HealthPoint

ヘルスポイント

オーストラリア第2位のオプタス(Optus)社が1997年9月から開始した、パソコンを端末に健康保険の直接請求などが行える健康保険関連ネットワークサービスの名称。従来はHIC(連邦政府の健康保険担当局)が行っているメドクレームで実施されていたが、一部の医療機関でしか利用できなかった。HealthPointは、メドクレームに加え、多くの銀行やクレジット会社が採用している「エフトポス端末」でも提供され、モデムとレーザー・プリンタも設置され、オーストラリア内の一般の病院や眼科などで広く利用できるようになる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年10月31日に発表した、医療の選択の自由に関するHMOの現状をレポートした「Medicare+Choice: Selected Program Requirements and Other Entities' Standards for HMOs. GAO-03-180」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-180)で知ることができる。