INTELSAT

INternational TELecommunications SATellite organization

インテルサット>>国際電気通信衛星機構

世界121ヶ国が参加する通信衛星の開発・打ち上げ・管理運営を行う国際的な商業衛星通信機構の名称。1964年8月20日、米国を中心にイギリス、日本など11ヶ国で暫定制度として発足した。1971年に「国際電気通信衛星機構(インテルサット)に関する協定」が採択され、1973年2月12日、恒久制度に移行し、1991年には当時のソ連も参加した。1965年4月6日に大西洋に初の商業通信衛星INTELSAT 1号(アーリー・バード/Aerie Bird)衛星を打ち上げ、1965年6月28日に米国とヨーロッパの間でサービスを開始した。日本と米国の間で、INTELSAT1号で最初に送られてきた一般衛星放送の映像は、ダラスで起こったケネディー大統領の暗殺映像であった。現在は、大西洋、インド洋、太平洋に15個の衛星を運営している。通信の自由化を背景にINTELSAT社の独占を批判し、パンナムサット(PanAmSat)社、オライオンなどの私企業も国際衛星通信の分野に進出し始めている。国際デジタル通信(IDC/International Digital Communications)は1997年10月に、ワシントンにある国際衛星通信機構と協力し、発信には海底ケーブル、着信にはINTELSATを利用した国際インターネット回線で、IDCインターネット国際ゲートウェイサービスの設備が設置されている横浜国際通信センターと千葉地球局を接続して、45Mbpsの伝送実験に成功した。2000年11月に、第25回締約国総会において機構改革に関する改正が採択され、通信業務を行う事業会社INTELSAT社と、事業会社INTELSAT社を監督する監督機関ITSO(International Telecommunications Satellite Organization)に再編された。INTELSAT社は2002年9月13日に、インターネット・ソリューション部門を補完する新部門として、ビデオ・サービス事業部門を新設し、BT Broadcast Servicesと1998年6月16日にケープ・カラベラルから打ち上げられた304.5 degree E orbitalにある805 satelliteを利用したパートナー契約を締結したことを発表した。805 satelliteを利用することにより、約9億人に衛星ビデオ・サービスを提供できるようになる。詳細情報はURL(http://www.floridatoday.com/space/explore/stories/1998/061698g.htm)で知ることができる。ボーイング(Boeing)社のワイヤレス関連事業子会社Connexion by Boeing社は2003年9月12日に、すでにLufthansa社とBritish Airways社が試運転を開始し、2004年から本格的に開始する機上ブロードバンド・サービス「Connexion by Boeing」の大西洋路線用インフラとして、INTELSATの衛星サービスを利用する契約を締結したと発表した。詳細情報はURL(http://www.boeing.com/news/releases/2003/q3/nr_030912j.html)または、URL(http://www.connexionbyboeing.com/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年9月28日に、INTELSATの民営化に向けた税金政策に関するレポート「Tax Policy: Historical Tax Treatment of INTELSAT and Current Tax Rules for Satellite Corporations. GAO-04-994」と、民営化とORBIT法(Open-market Reorganization for the Betterment of International Telecommunications Act)に関するレポート「Telecommunications: Intelsat Privatization and the Implementation of the ORBIT Act. GAO-04-891」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-994)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-891)で知ることができる。ボーイング(Boeing)社は2006年8月17日に、機内インターネット接続市場にはLiveTV LLC社とAirCell社が参入し、本格化しそうであるにもかかわらず、燃料価格の高騰、航空機テロ未遂など、航空業界の不景気で、高価なチップを提供するよりむしろ価格を低く抑える傾向が強くなり、6年後に機内インターネット接続サービスから撤退すると発表した。詳細情報はURL(http://www.pcworld.com/article/id,126806-c,wirelesstechnologyservices/article.html)で知ることができる。