アイリス認識システム

iris scanning technology

虹彩認識システム

紛失や偽造の心配がないアイリスを物理的鍵の代わりに利用する個人認識システムの総称。アイリスとは、目の瞳孔の縮小、拡大を調整する薄膜組織で、個人固有の模様がある。沖電気工業は1997年7月に、2種類のカメラで自動的に眼の位置を検出してアイリス画像を瞬時に取得し、本人を認識するアイリス認識装置「アイリスパス」を商品化した。1998年10月1日にはバイオメトリクスの特性を生かし、不正アクセスを絶対に許さない厳重なゲート管理を実現するハイセキュリティ・システムとして「アイリスパス-S ゲート管理システム」を発売した。利用者はアイリス認識用ゲート装置(照合機)の前25cmから35cm離れた位置に立ち、カメラモニタに映し出される片方の眼を見ながら照合をする。ゲート装置によってデータが取得され、本人が認識されると0.5秒後に扉が解錠される。誤認識率は0.001%以下で、1対1認証の他に、1対N認証も実現し、利用者が照合時にカードパスやパスワードを入力する煩わしさがない。システムは、管理センターに設置される管理装置と、各扉脇に設置されるゲート装置でネットワーク構成され、最大128台のゲート装置が接続できる。管理装置は対象者台帳管理、状態監視/制動部制御、履歴収集/管理、保守/試験の機能を持ち、ゲート装置には入室認証、履歴収集、保守/試験の機能がる。これらのデータから入室者の許可扉や許可曜日、許可時間等の設定、入室状况や警報機作動等の履歴収集ができる。登録人数は1システムあたり最大1,000人(左右の2,000個のアイリス)まで可能で、6カ月間保持できる収集ログを登録者や扉、日時ごとにまとめるなど様々なフォーマットで出力できる。詳細情報はURL(http://www.oki.co.jp/OKI/Home/JIS/PROD/iris/default.html)または、URL(http://www.oki.co.jp/OKI/Home/JIS/New/OKI-News/1998/08/z9827.html)で知ることができる。東京大学先端科学技術研究センターの安田浩教授の研究グループは1999年5月に、手の大きさや動かすときの癖を記憶させ、他人が同じ動きをしても本人とは違うと認識できるシステムを開発し、手や指の動きで個人を認識するソフトウエアとして利用することを発表した。実験では、本人と認識できた確率は84%で、他人がジェスチャーをまねした場合には98%の確立で本人と認識しなかった。ただし、本人が認識されなかった場合、何度も不思議な動作を繰り返すユーザーを、第3者はどのように感じるのか?疑問に感じる。米国のEyeTicket(旧Spring Technologies)社がIriScan社から基本的なアイリス認識技術の提供を受けて開発したアイリス認識システムEyeTicketをオーストラリアで開催される2000年シドニーオリンピックで、ドイツの選手村への入場の安全性を確保に利用されることになった。このEyeTicketの登録は、オリンピックに出場するドイツ人選手とその他の役員のアイリスをデジタル画像で登録するだけで済み、登録者はビデオカメラを1秒見るだけで即座に認識され、入場が許可される。また、EyeTicket社では、各入口に設置されるEyePassも開発している。EyeTicketの詳細情報はURL(http://www.eyeticket.com/eyeticket/index.html)で知ることができる。EyePassの詳細情報はURL(http://www.eyeticket.com/eyepass/index.html)で知ることができる。また技術的な解説はIriScan社のURL(http://www.iriscan.com)で知ることができる。解剖学的なアイリスの情報に関してはURL(http://www.cl.cam.ac.uk/users/jgd1000/anatomy.html)で知ることができる。松下通信工業(2003年1月1日、パナソニックモバイルコミュニケーションズに改名)は、米国のIridian Technologies社と、アイリス認識技術のライセンス契約と次世代アイリス認識装置の開発協力で2001年3月7日に合意したことを発表した。沖電気のアイリス認証情報はURL(http://www.oki.co.jp/OKI/Home/JIS/New/T99/SYOUKAI/6IRIS/17RECOG/RECOG.HTM)で知ることができる。IATA(International Air Transport Association/国際民間航空輸送協会)のSPT(Sympliflying Passenger Travel/旅客手続き簡素化)グループに加盟している米国のUnisys社とアイリス認識技術を開発しているEyeTicket社は2001年6月21日に、チケット発行、チェックイン、手荷物チェック、手荷物識別、搭乗手続きなどの空港や航空会社カウンターでの乗客手続きにアイリス認識を採用することを目的に提携した。詳細情報はURL(http://www.Unisys.com/news/releases/2001/jun/06218031.asp)で知ることができる。SPTグループに関してはURL(http://www.simplifying-travel.org)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2001年7月31日に、航空チケットに関するルールとして、Restricting Airline Ticketing Rules Unlikely to Help Consumers. GAO-01-831, July 31.をURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?gao-01-831)で公開した。沖電気工業は2001年11月28日に、USBでPCと接続して利用するタイプのアイリス個人認証ユニット「アイリスパス-h(ハンディ)」を2001年12月21日に発売することを発表した。