IBRD(International Bank for Reconstruction and Development)

World Bank

国際復興開発銀行>>世界銀行>>世銀>>アイ・ビー・アール・ディ

IMF(International Monetary Found/国際通貨基金)とともに、開発途上国の貧困緩和に向けた努力を支援することを目的として、1944年7月に米国のブレトン・ウッズ(Breton Woods)において45カ国が参加して開催された連合国通貨金融会議(United Nations Monetary and Financial Conferencei n Bretton Woods, New Hampshire/通称ブレトンウッズ会議)において調印されたブレトン・ウッズ協定(Bretton Woods Agreement/IMF協定)に基づいてが決定され、1946年に発足した国際開発金融機関の名称。詳細情報は日本銀行が公開している世界銀行(IBRD)関連資料集のURL(http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/kikan.htm#bb)で知ることができる。一般的には世界銀行として知られている。本部はワシントンにあり、開発途上国の国々における持続的成長、人々の生活水準の向上に資するプロジェクトや構造調整プログラムを実施するために、主に貸付による支援を行っている。また、国際金融公社(IFC)、国際開発協会(IDA)、多数国間投資保証機関(MIGA)、国際投資紛争解決センター(ICSID)の4つの姉妹機関とともに、世界銀行グループを形成している。詳細情報はURL(http://www.worldbank.org/)、または、URL(http://www.mof.go.jp/mdbs/p2002_00.htm)、世界銀行東京事務所についてはURL(http://www.worldbank.or.jp/)で知ることができる。Monica Das Gupta, Helene Grandvoinnet, and Mattia Romani共著による世界銀行のポリシー調査報告書「World Bank's Policy Research Working Paper Series」を公開した。詳細情報はURL(http://econ.worldbank.org/files/24036_wps2969.pdf)で知ることができる。WorldBank(世界銀行)では電子政府関連の情報を「Studies of E*Government」で公開している。詳細情報はURL(http://www1.worldbank.org/publicsector/egov/egovstudies.htm)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年6月17日に、世界銀行のグループが国際的に協調して調整する重要なステップに来ていることを調査したレポート「World Bank Group: Important Steps Taken on Internal Control but Additional Assessments Should Be Made. GAO-03-366」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-366)で知ることができる。World Bank Groupは開発支援における、自然と技術に関するリスクを調査する会議「ProVention Consortium」を開催している。「ProVention Consortium」には、リスク・マネージメントに関する電子図書館も開設している。詳細情報はURL(http://www.proventionconsortium.org/)または、URL(http://www.proventionconsortium.org/risklibrary.htm)で知ることができる。世界銀行環境局(World Bank's Environment Department)は2003年11月に、地球環境保護プログラム(Global Environment Facility Program)の一環とした「気候の変化(Climate Change)」について、Science, Technology, and Public Policy Program Belfer Center for Science and International Affairs John F. Kennedy School of Government Harvard UniversityのDebyani GhoshとAmbuj Sagar、Biomass Energy Technology Applications TERI(The Energy and Resources Institute) and TERI School for Advanced StudiesのV. V. N. Kishoreが調査した「Scaling UP Biomass Gasifier use: Applications, Barriers and Interventions」をPDFで情報を公開した。詳細情報はURL(http://lnweb18.worldbank.org/ESSD/envext.nsf/46ByDocName/ClimateChange)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月17日に、国際交流プログラムの一環として、世界のアーカイブ構築に向けたレポート「International Exchange Programs: Open World Achieves Broad Participation; Enhanced Planning and Accountability Could Strengthen Program. GAO-04-436」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-436)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年4月16日に、発展途上国の経済成長に関するレポート「Developing Countries: Achieving Poor Countries' Economic Growth and Debt Relief Targets Faces Significant Financing Challenges. GAO-04-405」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-405)で知ることができる。Amy GoodmanはAlterNetで、ボストンの国際的なコンサルティング会社でインドネシア、パナマ、エクアドル、イラン、サウジアラビアなどでインフラストラクチャ開発のための莫大なローンを受け入れるように活動し、返済することができなかった巨額の借金と共に、米国政府がコントロールできる世界銀行、その他の米国によって支配された支援組織が、その国を操ってきた「サラ金業者」のようなChas. T. Mainと呼ばれる人の取材によって書かれた、John Perkins著「Confessions of an Economic Hit Man(経済ヒットマンの自供)」から、発展途上国に負債を強要し、いかに米国が超大国になったかを暴いていると書評して、Democracy Now!(今こそ民主主義!)が必要であると訴えた。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/story/21245/)で知ることができる。世界銀行は2005年4月27日に、21世紀を選択できる時代として、カリブ海の開発計画を公開した。詳細情報はURL(http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/COUNTRIES/LACEXT/0,,contentMDK:20468612%7EpagePK:146736%7EpiPK:146830%7EtheSitePK:258554,00.html)で知ることができる。米国のRAND社は2005年7月に、独自にパナマ、エルサルバドル、ソマリア、ハイチ、ボスニア、東ティモール、イラクとアフガニスタンを分析し、293ページの復興再建計画「Establishing Law and Order After Conflict」を公開した。詳細情報はURL(http://www.rand.org/pubs/monographs/2005/RAND_MG374.pdf)で知ることができる。世界銀行が2006年5月20日に、発展途上国の二酸化炭素排出レポート「2006 Little Green Data Book」を公開した。詳細情報はURL(http://siteresources.worldbank.org/INTEEI/936214-1146251511077/20916989/LGDB2006.pdf)で知ることができる。
World Bankは2006年9月に、これまでの活動をデジタルで紹介した「Digitalmedia Center 」を構築した。詳細情報はURL(http://digitalmedia.worldbank.org/)で知ることができる。世界銀行の内部組織である開発研究グループのスタッフVijayendra RaoとMichael Woolcockの2名が、世界銀行は経済ばかりを見て開発を論じることについて非常に厳しい批判の論文「Disciplinary Monopolies in Development Research: A Response to the Research Evaluation Process」を2007年1月に発表した。詳細情報はURL(http://siteresources.worldbank.org/INTPOVRES/Resources/DisciplinaryMonopoly.pdf?resourceurlname=DisciplinaryMonopoly.pdf
)で知ることができる。
World Bankは2007年1月9日に、最新の世界経済見通しとして「Global Economic Prospects 2008: Technology Diffusion in the Developing World」を公開した。詳細情報はURL(http://econ.worldbank.org/external/default/main?pagePK=64167689&theSitePK=4503324&contentMDK=21603882&noSURL=Y&piPK=64167673)で知ることができる。