アクション・ペインティング

Action Painting


評論家のHarold Rosenburgが1952年に使い始めた言葉で、アーティストはアクションするものであると考え、描く行為そのモノを重視し、人間が本能的に動かすことによって偶発的に生み出される視覚表現を追求するアートです。

>> さらに詳細な情報はこちら