Googleコンテンツターゲット広告

Google Content-Targeted Advertising


米国のGoogle社が従来の「アドワーズ広告」を強化し、広告主が効果的に顧客を獲得できるように、キーワード・ターゲット技術を利用して提供すると2003年3月5日に正式発表した、Google社提携サイト上で「Google」がWebページの内容を判断し、自動的に関連のある広告を表示するプログラムの名称。詳細情報はURL(https://adwords.google.co.jp/select/overview.html)または、URL(https://adwords.google.com/select/ct.html)または、URL(https://adwords.google.com/select/ct_faq.html)で知ることができる。
米国のヤンキーグループ(Yankee Group)は2003年9月22日に、PVR(Personal Video Recorder)として、ハードディスク・レコーダーなど新しい技術の波が到来したことにより、広告収入を前提としたテレビ産業に大変動が起こり、テレビのスポット広告が消える可能性があることから、「New Technology Threatens to Undermine the Value of Television Advertising」というレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.yankeegroup.com/public/news_releases/news_release_detail.jsp?ID=PressReleases/news_09222003_mes.htm)で知ることができる。
ただし、広告量(広告料)の絶対量は削減されないことから、それまでテレビが独占してきた広告がどこかに流れることになる。そこで注目されるのが、これまで不安視されてきたインターネットの広告や企業のWebサイト構築に向けられる可能性は高いといえる。米国のメディアと広告の実情についてPDFで公開されました「Fact Pact 2004 (via Ad Age)」がURL(http://www.adage.com/images/random/FactPack2004.pdf)で、また個別として2003年度版米国の新聞と広告の「Facts About Newspapers 2003 (via Newspaper Association of America)」はURL(http://www.naa.org/info/facts03/index.html)で、カナダの新聞広告データベースの「Canadian Newspapers Facts Database (Canadian Newspaper Association)」はURL(http://www.cna-acj.ca/client/cna/ult.nsf/CnaSearch)で、米国のラジオ広告2003〜2004年の「Radio Advertising: 2003-2004 Marketing Guide and Fact Book (via Radio Advertising Bureau)」はURL(http://www.rab.com/station/marketing_guide/rmgfb2004.pdf)で、米国のテレビ広告調査センターの「Television Advertising: Research Central (via Television Bureau of Advertising)」はURL(http://www.tvb.org/rcentral/index.html)で、米国のCATV広告2004の「Cable Television Advertising: 2004 Cable TV Facts (via Cabletelevision Advertising Bureau)」はURL(http://www.cabletvadbureau.com/02facts/FactsIntro.htm)で知ることができる。
国際的な保険・資産管理企業であるフランスのAXA社はGoogleに対し、AXA社を検索すると広告サービス「AdWords」がライバル会社の広告を表示できるようなシステムを打ち切るように要求し、フランスの裁判所に商標権侵害で「Google」を訴えた。また、かばんメーカーとして世界的に有名なLouis Vuittonもフランスで「Google」を訴えている。
broadcastingcable.comは2004年5月26日に、2004年度第1四半期の米国におけるTV広告は10.2%上昇し、US$11,182,931,600になり、ネットワークTVは第2番目の10.4%の上昇率を記録し、US$6,174,535,800、ローカルTVは8.7%の上昇率でUS$4,060,594,200であったと報告した。広告が増えたのは健康関連、不動産、自動車、自動車販売、家具、レジャー関連などで、とくに日本の自動車産業日産、ホンダ、トヨタがトップ3を記録し、落ち込んだのは情報通信関連、食品関連、レストラン関連であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA421298?display=Breaking+News&promocode=SUPP)で知ることができる。
IBM主催Search Engine Watch Forumsのセミナーで、「Second Search and Collaboration Seminar 2004」で、GoogleのAmit Singhal(Senior Research Scientist)が使った「Challenges in Running a Commercial Search Engine(商用検索エンジンの挑戦)」のプレゼンテーション資料(3.5MB;PDF)が公開された。詳細情報はURL(http://www.research.ibm.com/haifa/Workshops/searchandcollaboration2004/papers/haifa.pdf)で知ることができる。
電通は2005年2月17日に、2004年の国内広告市場調査結果を発表し、2004年の国内総広告費は前年比3.0%増の5兆8571億円で、テレビが2兆436億円(前年比4.9%増)、新聞も1兆559億円(前年比0.6%増)、雑誌は3,970億円(前年比1.6%減)、ラジオも1,798億円(前年比0.7%減)で、インターネット広告費は1,814億円(うちモバイルは180億円)となり、前年比53.3%増の大きな伸びを見せ、総額で初めてラジオを上回ったと報告した。また、マスコミ4媒体の広告制作費は3,383億円(前年比3.0%増)で、SP広告費は1兆9,561億円(前年比0.7%増)、衛星メディア関連広告費は436億円(前年比4.1%増)であった。詳細情報はURL(http://www.dentsu.co.jp/news/release/2005/20050060217.html)または、URL(http://www.dentsu.co.jp/news/release/2005/pdf/2005006-0217.pdf)で知ることができる。