詳細情報はURL(http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2001/11/z0190.html)で知ることができる。日立製作所システムソリューショングループは2002年2月28日に、コンサートや演劇等のチケットをインターネットで予約、決済を行い、当日、劇場に設置されたマルチメディア端末で発券を行うA SPサービス「チケット予約・決済サービス」を興行主向けに2002年3月1日から販売開始することを発表した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2002/0228/index.html)で知ることができる。米国のIBMは、オランダ・アムステルダムのスキポール空港(Airport Schiphol)で、警官によるパスポートのチェックに加え、アイリス認識システムで搭乗者のアイリスを高速スキャンし、事前にスマートカードに暗号化して登録された個人情報と比較して認証を行うシステム「ABP(Automatic Border Passage)」を導入して成功しているオランダのSchiphol Group社と提携し、空港でスマートカードとアイリス認識システムを用いたチェックイン・システムを提供すると発表した。詳細情報はURL(http://www.ibm.com/news/us/2002/04/25.html)または、URL(http://www.schiphol.nl/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office)は2002年11月15日に、国境で利用されているバイオメトリックスに関するレポート「Technology Assessment: Using Biometrics for Border Security. GAO-03-174」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-174)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office)が2003年1月23日に、中小空港のレポート「Commercial Aviation: Factors Affecting Efforts to Improve Air Service at Small Community Airports. GAO-03-330」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-330)で知ることができる。韓国の情報通信部は2003年2月13日に、2003年2月17日からKISI(韓国情報保護振興院/Korean Informatiom Security Indudtry)が情報通信部の支援を受け、7億ウォンをかけて制作した韓国人2,000人分の年齢・性別・職業などの要素が反映した韓国人の顔・指紋のデータベース(DB)を、生体認識技術の関連会社や研究所に無償で公開すると発表した。 詳細情報はURL(http://www.mic.go.kr/eng/jsp/etc/etc_100_02.jsp?menu_code=z000_0001_1&m_code=z000_0316_1&curpage=1&search=)または、URL(http://www.kisis.or.kr)で知ることができる。EU(European Union)は2003年6月19日と20日にテサロニキで開催した会議で、2004年10月26日までにパスポートにバイオメトリックスICチップを導入すると発表した。バイオメトリックスICチップには、DNAデータは挿入されないが、指紋かアイリス・スキャンデータ、過去の旅行データなどが挿入される。詳細情報はURL(http://ue.eu.int/pressData/en/ec/76279.pdf)または、EU Observer: EU to tighten visa and passport securityのURL(http://www.euobserver.com/index.phtml?sid=9&aid=11837)または、ドイツ語版Frankfurter Allgemeineの翻訳英語記事があるURL(http://www.statewatch.org/news/2003/jun/27data.htm)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月9日に、Keith A.Rhodesによるバイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書「Information Security: Challenges in Using Biometrics, by Keith A. Rhodes, chief technologist, before the Subcommittee on Technology, Information Policy, Intergovernmental Relations, and the Census, House Committee on Government Reform. GAO-03-1137T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1137T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月9日に、Robert J. Cramerによる偽造IDとIDの偽物を浮かび上がらせる実験報告書「Security: Counterfeit Identification and Identification Fraud Raise Security Concerns, by Robert J. Cramer, managing director, Office of Special Investigations, before the Senate Committee on Finance. GAO-03-1147T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1147T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月25日に、空港における乗客のスクリーニングに関する実験レポート「Airport Passenger Screening: Preliminary Observations on Progress Made and Challenges Remaining. GAO-03-1173」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1173)で知ることができる。