Joost

ヨースト

SkypeとKazaaの創設者Niklas ZennstroemとJanus Friisが「Venice Project」という名称で、Web2.0の新しいベンチャーとして、P2P技術を活用して5カ国で約150人が参加して開発していたインターネットTV技術の正式名称。正式名称は2007年1月16日に発表され、テレビを見て、フルスクリーンテレビのエンターテインメントをオンライン・インタラクティブに結合し、世界中でいつでも、どこでもビデオ・コンテンツを選択し、視聴者に提供できる新しい方法として紹介されている。
β版も公開され、登録することでダウンロードして利用できるようになっている。当初はWindowsバージョンだけだが、近い将来IntelMac対応版とLinux版が公開される。詳細情報はURL(http://www.joost.com/press/2007/01/the-venice-project-code-named-no-more.html)または、URL(http://joost.com/screenshots/)で知ることができる。
「Joost」のFAQもURL(http://www.joost.com/FAQ.html)で公開されている。
また、「Joost」は将来的に、携帯電話やセット・トップ・ボックスでの放映技術をリリースする予定になっている。ただし、「Joost」は版権問題が解決するまで、YouTubeのような消費者手動のビデオの放映もしないと語っている。BBC Newsは2007年5月1日に、「Joost」のビジネス・サービスを開始したと報告した。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/6612199.stm)で知ることができる。
イギリスのMedia Guardianは2007年5月10日に、Joostがベンチャーキャピタル投資会社と、米国のビッグ・メディアCBSとViacomから、US$4500万の資金を受けたと報告した。Joostは実に良いタイミングでビジネス・サービスを開始した。先日までは目の敵のように多くの通信会社や著作権管理会社、メディアから狙われていたSkypeとKazaaの創設者Niklas ZennstroemとJanus Friisが創設した会社とは考えられない!Joostは局限されたサービスのためのプランを促進するのに新投資を実施することを計画していたが、Googleに対抗するCBSとViacomには、手を上げたが技術が思いつかない。
Joostの最新投資取引は、2004年にSkypeに投資しましたヨーロッパのベンチャー会社Index Venturesによって導入され、 また、国際ベンチャー・キャピタルSequoiaとLi Ka-Shing Foundationも投資した。CBSとViacomはすでにJoostと契約し、2,000時間以上の自由なオン・デ・マンドサービス機能をCBS、CBS Evening News、およびさまざまなスポーツ番組を提供することになっている。
Viacomは、ケーブルチャンネルのComedy CentralとMTVの番組、Paramount Picturesからの映画を提供することになっている。
問題は、SkypeとKazaaの創設者Niklas ZennstroemとJanus Friisが創設した会社だから、オランダの自由思想に、CBSとViacomが何処まで理解できるかと言うことになる。もしかすると、潤沢な資金ができ、Joostが順調に滑り出すと、CBSとViacomはすでにJoostと契約し、2,000時間以上の自由なオン・デ・マンドサービス機能をCBS、CBS Evening News、およびさまざまなスポーツ番組、ケーブルチャンネルのComedy CentralとMTVの番組、Paramount Picturesからの映画は全体必要なコンテンツから外れ、附録のようなものになるかもしれないJoostの実態は、CBSやViacomより、GoogleやYouTubeの方が考え方に近い!この業界は、それほど行儀や作法を重視しない。詳細情報はURL(http://media.guardian.co.uk/site/story/0,,2076486,00.html)で知ることができる。
Joostは2007年10月1日に、招待性ではなく、ソフトをインストールしてアカウントを作れば無料で動画配信サービスを利用できるようになったWindows XPまたはVista、Mac OS X 10.4以上に対応した公開β版をリリースした。CBS、Major League Baseball、MTV、Comedy Centralなど、1万5000以上のテレビ番組を、Joost経由で誰でも視聴することができるようになっている。詳細情報はURL(http://www.joost.com/blog/2007/10/)で知ることができる。
オランダのMedia Network Weblogは2007年10月15日に、世界で初めてテレビ並みのオンライン共有TVとして、「ヨースト(Joost)」がオーデイオ・ビジュアル・トレード・ショー「MIPCOM」で公開されたと報告した。今月末に登場することになっているイタリアのBabelgumを含んだライバルの前で、無償で略奪しているというよりむしろ、合法的なエンターテインメントを提供する「Joost」として登場した。
「Joost」をスタートさせたマイク・ボルピ(Mike Volpi)は、「クリエイターがインターネットでいくらかの驚くべきエンターテインメントを引き起こす能力を使用することは、伝統娯楽にもかかわらず、結局ユーザーにコンテンツに示しながら、インターネットで始められるでしょう」と言った。マイク・ボルピは、2007年10月1日に未熟なTVサービスを利用するのに必要なアプリケーションのダウンロード・サービスを開始して、すでに200万人以上がダウンロードし、1日当たり10万人以上がダウンロードをしていると報告した。
ボルピは、「Joost」が、広告で資金を供給された無料奉仕のままで残ることを目指すと言って、よりクリエイティブで、インタラクティブな広告を引き付けることを望んでいた。コンテンツに関して彼は、将来YouTubeのようなユーザーを発生させるコンテンツに伴い、より古いテレビ番組の巨大なライブラリと同様に、大きく商標を付けられたTVシリーズとして見ることができるようになると解説したと報告している。詳細情報はURL(http://blogs.rnw.nl/medianetwork/worlds-first-tv-quality-online-network-launches)で知ることができる。
SkypeとKazaaの創設者Niklas ZennstroemとJanus Friisが開発し、次世代のYouTubeというセンセーショナルを呼んで登場した「ヨースト(Joost)」だったが、久々に宣伝があったと、 PaidContentが2008年4月7日に報告してきた。
最初に知らせてきたのはイギリスのタイムズ(Times UK)で、ロンドンに拠点を置く「ヨースト(Joost)」は「主要な緊縮」を受けそうで、野心的なグローバル展開を抑制し、米国市場だけに焦点を合わせると言う噂もあったと報告している。
「ヨースト(Joost)」は、PRでそれらの噂を否定し、約100人が働いていて解雇する予定もないと言っている。
それは同時に、再編成中であることから登場した噂に過ぎないと言っている。
「ヨースト(Joost)」は、強力な支援者がいることは否定できないが、最も激しい競争分野であることも否定できない。
4月のポートフォリオは、企業としての苦しみと、希望によって描かれている。
そして計画では、ブラウザ・バージョンを開発中であると報告している。
しかし、一部ではそれ自体が技術的な悪夢セットになることも指摘している。
広告を打たないと、完全に抹殺されそうな不安から、噂を否定するためのPRのようである。
すでに、下り坂を転げ始めているのかもしれない。
有名なコンテンツを開発したから、次も成功するという保証は、どこにもない!