多くの理由が存在するが、この時期に発表から予測すると、一番の理由はやはり2006年8月10日に、ロンドン警視庁は情報機関M15と協力し、ロンドン市内をはじめ、郊外のHigh Wycombe、イギリス第2の都市バーミンガムなどで大規模な家宅捜索を行い、イギリス発米国行きの9機の航空機を3機ずつ1時間ごとに同時爆破させるテロを計画したとされる少なくとも容疑者21人を反テロ法違反の疑いで逮捕といえる。しかし、the daily Jouenalが2006年8月15日に、航空選別に関する日曜日に発表された国土安全保障省(Homeland Security Department)のレポートによると、エアライン乗客の靴を写したX線機器は爆薬を検出することができ無かったと報告し、Guardianは2006年8月16日に、先週のテロ陰謀の後の数時間BBCやGuardianのコメント・フリーサイトは、1時間に数1,000件のアクセスがあり、約50人が米国とイギリスの間を飛ぶ飛行機約20機を乗っ取るという想像を絶する殺人計画の噂は懐疑論まで飛びだし、イギリス中がホラーかパニック状態であったと報告した。さらに1週間後に行われた国土安全省(home secretary)のジョン・リード(John Reid)とロンドン警視庁(Scotland Yard)の説明は、その懐疑主義をさらに拍車をかけ、信念を劇的に声に出し、早く激しやすいイギリス人の感情は爆発状態であると報告している。確かに、実際には何も起こっていないのであり、さらに証拠も発見されていない。ただ、国土安全省(home secretary)のジョン・リード(John Reid)とロンドン警視庁(Scotland Yard)の説明が真実であるという言葉だけが一人歩きし、人々は確実に疑い深いことだけがどんどん拡大する結果になった。マスコミは真実のように報道しているが、本当は、演習?噂の先取り?イラクでは、噂が先行し、米国は攻撃を仕掛けたが、大量破壊兵器は見つからなかった!詳細情報はURL(http://hosted.ap.org/dynamic/stories/T/TERROR_PLOT_SECURITY?SITE=NJVIN&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT)または、URL(http://www.tsa.gov/travelers/airtravel/assistant/shoe_screening_reasons.shtm)または、URL(http://www.guardian.co.uk/terrorism/story/0,,1851078,00.html)で知ることができる。Washington Examinerは2006年8月17日に、交通保安部(Transportation Security Administration)のスポークスウーマンはウェストヴァージニアの空港ターミナルで2006年8月17日に女性の機内持ち込み手荷物の2瓶の液体が2回の爆薬反応検査で陽性を示したことから、空港を閉鎖し、乗務員、乗客全員を避難させた。が---州警察特別部隊(the State Police Special Operations)のジャック・チェンバース(Jack Chambers)は化学テストでボトルの中から爆薬を全く発見できなかったことから、10時間後に空港を再開したと報告した。10時間も空港を閉鎖し、何も発見できないような「爆薬反応検査」とはどんなテストだったのか?どこから、だれが、どんな非常識な方法で米国を攻撃してくるか判らなくなって、米国中がパニックのようで、米国はこれからどう対処しようというのか判らなくなっていることが一番の要因で、米国政府からの圧力も合ったことが予測される。詳細情報はURL(http://www.examiner.com/a-227307~Suspicious_Liquid_Found_at_W_Va__Airport.html)で知ることができる。Alert Netはロイターからの情報として2007年4月24日に、世界最大の商業衛星通信会社インテルサットが、ヨーロッパとアジアでテレビとラジオを放送することを認可なしでスリランカのタミール族Tigers反乱軍が使用したことから、衛星トランスポンダーを止めたと報告した。インテルサット(Intelsat Ltd)社副社長で代表弁護人フィリップ・スペクター(Phillip Spector)は2007年4月24日に、タミル・イーラム解放軍LTTE(the Liberation Tigers of Tamil Eelam)によって使用されたインテルサット・トランスポンダーが先週末に止められたと報告した。1997年以来米国政府によってテロリスト集団と指定されたタミール族のTigersは、スリランカの北東部で独立を証明するために何10年間も戦っている。この地域はインドネシアで起こった地震で津波被害を受け、海岸に埋められた地雷が住宅内に流れ込み、大変な問題にもなりました。ワシントンのスリランカ大使館は、2005年3月以来タミール族のTigersが衛星を通して放送し続けていたと声明で言い、2006年7月にインテルサットから衛星通信を入手していた。詳細情報はURL(http://www.fas.org/irp/world/para/ltte.htm)で知ることができる。