IS(Information Science)

情報科学

「言語学」「数学」「哲学」「倫理学」などの伝統的な学問から、従来の個別科学を統合する共通概念としての「情報」に着目し、「情報」というものとして見えないものを科学的に分析し、その動向や技術的調査などを研究する学問で、情報科学は自然科学だけではなく「人文」「社会科学」なども包含する学際的な総合科学分野として発展し、あらゆる学問分野間の相互作用の中から、単なる技術・知識を越えた新しい知の地平を切り拓くことを可能にする学問分野として位置づけられ、コンピュータ技術を中心とした情報技術の発展、普及にも大きく影響する学問分野として、また情報が政治、経済、科学などにとって必須になり始め、注目されるようになっている。情報科学の開拓は、新時代の規範となる先端的かつ学際的教育研究環境の創出し、同時に新時代を主導する人材を育成することが可能になる学問として注目されている。

情報科学技術協会(INFOSTA/Information Science and Technology Association Japan)のURL(http://www.infosta.or.jp/)
情報科学芸術大学(Institute of Advanced Medias Arts and Sciences)のuRL(http://www.iamas.ac.jp/)
社団法人環境情報科学センター(Center for Environmental Information Science)のURL(http://www.ceis.or.jp/)
NAIST [情報科学研究科(Granduate School of Information Science)]のURL(http://isw3.naist.jp/home-ja.html)
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科のURL(http://www.jaist.ac.jp/is/index-jp.html)
東北大学大学院情報科学研究科のURL(http://www.is.tohoku.ac.jp/index-j.html)
ロイターは2008年1月30日に、ロンドン・ビジネス・スクールのレオナルド・バベルマン教授(London Business School professor Leonard Waverman)が世界の情報通信活用ランキングとして30カ国を対象にした「Connectivity Scorecard」を2008年1月30日にNokia Siemens Networkから発表したと報告した。
「Connectivity Scorecard」は、政府、ビジネス、および消費者が社会的で経済の繁栄を高めるため、今日の情報経済を応援する銅線、光ファイバー線、携帯電話、およびPCなどの接続性技術を利用する範囲を測定している。
調査研究では、ほとんどが広帯域ネットワークで弱い用法のため、すべての国で改善の余地があることを示して、最も多くICTの利益を得た上位の米国を含む全てが、10のうちの7未満であると評価されたと書いている。
また、研究として。「これらの結果は国がどう接続性を測定して、可能にするかを再考することによって経済的利益におけるUS$何千億を増加する機会を示します。」と書かれている。
つまり、情報通信の効率的活用が不十分であると分析している。

Following are the ratings for ''innovation driven economies'' measured in the study, scale 1-10.(格付けが研究、スケール1-10で測定された「革新駆動の経済」)
米国(UNITED STATES)--- 6.97
スウェーデン(SWEDEN)--- 6.83
日本(JAPAN)--- 6.80
カナダ(CANADA)--- 6.50
フィンランド(FINLAND)--- 6.10
イギリス(BRITAIN)--- 6.10
オーストラリア(AUSTRALIA)--- 5.93
ドイツ(GERMANY)--- 5.52
フランス(FRANCE)--- 5.07
韓国(SOUTH KOREA)--- 4.78
香港(HONG KONG)--- 4.46
イタリア(ITALY)--- 3.85
スペイン(SPAIN)--- 3.56
ハンガリー(HUNGARY)--- 3.18
チェコ共和国(CZECH REPUBLIC)--- 3.11
ポーランド(POLAND)--- 2.18

Following are indexes for ''efficiency and resource driven economies'', scale 1-10, but not comparable with indexes for innovation-driven economies.(「効率とリソースの駆動経済」のためのインデックス、革新駆動経済のためのインデックス1-10、しかし、匹敵しないスケールもある。)
ロシア(RUSSIA)--- 6.11
マレーシア(MALAYSIA)--- 5.82
メキシコ(MEXICO)--- 4.37
ブラジル(BRAZIL)--- 4.28
南アフリカ(SOUTH AFRICA)--- 4.11
中国(CHINA)--- 3.42
フィリピン(PHILIPPINES)--- 2.38
インド(INDIA)--- 1.68
ナイジェリア(NIGERIA)--- 1.01
(Reporting by Tarmo Virki; Editing by Michael Urquhart)詳細情報はURL(http://www.reuters.com/article/technologyNews/idUSL2957064020080130)または、URL(http://www.nokiasiemensnetworks.com/global/IndustryThemes/ConnectivityScorecard/ConnectivityScorecard.htm)で知ることができる。