米国国防総省(DOD/Department Of Defence)が、ファーストクラスとビジネスクラスの旅行カードに差を付け、コントロールの内容が異なる方式を採用していることについてレポートして、米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)が2003年11月6日に、「Travel Cards: Internal Control Weaknesses at DOD Led to Improper Use of First and Business Class Travel. GAO-04-88」を報告した。また、Gregory D, Kutzの実証実験結果報告「Travel Cards: Internal Control Weaknesses at DOD Led to Improper Use of First and Business Class Travel, by Gregory D, Kutz, director, financial management and assurance, before the Permanent Subcommittee on Investigations, Senate Committee on Governmental Affairs. GAO-04-229T」も公開された。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-88)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-229T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年2月14日に、コンピュータを活用した入国検査レポート「Aviation Security: Computer-Assisted Passenger Prescreening System Faces Significant Implementation Challenges. GAO-04-385」とCathleen A. Berrickによる空港での手荷物スキャン実験報告書「Airport Security: Challenges to Airport Passenger and Baggage Screening, by Cathleen A. Berrick, director, homeland security and justice, before the Subcommittee on Aviation, House Committee on Transportation and Infrastructure. GAO-04-440T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-385)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-440T)で知ることができる。EUの18カ国が参加しているABG(the Automated and Biometrics-based Border Checks) initiativeのmultinational pilot projectは2004年2月12日に、ドイツのフランクフルト空港で沖電気が開発した7台のシステムを利用してアイリス認証で本人確認を行う入出国管理システム試験運用を2004年2月14日から開始すると発表した。この実験では、航空旅客者にカメラ付き認証端末の前に立つことを求め、端末が自動的に旅客者の虹彩パターンを捕らえた後、アイリス・スキャン・システムが旅客者のアイリスを認証し、スキャナで捕らえたパスポート・データ情報と照合することで認証している。詳細情報はURL(http://www.frankfurt-airport.de/b2c/livecontroller/de/index.jsp?sprache=de&teaserarea=homepage)または、URL(http://www.oki.com/en/press/2004/z03084e.html)または、URL(http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2004/02/z03084.