IESG

Internet Engineering Steering Group

インターネット技術推進グループ

インターネット関連のプロトコル標準化団体IETF(Internet Engineering Task Force/インターネット技術特別調査委員会)作業部会は、分野別にグループ分けされている。それらの分野の議長とそのほか数人の委員で構成されたグループの一般名称。IESGには、RFC(Request For Comment)を発行するRFC編集委員が含まれている。1998年8月24日にシカゴでIETFの会合が開かれ、ネットワーク管理者が設定したポリシーをネットワーク内の各種デバイスに認識させるためのスキーマを策定したISPとのSLA(Service Lebel Agreement/サービス・レベル契約)の標準化を行なうワーキング・グループがIESGの承認を受け正式に発足することになった。詳細情報はURL(http://www.ietf.org)で知ることができる。もし、特定のトラフィックに特定のサービス・レベルを確保するSLAが実現するようになり、ネットワーク内のデバイスを合意レベルに対応させたり、ネットワーク管理者が、IP Securityプロトコルを使って、社内ネットワークに入ることをパケットに許可するかどうかを指定できるようになり、各部門のトラフィックについても優先順位を設定できるようになる。