IT(Information Technology)2006

2006年の情報技術>>2006年の情報科学>>2006年の情報通信技術>>2006年の情報の知識化>>2006年のイット

米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年2月13日に、政府機関のIT関連状況をレポート「Information Technology: Agencies Need to Improve the Accuracy and Reliability of Investment Information. GAO-06-250」を公開し、投資情報の精度と信頼性を改良する必要があると報告した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-250)で知ることができる。また、7つの連邦政府関連機関のメディアに対する財政分担に関するレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-305)で知ることができる。WEF(世界経済フォーラム/World Economic Forum)は2006年3月28日、世界115カ国・地域の情報通信技術整備度について「Global Information Technology Report」を公開し、評価した2005 2006年のランキング「The Networked Readiness Index Rankings 2005」を発表し、米国が1位に返り咲いたと報告した。詳細情報はURL(http://www.weforum.org/site/homepublic.nsf/Content/The+US+regains+first+position+in+the+rankings+of+the+World+Economic+Forum%27s+Global+Information+Technology+Report+2005-2006)、ランキングはURL(http://www.weforum.org/pdf/Global_Competitiveness_Reports/Reports/gitr_2006/rankings.pdf)で知ることができる。経済産業省は2006年3月30日に、2002年12月に公開した「ITスキル標準」改訂し、「ITスキル標準 Version2」を2006年4月1日にURL(http://www.ipa.go.jp/jinzai/itss)で公開すると報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20060329002/20060329002.html)で知ることができる。 経済産業省推進事業として行っているIT経営応援隊(中小企業の経営改革をITの活用で応援する委員会)に設置された「IT経営教科書作成委員会」では、IT経営教科書「これだけは知っておきたいIT経営」及び「IT経営気づき事例集」等をとりまとめ公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20060501001/20060501001.html)または、URL(http://www.itouentai.jp/kyoukasyo/index.html)で知ることができる。IT経営教科書パンフレット「IT経営のススメ」はURL(http://www.itouentai.jp/kyoukasyo/pdf/susume10.pdf)で、IT経営教科書「これだけ知っておきたいIT経営」はURL(http://www.itouentai.jp/kyoukasyo/pdf/kyoukasyo.pdf)で、IT経営の気付き事例集「IT経営の気づき」はURL(http://www.itouentai.jp/kyoukasyo/pdf/jireisyu.pdf)で、IT経営支援マニュアルV1.0はURL(http://www.itouentai.jp/kyoukasyo/pdf/manual.pdf)でダウンロードできる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年5月1日に、紙ベースのイミグレーション資料に関するIT改良レポート「Information Technology: Near-Term Effort to Automate Paper-Based Immigration Files Needs Planning Improvements. GAO-06-375」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-375)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年5月31日に、自動化されたAutomated Commercial Environment Systemは進歩したが、管理に問題があると指摘したレポート「 Information Technology: Customs Has Made Progress on Automated Commercial Environment System, but It Faces Long-Standing Management Challenges and New Risks. GAO-06-580」を公開した。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年6月14日に、次世代の商業ITソリューションに関する報告「 Commerce Information Technology Solutions Next Generation Governmentwide Acquisition Contract. GAO-06-791R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-791R)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年6月23日に、Linda D. Koontzによる国防関連ITの証言「Information Technology: VA and DOD Face Challenges in Completing Key Efforts, by Linda D. Koontz, director, information management, before the Subcommittee on Federal Financial Management, Government Information, and International Security, Senate Committee on Homeland Security and Governmental Affairs. GAO-06-905T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-905T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年7月17日に、 政府機関とOMBは高いリスクプロジェクトを特定した情報技術に関するレポート「Information Technology: Agencies and OMB Should Strengthen Processes for Identifying and Overseeing High Risk Projects. GAO-06-647」と、金融犯罪取締執行ネットワーク「FinCEN's」のBSA Direct R&S(BSA Direct Retrieval and Sharing)プロジェクトの報告「Information Technology Management: Observations on the Financial Crimes Enforcement Network's (FinCEN's) BSA Direct Retrieval and Sharing (BSA Direct R&S) Project. GAO-06-947R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-647)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年7月28日に、情報技術の近代化と弱点に関するレポート「Information Technology: Immigration and Customs Enforcement Is Beginning to Address Infrastructure Modernization Program Weaknesses but Key Improvements Still Needed. GAO-06-823」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-823)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年9月7日に、David A. Pownerが行った「Better Oversee Risky Projects Totaling Billions of Dollars(巨額な海外危険監視プロジェクト)」のためのInformation Technologyについて状況報告を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-1099T)で知ることができる。。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年9月13日に、Keith A. Rhodesによるインターネット・インフラストラクチャ実証報告「 Internet Infrastructure: Challenges in Developing a Public/Private Recovery Plan, by David A. Powner, Director Information Technology management Issues and Keith A. Rhodes, chief technologist, before the Subcommittee on Telecommunications and the Internet, House Committee on Energy and Commerce. GAO-06-1100T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-1100T)で知ることができる。米国のSprint社は2006年11月20日に、携帯電話ユーザーとその生産性の指標となる調査「2006 Sprint Productivity Survey」の結果を発表し、携帯電話所有者のほぼ全員(93%)が、年末の休暇先にも仕事関係の携帯を持参すると回答しているが、73%は「ITのおかげで仕事とプライベートのバランスが取れている」と、67%は「2年前よりも生産性が上がった」と答えている。84%は生産性向上にITは欠かせないと回答。とくに35%は、ITなしでは仕事や生活が成り立たないと答えている。また35%はITがなければ達成できる仕事量が減少すると回答、ITがなくてもほぼ変わらないと答えたのは14%だけであったと報告している。詳細情報はURL(http://www2.sprint.com/mr/news_dtl.do?id=14400)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年12月8日に、米国国防総省の海兵隊イントラネットに関するIT調査レポート「Information Technology: DOD Needs to Ensure That Navy Marine Corps Intranet Program Is Meeting Goals and Satisfying Customers. GAO-07-51」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-51)で知ることができる。Parks Associatesは2006年12月7日に、インターネット・ビデオ・コンテンツ市場予測レポート「Internet Video Revenues to Exceed $7 Billion in 2010」を公開し、2010年にはUS$70億市場になると予測した。ただし、本格化するのは2008年からで、2007年の収入は85%がユーザーによるコンテンツ、テレビ、およびニュースストリームに取り付けられた広告収入になり、2010年にはテレビ番組と映画のダウンロード・レンタル・サービスが総収入の40%になると予測した。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/press/press_releases/2006/internet-video2.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年12月15日に、連邦政府の情報収集に関するレポート「Federal Information Collection: A Reexamination of the Portfolio of Major Federal Household Surveys Is Needed. GAO-07-62」と、情報技術に関するレポート「Information Technology: Status and Challenges of Employee Exchange Program. GAO-07-216」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-62)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-216)で知ることができる。国土交通省が2006年12月27日に、2005年10月から2006年3月までの「ソフト系IT産業の実態調査」を公開した。詳細情報はURL(http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/02/021227_.html)で知ることができる。