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年2月26日に、FBIの犯罪捜査と指紋に関するこれまでの歴史と変化による成果に関する調査報告書「Law Enforcement: Information on the Timeliness of Criminal Fingerprint Submissions to the FBI. GAO-04-260」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-260)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年7月17日に、コンピュータを活用した入国検査に関するNorman J. Rabkinの実証実験レポート「Aviation Security: Challenges Delay Implementation of Computer-Assisted Passenger Pre-Screening System, by Norman J. Rabkin, managing director, homeland security and justice, before the Subcommittee on Aviation, House Committee on Transportation and Infrastructure. GAO-04-504T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-504T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月18日に、国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート「Homeland Security: Risks Facing Key Border and Transportation Security Program Need to Be Addressed, by Randolph C. Hite, director, information technology architecture and systems issues, before the Subcommittee on Immigration, Border Security, and Claims, House Committee on the Judiciary. GAO-04-569T」と、顔面認証に関する長期計画としてBarbara D. Bovbjergによる実証実験レポート「Private Pensions: Multiemployer Pension Plans Face Key Challenges to Their Long-Term Prospects, by Barbara D. Bovbjerg, director, education, workforce, and income security issues, before the Subcommittee on Employee-Employer Relations, House Committee on Education and the Workforce. GAO-04-542T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-569T)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-542T)で知ることができる。Statewatch Newsは2004年4月27日に、イギリス政府がテロとの戦いを理由に、国内の全住民を対象に、指紋、眼球の虹彩(アイリス)などバイオメトリックス情報をICチップに記録してカードに搭載し、2007年のパスポートや免許書の書き換え時に導入の開始を目指して、120ページの法案を2004年4月26日に発表したと報告した。この導入に関する結果が出るのは10年後の2017年頃になると予測されている。詳細情報はURL(http://www.statewatch.org/news/2004/apr/18uk-id-cards.htm)または、URL(http://www.statewatch.org/news/2004/apr/06uk-id.htm)で知ることができる。 Privacy Internationalはプレス・リリースを発表し、Libertyはステートメントを公開した。詳細情報はURL(http://www.privacyinternational.org/issues/idcard/uk/pi-id-card-4-04.html)または、URL(http://www.liberty-human-rights.org.uk/privacy/id-card-draft-bill-response.shtml)で知ることができる。イギリスにおけるIDカードの歴史に関してはURL(http://www.statewatch.org/news/2003/jul/26ukid.htm)で知ることができる。イギリスのthe Registerは2004年6月15日に、イギリス内務省(Home Office)がフランスの企業Sagem社とIRIS(Iris Recognition Immigration System)について5年契約を締結し、イギリス国内の空港で「アイリス認識システム」を導入する予定を発表したと報告した。最初に導入されるのはヒースロー空港の第2と第4ターミナル(Heathrow Airport terminals two and four)で、Birmingham空港、Gatwick空港、Manchester空港、Stansted空港の4つの空港と連携して2005年に導入されることになる。内務省では導入後5年以内に「アイリス認識システム」の登録者が100万に以上になると予測している。詳細情報はURL(http://www.theregister.co.uk/2004/06/15/iris_scanning/)または、URL(http://www.publictechnology.net/modules.php?op=modload&name=News&file=article&sid=1220)または、URL(http://www.cl.cam.ac.uk/users/jgd1000/iris_recognition.html)または、URL(http://www.cl.cam.ac.uk/users/jgd1000/ibm.html)または、URL(http://www.iridiantech.com/)または、URL(http://www.irisguard.com/index.php/)または、URL(http://www.securimetrics.com/)または、URL(http://www.panasonic.com/cctv/products/bmet500.asp)または、URL(http://www.cnn.com/2002/TECH/science/02/08/airports.eyes/index.html)または、URL(http://www.accessexcellence.org/WN/SU/SU102001/irisscan.html)または、URL(http://www.cnn.com/2000/TECH/computing/07/24/iris.explainer/index.html)または、URL(http://www.lgiris.com/)または、URL(http://www.oki.com/en/press/2002/z02011e.html)で知ることができる。