米国のMEC(MarketingExperiments.Com)は2005年8月2日に、Clicks2Customers.comと共同で10日間にわたって行なわれた調査により、GoogleのPPC(Pay Per Click)広告のすべてのトラフィックのうち29.5%がクリック詐欺によるものであるとの調査結果を発表した。 詳細情報はURL(http://www.marketingexperiments.com/)で知ることができる。
経済産業省は2005年8月27日に、「コンテンツビジネスアジア連携研究会報告書について アジアの時代に向けた協力の方向 」を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20050826004/20050826004.html)で知ることができる。
AdAgeは2005年11月14日に、世界の広告市場トップ100「AD AGE GLOBAL MARKETING REPORT 2005---Top 100 Marketers Spend $94 Billion」を公開した。詳細情報はURL(http/:/www.adage.com/news.cms?newsId=46667)または、URL(http://www.adage.com/images/random/globalmarketing2005.pdf)で知ることができる。
Pew Internet & American Lifeはサーチ・エンジンの2005年11月レポートを公開し、サーチ・エンジン使用は、主要なインターネット・アプリケーションとして昨年と比較して急上昇し、サーチ・エンジンは、米国のインターネット・ユーザーのオンラインでますます重要な部分になり、ごく最近のcomScore Media Metrixの消費者調査結果から、約6,000万人の米国の大人が典型的にサーチ・エンジンを使用していることを示したと報告している。集計された調査結果は、2004年中頃ではサーチ・エンジン利用者が30%であったのが、2005年9月には41%と急激な増加を示し、これは平均毎日サーチ・エンジンを使用している数が2004年6月の約3800万から2005年9月に約5900万まで成長したことを示し、別途調査した comScore データでは、2004年9月から2005年9月までのサーチ・エンジンの一日平均使用が4930万人のユーザーから6070万人のユーザーと23%も増加していたとも報告し、この結果から、サーチ・エンジンの活用法が、主要なインターネットとして利用されてきた電子メールににじり寄っていることを意味している。しかし、The Pew Internet Project dataによれば、インターネットの毎日の利用で電子メールはまだ一番上位で、2004年6月の45%から、約52%の米国インターネット・ユーザーは、電子メールを毎日送受信していると報告している。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/167/report_display.asp)または、URL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_SearchData_1105.pdf)で知ることができる。
社団法人日本広告主協会Web広告研究会は2005年11月28日に、ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが実施した「ブログ書き込み調査」と「消費者メディア調査」の研究結果を公表した。 詳細情報はURL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112801.pdf)または、URL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112802.pdf)で知ることができる。
Center for Media Researchは2006年5月7日に、comScore qSearch dataとNielsen//NetRatings AdRelevance, sponsored links by industry in March, 2006からの情報を元にした、GoogleとYahooの検索エンジンについて2005年3月と2006年3月の比較レポート「Sponsored Clicks Increasingly Important」を公開した。サーチエンジンの総合比較では、Googleが2005年3月の2,013から2006年3月の2,736と35.9% の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の1,460から2006年3月の1,578と8.1%の上昇にとどまり、スポンサー付きの検索では、Googleが2005年3月の968から2006年3月の1,448と49.6%の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の726から2006年3月の942と29.8%の伸びであった。
スポンサー付きの検索の割合では、Googleが2005年3月の48.1%から2006年3月の52.9%と4.8 ptsの上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の49.7%から2006年3月の59.7%と10.0 ptsも伸た。また、スパンサー・サイトのクリックでは、Googleが2005年3月の196から2006年3月の322と64.0%の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の139から2006年3月の180と29.9%の伸びで、スパンサー・サイトのクリック率では、Googleが2005年3月の9.7%から2006年3月の11.8%と2.0 ptsの上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の 9.5%から2006年3月の11.4%で1.9 ptsの伸び率で、GoogleとYahooではほとんど差がなかったと報告した。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060505)で知ることができる。
米国の広告協会AAF(the American Advertising Federation)は2007年2月6日に新しい調査報告書「The AAF Media Investment Survey 2007」を公開し、米国企業の約90%は、テレビゲームや仮想共同体のようなニューメディアに広告を出すために、マーケティング予算の一部を使用し始めていると報告した。AAFは多くのメディア選択が利用可能になったことから、多くの企業はテレビからシフトし、新聞はひどく減退している流通が欠点になり、雑誌、および特に新聞が急下降していると報告している。応答者の12%以上は、予算の最大40%を実験とニューメディアに費やすと言い、応答者の約半分が最も革新を必要とするメディア・カテゴリとして新聞をんだ。そして、出版社は、ブログとビデオなど、より多くのコンテンツでオンラインの存在を強化したと報告している。詳細情報はURL(http://www.aaf.org/news/press20070206_01.html)で知ることができる。