ユーストのCEOであるMike Volpiは、Gigaomのインタビューで、西ヨーロッパと、中国を含む2〜3のアジア市場に集中して、オンライン広告市場へ参入すると言っている。
また、オランダでの活動を中止することも否定している。
何か一つ、歯車がかみ合わなくなると、完全否定される業界の凄まじさが、その市場にはある。詳細情報はURL(http://m.paidcontent.org/entry/321841)または、URL(http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/technology/article3688393.ece)または、URL(http://www.techmeme.com/080406/p17#a080406p17)または、URL(http://www.portfolio.com/culture-lifestyle/goods/gadgets/2008/03/17/Joost-Disappoints-as-Next-YouTube)または、URL(http://gigaom.com/2008/04/06/joost-ceo-on-us-global-plans-cutbacks/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9398)で知ることができる。
paidContentは2008年7月22日に、Skype創設者によって始められたオンライン・ビデオ会社「Joost(ヨースト)」がマイノリティ投資家と面白い行動を取り始めたと報告した。
「Joost」は、マイノリティ投資家「Tom Group」と共同で、中国国営放送「CCTV」、China Record Corp、BTV Media、CAV Warner Home Entertainment、Huayi Brothers Media Groupと共に中国語バージョンを開始したと報告した。
paidContentのRafat Aliは2008年7月22日にFortune会議で、「Joost」最高経営責任者マイク・ボルピ(Mike Volpi)と合い、いくつかの面白いプランを紹介してきたと報告している。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-joost-expands-into-china-with-minority-investor-tom/)または、URL(http://press.joost.com/2008/07/joost_and_tom_group_announce_j.html)で知ることができる。
中国で、これだけのテレビ会社と共同で開始すると、面白くなるかもしれない。
Hutchison Whampoaのチェアーマンで、Tom GroupのオーナーであるLi Ka-shingは、慈善団体Li Ka Shing Foundationを通して「Joost」に投資してる。
「Joost」と「Tom Group」の取引で、「Tom Group」は中国語に限定したバージョンで広告を販売し始める。詳細情報はURL(http://joost.tom.com/)で知ることができる。
とくに面白いのは、このところ中国政府がオンライン・ビデオで厳しい規制をしてきていることで、もしかすると中国政府公認のオンライン・ビデオ配信になる可能性までで始めている。
中国政府としては、雨後の竹の子のように増えているビデオ・サイトを統一化することで、管理が容易になる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=1049)で知ることができる。
France 24は2008年10月14日に、Skypeの発明者が1年前に着手したヨースト(Joost)が期待通りに行かなかったことから、技術的な若返りを開始したと報告した。
と言うことは、これまでのヨースト(Joost)は、発想が古すぎた?
Joost.comは英語で「juiced」と表現されたが、現在はFlashに基づくプラットホーム、Web上にビデオを見るための最もポピュラーなプログラムに特化する。
Joostには、CBS、Sony Pictures、Viacom、Warner Brosをはじめ、多くのパートナーからニュース、スポーツ、ミュージック・ビデオ、テレビ番組、および映画を含むオンライン・ビデオ・プログラミングの膨大なライブラリを誇っている。
しかし、ユーザーが見るために、「Joost」専用ソフトウェアをダウンロードしなければならなかったので、2007年10月の公式の開始以来、 YouTube.comやHulu.comなどのライバルのビデオ・サイト、ニュース・コーポレーション(News Corp.)とNBC Universalの合弁事業に後れを取り続ていた。
新しいFlashベースのサービスは、ダウンロードなしで、ビデオはインターネット・エクスプローラー、ファイヤーフォックスまたはSafariブラウザで見ることを可能にした。
また、Flashに切り替えることに加えて、Joostは火曜日にWebサイトりでソーシャル・ネットワークを築き上げる多くの新しいツールを公開した。
新機能で、ビデオと例えば、コメントで意見を述べるWebサイトで、他の友人のだれかを見つけ、ユーザーは相互で見ることを可能にした。
さらにJoostは、4万6000のビデオを3つのカテゴリー「Shows(ショー)」「音楽(Music)」「映画(Film)」で選べる新しい番組ガイドを紹介し、見たいビデオを見つけやすくしたと報告している。
さて、今度はうまくいくのか?
これまでの経緯を見ていくと、Joostの失敗は、Joost」専用ソフトウェアをダウンロードしなければならなかっただけではなかったことが判ってくる。詳細情報はURL(http://www.france24.com/en/20081014-internet-tv-website-joost-gets-facelift)で知ることができる。