外務省は2004年10月1日に、新しい技術の導入及び国際標準化作業等を行っている国際民間航空機関機械読取渡航文書専門家会合新技術作業部会(ICAO/TAG - MRTD/NTWG)が新技術の調査の一環として、3年毎に情報提供依頼(RFI)を行っているが、生体認証技術、情報記録媒体、電子商取引、RF(無線)技術、セルフサービス装置、渡航文書印刷装置、渡航文書読取装置について、応用可能な情報を募集していると報告した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/shocho/chotatsu/rfi.html)で知ることができる。Janesは2005年6月28日に、ロンドンのヒースロー空港で「e-Borders」と呼ばれるIRISの導入が始まったと報告した。当初は任意登録であるが、一旦登録すると入国のときに虹彩チェックで合格すれば自動的にゲートが開く用になる。詳細情報はURL(http://www.janes.com/security/law_enforcement/news/jar/jar050628_1_n.shtml)で知ることができる。米国の法廷で指紋捺印の信頼性についてテストしているが、驚いたことに指紋押捺が貴重で一般に信頼できるツールであるということについて、これまで十分に議論されてこなかった。そして、1つの主要な欠点に苦しみ、人生を台無しにしている人がいるということで、newscientist.comは2005年9月15日に、誤認逮捕で投獄され、自ら犯さなかった犯罪によって人生を台無しにしている人がいることから、1世紀以上に渡って使用されてきた指紋を再検証し始めたと「How far should fingerprints be trusted?」を報告した。指紋試験官がどれくらいの頻度で間違った報告をしたかという研究が皆無に近いと報告し、この禁断の分野に踏みいって、指紋捺印の信頼性テストは重要な科学的研究になる。今コンピュータ分野でも多くのバイオメトリックス技術を導入してきているが、まず信用できるという概念が先行し、「負」の要素である間違い頻度の科学的検証をどれほど実施されているのかといえば、一世紀以上に渡って使用されてきた指紋でも、このような調査はほぼ初めてということから、再度考える必要がある研究といえる。科学者は取りあえず、肯定的理論だけを優先することが多く、それは科学の発展途上時期に認めさせるために使用されてきた考え方で、そろそろ「負」の要素から、科学的な検証をする時期になってきたといえる。詳細情報はURL(http://www.newscientist.com/article.ns?id=mg18725174.500)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年4月27日に、入国審査と税関に関する情報技術レポート「Information Technology: Immigration and Customs Enforcement Needs to Fully Address Significant Infrastructure Modernization Program Management Weaknesses. GAO-07-565」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-565)で知ることができる。


アイリスパス-S ゲート管理システム
LSIの設計効率の歴史
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
EyeTicketやEyePassで認識されるアイリス・コード
キオスクなどに置かれるEyeTicket
空港などに設置されたEyePass
ドアの近くに設置されたEyePass
IriScan社のアイリス・コード
IriScan社のアイリス・コードのベクトル化
IriScan社のアイリス・コードの比較
Eduard Pernkopfの目の解剖図
Eduard Pernkopfの目の構造
Eduard Pernkopfの目とアイリス
いろいろなアイリス
Bernard Jensen博士のIridologyチャート
典型的な4種類のアイリス
遺伝と環境から来るアイリス
GAOが2001年7月31日に公開した航空チケット・ルール
沖電気の「アイリスパス-h(ハンディ)」
米国のGAOが2001年11月8日に公開したオリンピック計画
GAOは2001年10月31日に公開した「Brain Fingerprinting」に関する調査報告
IATAが2002年2月5日に発表した運送実績がマイナスを記録
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
米国の国境で利用されているバイオメトリックスに関するレポート
2003年1月23日にGAOが公開した中小空港のレポート
GAOが公開した、2030年までの空港経営戦略
KISIの韓国人の顔・指紋のデータベース(DB)に関する情報
GAOが2003年2月26日に公開した空港運営経済レポート
2003年6月19日と20日にテサロニキで開催したEU会議議事録
