広告パイプライン

Pipeline Advertising


各モールで掲載しているバナー広告を各モール共同で表示し、横断的に広告をすることで広告効果を拡大すること。似たパイプラインとして複数のサーチ・エンジンを同時に利用できる検索パイプラインがある。ア・キューズ(AQ'z Office)は、メール・マガジンヘッダー部に発行部数×0.5円の掲載料金で広告を受け付け、それをア・キューズが提携している各種のメール・マガジンに広告を斡旋している。1998年9月現在で月間累計200誌(提携誌は62誌 計172000部)に広告斡旋できるようになった。詳細情報はURL(http://aqz.nu)で知ることができる。オンライン広告の業界団体IAB(Interactive Advertising Breau)は2001年2月27日に、バナー広告の新ガイドラインを公表した。詳細情報はURL(http://www.iab.net/news/content/newunits.html)で知ることができる。オンライン広告研究会は2001年4月24日に、日本オンライン広告年表ver.1を公開した。FlontLine.jpはバナー広告などの広告効果測定サービスを提供している。詳細情報はURL(http://www.flj.co.jp/service/to-main8.html)で知ることができる。CMRが2002年11月18日に、米国の広告マーケット状況として2001年の1 9月と2002年 の1 9月に比較情報を公開した。詳細情報はURL(http://www.cmr.com/news/2002/111802.html)で知ることができる。米国の調査会社Global Insight社は2002年11月25日に、2002年から2006年まで米国の広告市場予測として、年平均成長率は、ラジオ広告が10%、CATV広告が7%、インターネット広告は16%になると予測を発表した。詳細情報はURL(http://www.globalinsight.com/Highlight/HighlightDetail208.htm)または、URL(http://www.globalinsight.com/About/PressRelease/PressRelease209.htm)で知ることができる。米国のヤンキーグループ(Yankee Group)は2003年9月22日に、PVR(Personal Video Recorder)として、ハードディスク・レコーダーなど新しい技術の波が到来したことにより、広告収入を前提としたテレビ産業に大変動が起こり、テレビのスポット広告が消える可能性があることから、「New Technology Threatens to Undermine the Value of Television Advertising」というレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.yankeegroup.com/public/news_releases/news_release_detail.jsp?ID=PressReleases/news_09222003_mes.htm)で知ることができる。ただし、広告量(広告料)の絶対量は削減されないことから、それまでテレビが独占してきた広告がどこかに流れることになる。そこで注目されるのが、これまで不安視されてきたインターネットの広告や企業のWebサイト構築に向けられる可能性は高いといえる。米国のメディアと広告の実情についてPDFで公開されました「Fact Pact 2004 (via Ad Age)」がURL(http://www.adage.com/images/random/FactPack2004.pdf)で、また個別として2003年度版米国の新聞と広告の「Facts About Newspapers 2003 (via Newspaper Association of America)」はURL(http://www.naa.org/info/facts03/index.html)で、カナダの新聞広告データベースの「Canadian Newspapers Facts Database (Canadian Newspaper Association)」はURL(http://www.cna-acj.ca/client/cna/ult.nsf/CnaSearch)で、米国のラジオ広告2003 2004年の「Radio Advertising: 2003-2004 Marketing Guide and Fact Book (via Radio Advertising Bureau)」はURL(http://www.rab.com/station/marketing_guide/rmgfb2004.pdf)で、米国のテレビ広告調査センターの「Television Advertising: Research Central (via Television Bureau of Advertising)」はURL(http://www.tvb.org/rcentral/index.html)で、米国のCATV広告2004の「Cable Television Advertising: 2004 Cable TV Facts (via Cabletelevision Advertising Bureau)」はURL(http://www.cabletvadbureau.com/02facts/FactsIntro.htm)で知ることができる。broadcastingcable.comは2004年5月26日に、2004年度第1四半期の米国におけるTV広告は10.2%上昇し、US$11,182,931,600になり、ネットワークTVは第2番目の10.4%の上昇率を記録し、US$6,174,535,800、ローカルTVは8.7%の上昇率でUS$4,060,594,200であったと報告した。広告が増えたのは健康関連、不動産、自動車、自動車販売、家具、レジャー関連などで、とくに日本の自動車産業日産、ホンダ、トヨタがトップ3を記録し、落ち込んだのは情報通信関連、食品関連、レストラン関連であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA421298?display=Breaking+News&promocode=SUPP)で知ることができる。Broadcasting & Cable Todayは2004年9月8日に、2004年はオリンピックや大統領選で米国テレビ界のスポット広告は上昇したが、2005年は地方で2% 4%情報する全体では-1% +1%でダウンかそのまま継続程度で、2006年には7% 9%のアップ。もっとも注目されるのはケーブルテレビで7% 9%の上昇、ローカルのケーブルでは8% 9%の上昇すると予測を発表しました。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA451678?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。Ageは2005年11月14日に、世界の広告市場トップ100「AD AGE GLOBAL MARKETING REPORT 2005---Top 100 Marketers Spend $94 Billion」を公開した。詳細情報はURL(http/:/www.adage.com/news.cms?newsId=46667)または、URL(http://www.adage.com/images/random/globalmarketing2005.pdf)で知ることができる。社団法人日本広告主協会Web広告研究会は2005年11月28日に、ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが実施した「ブログ書き込み調査」と「消費者メディア調査」の研究結果を公表した。 詳細情報はURL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112801.pdf)または、URL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112802.pdf)で知ることができる。米国の広告協会AAF(the American Advertising Federation)は2007年2月6日に新しい調査報告書「The AAF Media Investment Survey 2007」を公開し、米国企業の約90%は、テレビゲームや仮想共同体のようなニューメディアに広告を出すために、マーケティング予算の一部を使用し始めていると報告した。AAFは多くのメディア選択が利用可能になったことから、多くの企業はテレビからシフトし、新聞はひどく減退している流通が欠点になり、雑誌、および特に新聞が急下降していると報告している。応答者の12%以上は、予算の最大40%を実験とニューメディアに費やすと言い、応答者の約半分が最も革新を必要とするメディア・カテゴリとして新聞をんだ。そして、出版社は、ブログとビデオなど、より多くのコンテンツでオンラインの存在を強化したと報告している。詳細情報はURL(http://www.aaf.org/news/press20070206_01.html)で知ることができる。