GAOが2006年2月13日に公開した、政府機関のIT関連状況をレポート
7つの連邦政府関連機関のメディアに対する財政分担に関するレポート
The Networked Readiness Index Rankings 2005
「Global Information Technology Report」Contents
「Global Information Technology Report」Preface
「Global Information Technology Report」Summary
これだけは知っておきたいIT経営公開のリリース
GAOが2006年5月1日に公開した、紙ベースのイミグレーション資料に関するIT改良レポート
GAOが2006年5月31日に公開した、自動化されたシステムの進歩と管理に関するレポート
GAOが2006年6月14日に公開した、次世代の商業ITソリューションに関する報告
GAOが2006年6月23日に、Linda D. Koontzによる国防関連ITの証言
GAOが2006年7月17日に公開した、 政府機関とOMBは高いリスクプロジェクトを特定した情報技術に関するレポート
GAOが2006年7月17日に公開した、金融犯罪取締執行ネットワーク「FinCEN's」のBSA Direct R&Sプロジェクトの報告
GAOが2006年7月28日に公開した、情報技術の近代化と弱点に関するレポート
GAOが2006年9月7日に公開した、David A. Pownerが行った「Better Oversee Risky Projects Totaling Billions of Dollars」のInformation Technology状況報告
GAOが2006年9月13日に公開した、Keith A. Rhodesによるインターネット・インフラストラクチャ実証報告
Sprint社が2006年11月20日に公開した「2006 Sprint Productivity Survey」の結果
GAOが2006年12月8日に公開した、海兵隊イントラネットに関するIT調査レポート
Parks Associatesが2006年12月7日に公開したインターネット・ビデオ・コンテンツ市場予測グラフ
GAOが2006年12月15日に公開した連邦政府の情報収集に関するレポート
GAOが2006年12月15日に公開した情報技術に関するレポート
国土交通省が2006年12月27日に公開した、2005年10月から2006年3月までの「ソフト系IT産業の実態調査」