GAOが2003年9月9日に公開した、バイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書
GAOが2003年9月9日に公開した、偽造IDとIDの偽物を浮かび上がらせる実験報告書
GAOが2003年9月25日に公開した空港における乗客のスクリーニングに関するレポート
ファーストクラスとビジネスクラスの旅行カードとコントロールの差
Gregory D, Kutzの実証実験結果報告
2004年2月14日に公開した、コンピュータを活用した入国検査レポート
2004年2月14日に公開した、空港での手荷物スキャン実験報告書
フランクフルト空港が公開している実証実験までのバイオメトリックス導入の歴史
沖電気が2004年2月13日に公開したリリース
FBIの犯罪捜査と指紋に関する調査報告書
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
コンピュータを活用した入国検査に関するNorman J. Rabkinの実証実験レポート
国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート
Barbara D. Bovbjergによる顔面認証に関する長期計画としての実証実験レポート
Statewatchが2004年4月27日に発表したニュース
Statewatchが2004年4月6日に公開したID cards planned
Privacy Internationalが2004年4月26日に公開したプレス・リリース
Libertyが2004年4月26日に公開したステートメント
Statewatchが公開したイギリスのIDカードの歴史
Privacy Internationalが2004年4月27日に公開したIDカードとテロリズムに関するレポート
オランダのAmsterdam Schiphol Airportに導入されたIRISのチェック風景
ケンブリッジ・コンピュータ・ラボが公開したIRISの解説
1993年にJohn G. DaugmanがIEEEに提出したIRISの解説
イギリス内務省のIRIS報告
IBMが公開したAmsterdam Airport SchipholのIris Registration
Schiphol Group of Amsterdamから依頼されたIBMのirlines and airports around the world a quick security access system
Panasonic BM-ET500 Iris Recognition Access Control System
FBIの2004年 2009年計画
外務省が2004年10月1日に公開したリリース
国際民間航空機関機械読取渡航文書専門家会合新技術作業部会の情報提供依頼
GAOが2007年4月27日に公開した、入国審査と税関に関する情報技術レポート

パスワード
IDコード
マルチモーダル
指紋による本人認証
オンライン・タイムレコーダ
コンピュータ不正アクセス対策基準
会員名簿ネット流出
プロバイダ
個人情報の流出
トライリニアCMOSイメージ・センサー
IBMご利用ガイド
BAPI
バイオメトリックス
音声認識
パターン認識
遺留指紋照会端末装置
指掌紋自動押捺装置
偽造・変造犯罪
ウォレットPC
コンピュータ犯罪捜査支援プロジェクト
3001年のコンピュータ「HAL」
Speech Mail
PCMCIA
ViaVoice
トライリニアCMOSイメージ・センサー
でんわなび
Visual Voice
テラマック
自己回復テクノロジー
音声認証システム
Talking Head
特徴相関法
人間の顔を認識した個人認証
WebPasskey
Microsoft Cordless Phone System
JSAPI
郵政省の不正アクセス対策法制への意見募集
郵政省の不正アクセス対策法制への意見募集
1999年1月7日に郵政省から発表された募集結果
CyberTranscriber
DNA鑑定チップ
MAXITATERU
バイオニクス
PAA(Protected Access Architecture)
VeriPat
FIU-700
入退室管理システム
HTK(Hidden Markov Model Toolkit)
GEML(Gene Expression Markup Language)
顔面認識
eLiza
ENIAC-on-a-Chip Project
大阪ボイスポータル実証実験サービス
パーソナライズド・ガン
SPTグループに参加している企業及び団体
EyeTicket
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
電子チケット
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
Magic Cookie
クロスサイト・スクリプティング脆弱性
FlexTicket
DSR(Distributed Speech Recognition)
SALT(Speech Application Language Tags)
GAO(General Accounting Office)
Consumer Web Watch
チケットレス・システム
組織培養と芸術
手の平静脈パターン個人認証
モバイル電子チケット・会員証サービス基盤
歩き方認証
悪意なき情報流出
AT&T PrePaid Web Cents
Duocash
e-airportプロジェクト
血流認証装置
バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム
指静脈認証技術
Identity Theft and Deterrence Act
NTSB(National Transportation Safety Board)
Intelligent Island
IRIS(Iris Recognition Immigration System)
SPTグループに参加している企業及び団体
ICパスポート導入反対声明
汎用京速計算機