現在、それは速く低下するオバマの投票率になって表れている。
オバマ上院議員は等しい機会がアメリカのコア値であることを知ることができないくらい未経験ですか?
彼は、わずかな数の小数の機会均等を犠牲にすることで、彼の大統領職を築き上げることができないのを知っていますか?
彼は物事をとくと考えましたか?
アジア系アメリカンからオバマ上院議員までのファックス--
それらの2倍多くをクリントン上院議員に発信した。
「さもなければ、私は、あなたの立候補に反対投票するようにすべての友人/親類に頼むつもりです。」
米国の大統領選は、投票という国民の権利で立候補者に、自分たちの要求を突きつける脅迫権の行使が許されている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8202)で知ることができる。
S.B.Wooが2007年12月28日に、もの凄い情報を配信してきた。
オバマ候補が、アジア系アメリカンを支援する約束をしてくれないことから、支持者がオバマ候補に尋ねるため、「敗北は強過ぎる単語ですか?(defeat'' too strong a word?)」と言う電子メールを送信したと報告した。
つまし、米国大統領選立候補者に、あなたは「落選」しても良いのですか?
我々は、我々を支援すると表明できない立候補者を支援することはできないので、団結する。
まことに正統な意見で、このネガティブ活動を選挙違反とするなら、何のための選挙なのかということになる。
立候補者が、マニフェストを公開し、その約束を破る時代に、投票者が自分達を守ってくれるように懇願し、それを無視するなら、落選させるために団結してはいけないのか?
これこそが選挙に対する国民の権利である。
民主主義を表に出した選挙運動になっている。
その内容は、
私は、民主党の予備選挙を除去の過程です。
オバマ候補が勝つと、大統領が私たちを助けるパワーを使用することを見込みました、それを間違えると候補者は損をするでしょう。
その結果、私たちは最終的に私たちの機会均等を得る歴史的な機会を辞めるつもりです。
それは私たちがオバマ候補を破らなければならない理由です。
政治は重大な問題です。
アジア系アメリカンである私たちの正しい関心を無視した政治家に対応することは、あまり乗り気ではない状態でした。
アメリカの方法で政治を実践するとき、どのくらいの80-20歳が既に私たちの共同体が獲得したたかを見てください!
質問を超えて、80-20への反応を見てください。
動作に呼びかけてください--オバマ候補を破ってください。
その後、オバマ候補がアジア系アメリカンを支援することを表明しないならと言うことで、かなりの数の表明情報が掲載されている。
これらの人は、大統領選でオバマ候補がアジア系アメリカンを支援することを表明した場合と、しなかった場合の対応が、書きつづられている。
これは、完全にアジア系アメリカンによるオバマ候補への脅迫になっている。
しかし、その内容はすべて正直な気持ちで、選挙違反にはならない。
これからの選挙は、市民ジャーナリズム(国民ジャーナリズム)が表面化することになることを証明した情報と言える。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8273)で知ることができる。
自由に物言える「ブログ」の世界が、さらに進化し始めた。
言いっぱなしの「ブログ」から、「ブログ」同士が意見交換し、大きなエネルギーとしての活動を開始している。
Editor & Publisherは2008年9月9日に、Fitz & JenとThe E&P Pub Blogs! がジョイントし、その様子をPodCastで配信すると報告してきた。詳細情報はURL(http://nielsenpodcasts.com/podcast/index.php?d1=fj)で知ることができる。
つまり、「ブログ」から進化し、PodCastやビデオ配信と組み合わせ、意見交換を生中継して、全世界に情報配信を開始した。
これまでのようなテレビとラジオの役割を「ブログ」から形成しようとしている。
これは、今までのテレビやラジオのコメンテーターの素性が明らかではなく、それまで、どのような考えをしていたのかを調べることができなかったという不満が、「ブログ」から派生した意見交換ということで、それまでに公開された「ブログ」で調べて知ることができるようになった。
さらにテレビやラジオのコメンテーターの意見は、その場限りで無責任であったが、そのままPodCastやビデオ配信のデータが保存され、過去にさかのぼっていつでも再確認できるようになった。
それぞれにスポンサーが参加し、強力なメディアとして成長する可能性が出てきている。
もしかすると、新世代のデジタルTVになる可能性もある。
未だ実験段階であるが、面白くなってきた。
また、それらがすべてビデオ会議とチャットで行われる時代が来ることだろう。
まさに「ブログ」がマルチタスク・メディア化をし始めた!
技術の進化が、メディアの進化につながり始めた。
クロス・プラットフォーム時代が本格化する可能性が出てきた。
日本には未だ存在していないが、世界中で常識化し始めている「ニュース専門チャンネル」には不可欠な技術進化といえる。
もう、馬鹿馬鹿しいお笑い番組だけを配信している金太郎飴テレビ時代の終焉が見え始めている。
もちろん「馬鹿馬鹿しいお笑い番組」だけのチャンネルもあっても良い!
さらに、この進化に付いてきていない新聞の新しい世界もうっすらとではあるが見え始めている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10936)で知ることができる。

