IT(Information Technology)2007

2007年の情報技術>>2007年の情報科学>>2007年の情報通信技術>>2007年の情報の知識化>>2007年のイット

connectITnewsは2007年2月7日に、ニューヨークにあるアナリスト企業AMI(Access Markets International) Partners社が公開した、グローバルなITトレンドにおけるSMB(Small and Medium Business)市場トップ10を紹介した。詳細情報はURL(http://www.connectitnews.com/usa/story.cfm?item=437)で知ることができる。
Top 10 IT trends among SMBs
1: 北アメリカで費やすSMBと2007年のJapan Will Surpass Large Business IT Spendin
2: 格納とセキュリティ集合の採用曲線はSMBsを押す
3: SaaS(Software-as-a-Service/ソフトウェア・サービス)業者は代ステージに向かう
4: しっかりした管理サービス
5: アウトソーシングの再来
6: さらに多くの移動性
7:まだ Vistaでない。Vistaは広範囲のSMB使用からまだ12〜18カ月以上後。
8:VoIP統一コミュニケーション
9: チャンネルのために役割変更
10: WebベースOSの戦いが具体化
さらにボーナス予測として、 IT決定法を劇的に変え、ITジェネレーション・ギャップは具体化を上げている。USATodayは2007年3月13日に、National Security ArchiveのTom Blantonが的確に指摘した秘密主義が全体を崩壊し、自滅させると言う事例をリアルワールドと、サイバーワールドで紹介した。この事例は、米国人だから米国という主語を使っているが、そのまま日本に置き換えても何処にも矛盾が起こらない!
私たちの政府がそうしないという主張しているが、情報はアメリカ国民のものです。
テロのこの時代に、反射的な秘密主義は、世界の弊害から私たちを保護することを目指します。
もっとも、実際には、それはまさしく正反対なのかもしれません。
今日、私たちは選択を迫られています。
とくにワシントンでは、多くの職員がレトロな冷戦時代の考え方を持って、私たちの敵と秘密主義を採るように促しています。
インターネット世代に、私たちはもっと分別があるべきです。
コンピュータ・セキュリティの専門家は、ソフトウェアのバグを業者とハッカーだけが知っていて、秘密であるなら、私たち自身のコンピュータを保護しないで、解決策に貢献することができないと言います。
私たちの脆弱性を隠すことができるか?
私たちはそれらを知ることで、修理することができます。
私たちは決して、暗闇では安全でなくなるでしょう。と言っている。それでも政府はテロのこの時代に、世界の弊害から私たちを保護することを目的に、反射的な秘密主義を主張している。詳細情報はURL(http://www.usatoday.com/printedition/news/20070313/oplede13.art.htm)または、URL(http://www.gwu.edu/~nsarchiv/nsa/arc_staff.html)で知ることができる。世界経済に関する非営利団体WEF(World Economic Forum/世界経済フォーラム)は2007年3月28日に、2006年度版「世界IT報告(The Global Information Technology Report)」を発表し、ランキングを公開した。詳細情報はURL(http://www.weforum.org/en/media/Latest%20Press%20Releases/gitr_2007_press_release)または、URL(http://www.weforum.org/en/initiatives/gcp/Global%20Information%20Technology%20Report/index.htm)または、URL(http://www.weforum.org/pdf/gitr/rankings2007.pdf)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年4月27日に、DHS(the Department of Homeland Security/米国国土安全保障省)の情報技術に関するレポート「Information Technology: DHS Needs to Fully Define and Implement Policies and Procedures for Effectively Managing Investments. GAO-07-424」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-424)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年4月27日に、入国審査と税関に関する情報技術レポート「Information Technology: Immigration and Customs Enforcement Needs to Fully Address Significant Infrastructure Modernization Program Management Weaknesses. GAO-07-565」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-565)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年5月4日に、国土安全保障のサポートに使用される多数の連邦政府のネットワークと地方の情報共有に関するITレポート「Information Technology: Numerous Federal Networks Used to Support Homeland Security Need to Be Better Coordinated with Key State and Local Information-Sharing Initiatives. GAO-07-455」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-455)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年5月8日に、Valerie C. Melvinが証言したメディカル・シェアリングのIT技術証言「 Information Technology: VA and DOD Are Making Progress in Sharing Medical Information, but Are Far from Comprehensive Electronic Medical Records, by Valerie C. Melvin, director, human capital and management information systems issues, before the Subcommittee on Oversight and Investigations, House Committee on Veterans' Affairs. GAO-07-852T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-852T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年5月8日に、国土安全保障情報ネットワークの技術管理に関するDavid A. Pownerの証言「Information Technology: Homeland Security Information Network Needs to Be Better Coordinated with Key State and Local Initiatives, by David A. Powner, director, information technology management issues, before the Subcommittee on Intelligence, Information Sharing and Terrorism Risk Assessment, House Committee on Homeland Security. GAO-07-822T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-822T)で知ることができる。総務省が2007年6月18日に、固定通信、移動電話、インターネット接続、法人向けネットワークサービスに関する電気通信事業分野の競争状況に関する2006年四半期データの公表した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/070618_6.html)で知ることができる。経済産業省は2007年6月29日に、ITの進展に伴い出現しつつある新たなITサービスについて、産業の競争力の源泉や社会生活の活力の基盤にもたらすインパクトを可能な限り定量的に把握・分析し、この結果を「新たなIT市場の現状と展望」として公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20070629006/20070629006.html)で知ることができる。イギリスのITPROは2007年7月11日に、IT新人募集コンサルタント業のCV Screenからの最新の情報として、企業で3年働いたIT労働者は新しい役割を最も探し始めると報告した。IT管理者は、彼らが3年のサービスに達するとき従業員を見るべきで、彼らが新しい役割に動く衝動を得る時であると助言してる。CV Screenは、3年後に薄給を知り、キャリアが進むと共に、移動するために長い通勤をする500人のIT労働者を見て、その傾向を知ったと報告している。CV Screenのマネージング・ディレクターMatthew Ivesonは、「評価されないところで、役割として残るように準備されないことにより、従業員がそのように反応していることは、明確です。」「経営者側は、IT部の中のスタッフ保有に苦しまないことを保証するために、個人的な開発計画と定期的な評価を彼らのITスタッフに提供する必要があります。」といっている。しかし、それは仕事に関する問題ではないとも言い、Ivesonは、また、オンライン求職掲示板によって、より目に見えるようにされたよりブルー・ワーカーという考えがそこにはあると言う。スタッフは、IT市場の中で自己の価値を評価することを可能にし、「仕事は、IT給料の上で持ち合わせの情報入手を候補に与えることを、スタッフについて要求します」といっている。そして、熟練したIT労働者不足を考えて、それは経営者側が考えるべきである問題ともいえる。さらに、ITスタッフは、ときに企業の中枢的重要資料と接することもあり、そのスタッフが3年ごとにどんどん替わっていくことになれば、企業情報の漏洩問題にも接することになる。詳細情報はURL(http://www.itpro.co.uk/news/119566/it-professionals-quit-after-three-years.html)で知ることができる。