IPラジオ


パソコンなしで、DHCP機能を持ったルーターに、LANケーブルで調節接続することでインターネット・ラジオ放送が聴ける専用端末の総称。ソフィアシステムズは2003年9月4日に、IPラジオ「Model IPR-10 」を2003年9月22日に発売すると発表した。詳細情報はURL(http://www.sophia-systems.co.jp/ipradio/index.html)で知ることができる。
マーキュリーニュースは2005年5月2日に、衛星ラジオのSirius Satellite Radioが「do-it-yourself」形式のオーディオ放送として、毎日ポッドキャスト放送を2005年5月末に開始することを発表し、それを受けたViacomのInfinity Broadcastingがラジオ放送ステーションをオール・ポッドキャスト形式に変更すると報告した。また、ニューヨークタイムズは2005年5月2日に、MTV Host Movesがラジオに移行し、Giving Voice(音声放送)からAudible Blogs(音声ブログ)に移行すると報告した。詳細情報はURL(http://www.mercurynews.com/mld/mercurynews/business/technology/11540902.htm)または、URL(http://www.nytimes.com/2005/05/02/business/media/02SIRIUS.html)で知ることができる。
2008年9月8日にCenter for Media Researchは、RAB(Radio Advertising Bureau)が2007年に予測したOff-Air収入の予測を凌いで、予測されたスケジュールのほとんどまる1年前、2008年の終わりまでにUS $20億にアプローチすると予想していると報告した。
以前は「Non-Spot」と呼ばれていた「Off-Air revenue(Off-Air収入)」は、2005年6月から2007年6月までの10%の合成年間成長率に基づいた期待を超えて、2007年後半に過去2年間12.3%のCAGRで増加した。
これは映像より優れていて、2009年にUS$20億以上になる、ファスト・トラックにある。
RABのCEO(Chief Executive Officer/最高経営責任者)兼社長のジェフ・ヘイリー(Jeff Haley)は、「新技術とデジタル販売チャネルへの産業の投資は、インターネット、携帯電話、ナビゲーション・システム、およびその他にラジオを広げました。その結果は広告主にとって消費者のために複数の接触ポイントの機会をもっている360度の経験になっています。」と言っている。
Off-Air収入は、Radio総収入の9%で、経験的なマーケティング・パートナーシップが密接にあとに続いたオンライン活動から成りたっていた。
収入比較
地方
2008年第2四半期収入:US$3,792Millions
伸び率:-7%
2008年前半収入:US$6,978Millions
伸び率:-6%
全国
2008年第2四半期収入:US$778
伸び率:-11%
2008年前半収入:US$1,428
伸び率:-11%
地方と全国の合計
2008年第2四半期収入:US$ 4,570
伸び率:-8%
2008年前半収入:US$8,406
伸び率:-7%
ネットワーク
2008年第2四半期収入:US$293
伸び率:0%
2008年前半収入:US$567
伸び率:3%
Off-Air
2008年第2四半期収入:US$501
伸び率:10%
2008年前半収入:US$889
伸び率:12%
総合計
2008年第2四半期収入:US$5,364
伸び率:-6%
2008年前半収入:US$9,862
伸び率:-5%
Source: Miller, Kaplan, Arase & Co., August 2008
地方と全国の部分で2008年第2四半期収入と2008年前半収入は、主要なカテゴリで削減し、総メディアとしてのラジオの結論に影響を与え、収入面で成功している領域を明らかにした。
2008年前半収入では、ラジオの使用を選んだ政治広告主が歓迎されて注入に貢献した。
保険広告主の支出は21.6%を上昇させ、印象を与えた。
専門サービスの広告主支出は18.3%上がり、かなり伸びた。
デパート/ディスカウントストア、ショッピング・センターの広告主支出は、より多くのラジオを加え、10.2%上昇し、Beverage(飲料)業界広告主支出は、7.6%の増加を加えた。
保険会社
2008年第2四半期収入:US$231.8
2007年第2四半期収入:US$198.4
伸び率:17%
2008年前半収入:$421.8
2007年前半収入:$346.8
伸び率:22%
デパート/ディスカウントストア、ショッピング・センター
2008年第2四半期収入:US$159.0
2007年第2四半期収入:US$142.4
伸び率:12%
2008年前半収入:$283.2
2007年前半収入:$256.9
伸び率:10%
専門サービス
2008年第2四半期収入:US$84.6
2007年第2四半期収入:US$76.2
伸び率:10%
2008年前半収入:$264.6
2007年前半収入:$223.6
伸び率:18%
Source: Miller, Kaplan, Arase & Co.:X-Ray Markets
経済状況に応じて被害を受けている伝統的なトップ広告主産業は、自動車産業、ファイナンシャル・サービス、住宅改築業を含む住宅・インタリア産業であった。
情報通信、携帯電話、ユーティリティ市場は浸透率90%で、新しい取引を望まないユーザーによって減速したと報告している。詳細情報はURL(http://www.mediapost.com/blogs/research_brief/index.php?p=1788)または、URL(http://www.rab.com/public/pr/REVREPORTJuly.pdf)で知ることができる。
ラジオ業界では、Off-Air収入だけが伸び、他は全体に低下傾向である。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10927)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月7日に、Arbitronによる人種別ラジオ市場レポート「September PPM radio ratings」を紹介し、アフリカ系米国人とスペイン系の人は、人口統計で最も高いラジオ・グループのレベルで聴いていると報告した。
アフリカ系米国人とスペイン系の人は米国都市市場でずっと主要なトップを占め、そして、スペイン語のステーションは、ニューヨーク、シカゴ、およびサンフランシスコを含んで推進していると報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/radio/urban-spanish-language-radio-tops-major-markets-6299/)または、URL(http://www.onlinepressroom.net/arbitron/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11231)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年12月3日に、BIA Advisory Servicesによる「ラジオ収入レポート」を紹介し、ラジオ産業における収益の成長は2008年末までに7%落ち、2年目のマイナス成長になると報告した。
BIAは、放送局収入がこの5年間で2008年が最も低いUS$167億に下落すると予測した。
これはラジオがニューメディアを利用してマルチプラットフォームにアプローチできるなら、ことによると次の10年間で跳ね返る前に、2009年は収入が同じくらい低く、US$150億まで急に下がり、大幅下落の始まりを示した。
収入割合はまた、2009年にもう10%下がり、2010年までにプラス成長の機会があるかもしれないと、レポートには書かれていた。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/radio/radio-continues-downward-spiral-online-only-hope-7050/)または、URL(http://www.bia.com/081202_2008IIRadio4thEdition.asp)または、URL(http://www.bia.com/publications_reference_radio.asp)で知ることができる。