 「日本新生」の最も重要な柱は「IT戦略」、いわばE-ジャパンの構想であります。「日本型IT社会」の実現こそが、21世紀という時代に合った豊かな国民生活の実現と我が国の競争力の強化を実現するための鍵であるからです。人類は、そして我々日本人は、IT革命という歴史的な機会と正面から取り組む決意が必要です。

 先の九州・沖縄サミットにおいて、私は議長として「IT憲章」を取りまとめましたが、首脳間の議論を通じて、その大きな可能性に対する認識を共有することができました。また、先般の南西アジア諸国訪問の際に、インドがIT技術者の育成に極めて熱心に取り組んでいる姿を目の当たりにしました。今やITは世界規模での課題となっています。我が国も、産業・社会構造の変革に向け、迅速な対応をしていかなければなりません。

 IT革命を迅速に進めるため、先般、内閣官房に、官民の人材を集めた担当室を発足させました。今国会においては、法制面の対応として、いわゆる「IT基本法案」と、民間同士の書面の交付等を義務付けた法律を一括して改正するための法律案を提出します。「IT基本法案」は、明確な国家戦略を打ち立て、官民一体となって迅速かつ集中的に必要な施策を実施していくための基本的な枠組みとなるものであり、早急にその整備を図ることが必要であります。さらに、来年の通常国会に向けて、電子商取引の特質に応じた新たなルールや個人情報保護など情報化社会の基本ルールの整備を行うべく、IT革命を本格的に推進するために必要な法律案の策定作業を急ぎます。

 また、「日本型IT社会」実現のため、早急にIT国家戦略を取りまとめます。我々の目指すべき「日本型IT社会」は、全ての国民が、デジタル情報を基盤とした情報・知識を共有し、自由に情報を交換することが可能な社会であります。そして、その最も基本的な社会的基盤となるのが、文字のみならず、音声、映像、経済情報などを数値で表した大量のデジタル情報を、迅速かつ低価格で交換することのできる、超高速インターネットであります。

 これまでのインターネットは、主として、既存の電話回線を利用することで普及してきました。しかし、グローバルなインターネット社会においては、文字情報にとどまらない大量のデジタル情報を、誰もが低価格で伝達し合うことができる必要があります。その実現のために、しっかりとした年次目標を掲げて、民間主導の原則の下、超高速インターネットの整備を図り、インターネット・サービスの低廉化や利便性向上を促進してまいります。五年後には我が国を世界の情報通信の最先端国家に仕上げてまいります。

 また、IT社会の実現を国民的課題と位置付けるためには、IT関連の統計や施策の実施状況の速やかな公表など情報の共有も重要です。競争政策の抜本的な見直しも行わなくてはなりません。

 電子政府の早期実現、学校教育の情報化、通信・放送の融合化に対応した制度の整備など、多岐にわたる課題についても、「IT戦略会議」における議論を踏まえつつ、果敢に取り組んでまいります。また、先端インターネット技術等の研究開発、IPバージョン6などによるグローバルインターネットの課題解決への積極参加など、インターネットの発展に対する大きな国際的貢献を目指します。

 IT革命を成功に導くためには、国民1人1人がネットの主役になり、知恵を出し合って新しい仕組みを作っていくことが重要であります。近く取りまとめる経済対策では、IT革命の飛躍的推進を第一の柱とし、学校や公共施設の高速インターネットを整備するとともに、全国民がインターネットを使えるよう一大国民運動を展開してまいりたいと思っています。それに必要な基礎技能習得のための思い切った方策を推進してまいります。国民が自由に利用できる公衆インターネット拠点の整備についても、できる限りの努力をしたいと考えております。

 また、国民が、利便と楽しみを得られるような情報の中味、いわゆるコンテンツの発展を目指します。インターネット博覧会の実施は、その起爆剤となるものであります。ハードウェアである施設、ソフトウェアである技能、そして中味たるコンテンツの三本柱をしっかりと打ち立てることによって、誰もが家庭でインターネットを容易に利用でき、その楽しさと有用性を実感できる社会を構築するとともに、ニュービジネスの創出と既存産業の活性化を通じて、より質の高い経済社会の実現を目指してまいります。


