暗号プリンタ

セキュリティ・プリンタ・システム

企業などで共用されているプリンタにセキュリティ機能を搭載し、本人以外がプリンタに支持しないと印刷をはじめないプリンタ管理システムの総称。今後、住民基本台帳を利用した戸籍謄本の印刷や住民票の印刷など、市民の個人情報を印刷する機会が増えることから、信州大工学部の不破泰教授と「エプソンコーワ」、精密機器メーカー「セイコーエプソン」が
共同で、パソコンに入れたソフトが印刷データを暗号化してプリンタに送り、これを解読する「カギ」を作って、プリンタに印刷を指示した人が、このカギを記憶装置に入れて携帯し、プリンタに付けた読み取り装置に鍵を入れると、初めて印刷を開始するシステムを開発したと報告した。