かわいらしい声で、「クッキーが食べたいの!」と言う声が聞こえてくる。
しかし、インターネット業者が言う「クッキーが食べたいの!」は、少し意味が違うとD|All Things DigitalでL. Gordon Crovitzが2008年5月5日に「Internet Says: 'Me Want Cookie'」を公開した。
インターネット業者がかわいらしい声で言う「クッキーが食べたいの!」は、人々がオンラインでどこに行くかを追跡する小さいテキスト・ファイルのことである。
私たちの人生に関する詳細がますますオンラインで知ることのできるときさえ、Webサイトはこの情報がどのように、なぜ使用されているかを説明することで、不十分な仕事をしている。
Webに関するプライバシーへのリスクは、より賢い自己規制と連邦取引委員会による脅かされた新しい規則の間で競争をしている。
Webを築き上げるのにかかわる人々は、デジタル文化の開放性を正しく誇りに思っている。
大部分は、インターネットの成長に主要で、クッキーが害を全く引き起こさないと考えて、多くのWebユーザーは、彼らの個人情報はどう使用され、使用されないかが分からないと感じている。
人々を再保証できないなら、すぐいつか私たちがクッキー(Cookie)用の瓶で監視委員が試していない手を見つけるつもりであるという本当のリスクがそこには隠されていると訴えている。詳細情報はURL(http://voices.allthingsd.com/20080505/internet-says-me-want-cookie/)で知ることができる。
つまり、まだ「クッキー(Cookie)」は完全に解明されていないし、個人情報を探り当てる可能性が多く含まれたまま解放しようとしていると言うことである。
インターネット広告が、これからさらに進化するとき、もっとも大きな話題になる可能性があるのは、「おいしいクッキーの食べ方」という「料理教室」かもしれない。
まさに、幻想の世界を隠し持った「Magic Cookie」なのである。
プライバシー問題として、以前から大きな話題になってきた「Magic Cookie」が隠れた社会でうごめき始めている。
一部には、ダイエット・クッキーとして売り出されているものもあるが、クッキーで痩せられるはずもない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9691)で知ることができる。


Google
Google/2004年
Google/2005年
Google/2006年
Google/2007年
GSA(Google Search Appliance)
アドワーズ広告
AdSense
AdSense API
Google中毒
Google Hacks
Google Programming Contest
Google Dance
Google Programming Contest
Richard EskinsのDo you Google?
Froogle
サーチ・エンジン
サーチ・エンジン/2001年1月1日-2003年12月31日
サーチ・エンジン/2004年1月1日-2006年12月31日
サーチ・エンジン/2007年1月1日-2009年12月31日
サーチ・エンジンのURL
全文検索ソフトウェアシステム
リストとリンク集のあるホームページ
映画関連のホームページ
芸能関係のページ
goo
Yahoo!
Dogpile
HotBot
RCAAU
Spider
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
Alexa Internet
SODA
TOP 5% of ALL WEB SITES
アニメ関連のホームページ
VoiceSync
AltaVista Search Intranet Private eXtension
Yahoo!JAPAN
CD-ROM検索エンジン
MHTML(Multilingual HTML)
E.S.P.(Extra Search Precision)
The Book In Time
MetaDoor
フレッシュアイ
極大単語索引方式
AltaVista Discovery
The Weather Underground
Express by Infoseek
新聞記事の公共性と著作権
レコメンド・サービス
HAYATE
富山県立近代美術館裁判
DDCD
取扱店サーチシステム
Contact Assist
ラナム法
Opera
フィルタリング・システム
cybersquatting
File Not Found 404
TEOMA
ローテク・ハイコンセプト・テロ
HyperBee
サーバーモンキー
WiseNut
分散コンピューティング
OMG
SETI@home
分散システム/インターネット運用技術研究会
Virtual Supercomputer
Grid Engine Project
cell computing
I-Grid
Grid
7回の愚かな調査の失敗
SEO(Search Engine Optimization)
Creative Commons
地図関連のURL
Multi-University Research Laboratory
All the web
namazu project
ページランク
Open find
GGF(Global Grid Forum)
有料コンテンツ
ACSI(American Customer Satisfaction Index)
画像検索
中国インターネット・アクセス規制チェック
アドワーズ広告
エモーショナル・マーケティング
韓国インターネット住所資源管理法案
インターネット・ロボット
インターネット・ロボット関連のURL
ディレクトリ型検索エンジン
ロボット型検索エンジン
映画ダウンロードサービス
Censorship
HyperBee
メール・チェック中毒
自由利用マーク
EYEマーク
ブログ
知的情報検索センター
アカウンタビリティ
PPCSE(Pay Per Click Search Engine)
ターゲティング広告
ヨーロッパ、オンライン広告の夜明け
KW Map
Marketing Console
オンライン・コンテンツ
コンテンツ
P4P
SEOチャレンジ
文中広告
SEMPO Japan
SEM(Search Engine Marketing)
Google Print
Google Zeitgeist
Google Suggest
Google Mini
Googleツールバー
有料リスティング広告
World Digital Library plan
Google Click-to-Call
広告ツールとしてのブログ
ブログ
ブログ2004年
ブログ2005年
ブログ2006年
ブログ2007年
ネット・ユートピア思想
C3 Vision(cortically coupled computer vision system)
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
「一語」検索クエリ
Visual Google
ネット価格基本方程式
Robot Hall of Fame
クリエイティブ産業
Google Site Search
マイクロソフト・アドバタイジング
JAPAN国際コンテンツフェスティバル