演説する森 喜朗首相
演説を聞く国会議員
世界のIT取り組み事情2000年
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
世界の国別IT度ランキング(2001年2月現在)
1470年にニュールンベルグで制作された「知識の塔」
1548年にベルリンで制作された「法則の塔」
1500年頃に制作された鞭を持つ先生と8人の生徒
1592年に制作されたW.L.Schreiber Potsdamの教育現場
ロバに例えられた17世紀の教育
2005年日本国際博覧会「政府出展の基本構想」(案)
米国のNPRCの個人情報アーカイブ構築タイムライン
Pew Internet & American Life ProjectのThe Internet and Educationレポート2001/09/01
ドット・フォースが公開したITの利用度調査報告「Digital Opportunities for ALL」
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
PIPのインター ネットを利用した学校とそうでない学校の比較調査報告
「高度IT人材育成システム開発事業」の提案公募要領
WEFのGlobal IT Report 2002-2003/Executive Summary
Global IT Report 2002-2003/Overall Competitiveness Rankings
Global IT Report 2002-2003/Chapter on The Growth Competitiveness Index
Global IT Report 2002-2003/Chapter on The Microeconomic Competitiveness Index
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/United States
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/Finland
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/Taiwan
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/Singapore
Profiles of the Top Five Countries/Sweden
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
米国の6都市で行われた小学校の比較について調査した報告書
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載されたウィーンの革命で殺害されたCrasen Ballet-Latour将軍
Illustrirte Zeitung1849年5月26日に掲載された腕白小僧のしつけ風景
Illustrirte Zeitung1852年10月9日に掲載されたドイツのデュッセルドルフで開催された工業博覧会-1
Illustrirte Zeitung1852年10月9日に掲載されたドイツのデュッセルドルフで開催された工業博覧会-2
Illustrirte Zeitung1852年11月20日に掲載されたニューヨークで開催される工業博覧会計画案
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたニューヨーク工業博覧会場クリスタルパレス
Illustrirte Zeitung1853年8月13日に掲載された世界中で流行りだしたガラスとクリスタルの店
Illustrirte Zeitung1855年11月3日に掲載されたミュンヘン工業博覧会会場で開催された第1回南ドイツ音楽祭
Illustrirte Zeitung1855年11月3日に掲載されたパリ工業博覧会を訪ねたナポレオン皇太子
Illustrirte Zeitung1855年5月16日に掲載されたパリの水晶宮
学校教育の一環としての商業活動に関するレポート
Illustrirte Zeitung1856年6月28日に公開されたパリ工業博覧会

電子政府関連情報のURL
IT革命
IS(Information Science)
IT(Information Technology)
IT(Information Technology)2003
IT(Information Technology)2004
IT(Information Technology)2005
IT(Information Technology)2006
IT(Information Technology)2007
ICT(Information and Communication Technology)
IT受講カード
性とメディア
デジタル産業革命
情報通信政策大綱
プレ・グーテンベルグ革命
グーテンベルグ革命
World-Information.Org
デジタル・コミュニケーション
ES@SCHOOL
情報技術担当相
NTTの通信サービス
Trusted Auction
インターネットの就職・転職情報
信用と、事故後の対応
IT憲章
Burning Man
IT革命のためのe-Japanイニシアティブ
IT革命のためのe-Japanイニシアティブ
シリコン・ビニヤード
電子商取引
電子商取引関連のURL
フィリピン電子商取引法
文部省のIT革命
郵政省のIT革命
日本新生プラン
Intelligent City of the Year
韓国の超高速情報通信網構想計画
産業構造審議会情報経済部会第1次提言(案)
ITセキュリティ評価認証体制
世界で公開しているグーテンベルグ聖書
IT(情報技術)基本法案
中国愛心インターネット学校
「E-ジャパン」構想
H-1Bビザ
導電性ポリマー
ITPC
e-governance
ネクストキャビネットinネット
ラスト・ワンマイル
室内無線通信用レーザー・レーダー・システム
ワイヤレス・ブロードバンド
AWA(Advanced Wireless Access)
Biportable
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
サイバー宗教改革
WITSA(World Information Technology and Service Alliance)
シンギュラー・ポイント
ドット・フォース
E-Frontier
大韓民国電子政府
e-Europe
時刻認証
Deja Vu
eEuropa 2002
eEuropa 2005
JAS Net(Japan Asia Solution Networks)
WEF(the World Economic Forum)
統計関連情報があるURL
eESC(eEurope Smartcards)
情報産業の人手不足
情報経済・産業ビジョン
ITの戦略的導入のための行動指針(案)
IT経営力指標(案)
Evogod
デジタル革命は終わった!次の段階に来ている。
中国大情報通信革命時代に突入!