各メディアが5000万人ユーザーを獲得するまでの年数
2005年頃のニュースの入手先割合
メディアにおける広告収入の割合とユーザー(1998年現在)
ホームページの活用世代の変遷
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
Web広告のタイプ別比較
1999年の分野別Web広告
米国のWeb広告会社の比較
隙間広告とバナー広告の効果比較
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
1996〜2004年の米国オンライン広告売り上げの流れ
地域別2003年のWeb広告予測
1999〜2005年のオンライン広告成長予測
米国における2000年1月〜2月のオンライン広告ターゲット
家庭向けオンライン広告Top18
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
1999年〜2005年のインターネット広告予測
米国の1999年〜2004年のインターネット広告予測
バナー広告のクリック率の歴史
2000年の代理店別インターネット広告売り上げ予測
Communications Industry Forecastのオンライン広告1999〜2004年予測
インターネット広告のカテゴリーとタイプ、歴史
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
2000年3月〜6月末までのオンライン広告状況
2000年6月〜9月末までのオンライン広告状況
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
ドット・コム企業が1999年から広告で得た収入
ヨーロッパの2005年オンライン広告予測
電子メール広告とHTML電子メール
2000年の月別オンライン広告分析とその動向
ストリーミング・メディアと広告代理店
ドット・コム企業に対する米国の男女の考え方の違い
Clientizeの500電子メール・ニュース調査
Double Clickが報告したeAdsの動向
LemobdAdが公開したイギリスのeAdsの動向
2000〜2006年の米国オンライン広告予測
ヨーロッパにおける2001年前半年のeAD状況
CMRが公開した2000年と2001年の広告費比較
米国の広告の歴史年表
CMRが公開した2001年と2002年の1〜9月米国の広告マーケット状況
Global Insight社の2002年から2006年までの米広告市場予測概要
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
テレビや印刷物で提供された米国政府広告の2001年報告書
2004年の米国のメディアと広告の実情
米国のラジオ広告2003〜2004年
Ad Ageが2005年11月14日に公開した、世界の広告市場トップ100
日本広告主協会Web広告研究会が2005年11月28日に公開した「ブログ書き込み調査」結果
日本広告主協会Web広告研究会が2005年11月28日に公開した「消費者メディア調査」結果
The AAF Media Investment Survey 2007