IBB(International Broadcasting Bureau)

米国国際報道局

Voice of America、Radio Sawa、Radio Farda、Radio Free Europa、Radio Free Asia、Radio/TV Marti、とインターネット放送のWorldNetなど、敵対国、占領国、同盟国などに向けた米国洗脳主義の国際放送を運営している米国国防総省(DOD/Department Of Defence/ペンタゴン)に所属するBBG(Broadcasting Board Governors/米国政府放送管理局)が提供している番組を制作し、提供している国際放送局の総称。詳細情報はURL(http://www.ibb.gov/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年4月28日に、DOD/の段階的修正の必要性を訴えたレポート「Environmental Contamination: DOD Has Taken Steps to Improve Cleanup Coordination at Former Defense Sites, but Clearer Guidance Is Needed to Ensure Consistency. GAO-03-146」と、IT技術のさらなる必要性を訴えたレポート「Information Technology: DOD Needs to Leverage Lessons Learned from Its Outsourcing Projects. GAO-03-371」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-146)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-371)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年7月16日に、米国政府が実施してきた米国国際洗脳放送局の実体経済報告書として「U.S. International Broadcasting: New Strategic Approach Focuses on Reaching Large Audiences but Lacks Measurable Program Objectives. GAO-03-772」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-772)で知ることができる。カナダのCanadian Radio-television and Telecommunications Commissionが2003年12月18日に「放送モニタリング・レポート2003(Broadcasting Policy Monitoring Report 2003--Radio Television Broadcasting Distribution Social Issues Internet)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.crtc.gc.ca/eng/NEWS/RELEASES/2003/r031218.htm)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年2月26日に、米国政府が国際的に提供している各言語を利用した放送に関するレポート「U.S. International Broadcasting: Enhanced Measure of Local Media Conditions Would Facilitate Decisions to Terminate Language Services. GAO-04-374」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-374)で知ることができる。9月11日が近づき、米国政府周辺全体で法案とレポートが多くなって多2004年9月8日に、The 9/11 Commissionのレポートで、デジタルTVに移行するに当たって、Sens McCain(R-AZ)とLieberman(D-CT)が2004年9月7日に提出した、アナログTVで使用していた700MHzの帯域をデジタルTVで使用することを無効にして、緊急連絡用に使用することを提案した法案を推薦した。この法案では2007年1月1日までに公安サービスのために764-776MHzおよび794 806MHzの帯域を割り当てるようにFCCに命令している。さらに法案では、テロリスト攻撃の兆しを一貫して」行うために、都市のエリアの相互運用可能なコミュニケーションを開発するために、FCCと米国国防総省とが共同で母国セキュリティ部を創設する必要を訴えている。法案では、第1の応答者が軍当局および病院を含む様々な実体との相互運用可能なコミュニケーションを持つべきであると提言しています。法案では、さらに議会に潜在的な誘因の評価と同様に、放送メディアを使って外国のイスラム教徒視聴者にその考えを知らせるため、米国政府の戦略に関する報告書をアラビアと他の適切な言語に翻訳し、現在よりはるかに広いイスラム教徒視聴者にそれらのプログラムを提示し、イスラム教界の中で放送されているニュースと公務のプログラムに影響を与えるように米国のキャスターを激励して、関連した予算を大統領に要求している。法案はURL(http://www.cdt.org/security/usapatriot/20040907implement.pdf)でダウンロードできる。Media network Weblogは2004年10月19日に、ベルギーの国際ラジオ「Radio Vlaanderen Internationaal」は英語、フランス語、ドイツ語の放送を2005年3月26日で中止し、オランダのラジオ放送局も国内向けになり、中波と短波ラジオ出力は縮小され、Radio Vlaanderen InternationaalのWebサイトが新しく再発することになると報告した。Radio Vlaanderen Internationaalの管理者Frans Ievenは、国際ラジオはもう旧式の情報提供手段になったと解説している。確かに、戦略的に国際ラジオを利用していた時代は、インターネットの登場で意味をなくしつつあった。詳細情報はURL(http://medianetwork.blogspot.com/)で知ることができる。