ITスカベンジャー

IT scavenger


インターネットの登場で新しいブランドが突然上側にランクできるスペースが明らかになり、古いブランドで長年苦しい生活を送った後に、蘇って、そのサービスを買収する傾向が出た瞬間に高騰することもあり、「成り上がり」と、「博打」の世界になり始めていることから、無茶苦茶なビジネスも登場し、大きな問題が起こったときに、不要になったモノを集め、冷静に処理をするIT関連の人の総称。Washington PostのLeslie Walkerが2006年4月3日に、オンライン・トラフィックの最新トレンドは、ソーシャル・ネットワーク、ブログ、ローカル情報に焦点が合わされ、それらのサイトが急増していると報告した。それらのインターネットカテゴリの劇的な成功は市場調査会社ComScore Media Metrixによって提供された、2005年50の先頭のウェブサイトの中で訪問者成長率を調べた最近のオンライントラヒック分析で明らかで、 ComScore Media Metrixのデータによれば、最も上位のサイトが個人的な出版サイトであるBlogger.com、若年層が仮想のしゃれで共有するミュージカルな MySpace.com、何百万人もの人々によって共同で編集されたkipedia、ローカル・ガイドのネットワーク Citysearchで、各サイトへの毎月の訪問者の数は2005年2月と2006年2月を比較すると、Citysearchが185%、 Blogger.comは528%の成長であったと報告している。さらに、トラヒック分析は、インターネットがMySpaceなどのような新しいブランドが突然上側にランクできるスペースであることを示し、また Citysearchなどのように、古いブランドで長年苦しい生活を送った後に、蘇って、そのサービスを買収する傾向が出た瞬間に高騰することもあると報告している。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/04/03/AR2006040301692.html)で知ることができる。もう、こうなるとインターネット・ビジネスは「成り上がり」と、「博打」の世界で、だから、無茶苦茶なビジネスも登場する。マスコミも、先日までしっぽを振っていたのが、突然大攻撃で悪人代官扱いの記事を書く、ところが、詳細を見ると、ほとんど理解していないのが現状で、新聞社がこのような記事を書くときは、すでに古く、こんな状態だから、もっとも必要な人は、もっとも話題になった「ソーシャルネットワーキング」「ブログ*ローカル・ウェブサイト」「Wiki」などの世界で巨額を集めた後に、大きな問題が起こり、空中分解していく企業に対し、それを冷静に処理をする「ITスカベンジャー」の存在といえる。