HIPPA(Health Insurance Portability and Accountability Act)

医療保険の携行と責任に関する法

米国で2003年6月に発効された医療情報の電子化の推進とそれに関係するプライバシー保護やセキュリティ確保について定めた法律の名称。
PaidContentは2008年6月25日に、多くの人々がオンラインでカルテを保存するようにうながすように設計されたサービスに対し、 Microsoft、Googl、WebMD、MedicAlert、AARP、コンシューマリポーツ出版社消費者連盟(Consumer Reports publisher Consumers Union)、BlueCross BlueShield、および他の保険会社を含んだ企業は、Markle Foundationが制作した患者の情報を保護するためにプライバシー規格のドラフトに合意したと報告した。
Markle Foundationが制作した患者の情報を保護するためにプライバシー規格のドラフトの概要は、
*データ用法の追跡に関する監査
*不正アクセス、使用、およびデータ破壊を保護する安全装置
*仕事などで、差別する情報の使用禁止
*記録の管理における実体で、原則を実行する責任を負わせる保証
今までのところ、消費者はPHRs(personal health records/電子健康管理歴)の採用は遅れている。
Markle Foundationは、610万人の大人達だけが、彼らの記録を支持していると報告した。
しかし、PHRsは理論的に、より容易に新しい医師と専門家と自分達の病歴を共有することを可能になり、彼らの情報でより大きい支配力を患者に与えると分析している。
ただし、厳しい罰則規定がないと、非常に危険と言える。
なぜなら、これまでにコンピュータとネットワークには、バグが常識であり、恐ろしいほどの個人情報が漏洩している現実がある。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-microsoft-google-and-others-agree-to-electronic-health-records-standard/)または、URL(http://www.connectingforhealth.org/)または、Markle Foundationが制作した患者の情報を保護するためにプライバシー規格のドラフトはURL(http://www.connectingforhealth.org/phti/docs/cc-common-framework.zip)または、URL(http://uk.reuters.com/article/healthNews/idUKN2546617120080625?feedType=RSS&feedName=healthNews)または、URL(http://cyber.law.harvard.edu/projectvrm/VRMworkshop)または、URL(http://www.linuxjournal.com/content/patient-platform)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10232)で知ることができる。


電子健康記録
e-Health
Digital Angel
CIS(Clinical Information System)
911-STAT
電子カルテ
マイケアー・カードタイプ
Health Accounts
薬歴手帳
あらゆる赤ちゃんの生涯記録データ
生活習慣病監視ネットワーク・システム
心電図チェック・サービス
在宅健康監視装置 1000シリーズ
在宅ケア支援システム
検体集配サービス支援システム
看護診断支援システム
テレメディシン
病院情報システム
日本インターネット医療協議会
ハイパー・ホスピタル
病院・診療所連携管理システム
病々連携ネットワークシステム
Grid、P2P、分散コンピューティングに関するURL
ME
双方向テレビ
マイクロサージャリー
コンピュータ外科
医療情報検索システム
双方向メディア
心電図チェック・サービス
ハイパー・ホスピタル
エイティ80
プライバシー情報管理システム
情報鎖国空間の病院
米国の健康管理関係のURL
健康情報オン・デマンド/健康管理
健康情報オン・デマンド/予防医学
健康情報オン・デマンド/緊急医療
健康情報オン・デマンド/ボランティア
健康情報オン・デマンド/医療関係者用情報
健康情報オン・デマンド/その他
遠隔手術
医療用画像情報システム
個人情報の流出
個人情報の流出年表
個人情報の流出年表2000
個人情報の流出年表2001
個人情報の流出年表2002
個人情報の流出年表2003
個人情報の流出年表2004
個人情報の流出年表2005-1
個人情報の流出年表2005-2
個人情報の流出年表2006
個人情報の流出年表2008
個人情報の流出年表2007
会員名簿ネット流出
指紋による本人認証
2000年1月以降のサイト攻撃
2001年1月以降のサイト攻撃
2002年1月以降のサイト攻撃
2003年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
2004年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
2005年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
2006年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
2007年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
2008年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
バイオメトリックス
バイオメトリックス・パスポート
バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム
誰が本当のビッグ・ブラザーか?
アイリス認識システム
指紋による本人認証
指紋認証アルゴリズム
人間の顔を認識した個人認証
米国内の通信改革法案
旅客機用AV
生体認証
ICパスポート導入反対声明
RFID
European RFID Testing & Solution Center
RFID(Radio Frequency Identification)タグ/2005年
RFID(Radio Frequency Identification)タグ/2006年
DHT(Distributed Hash Tables)
CIP(Customer Identification Program)
Microsoft HealthVault
無線環境は、病院を救えるか?!