Guardian、失踪した子供の名前「Madeleine McCann」をGoogleで購入!


Journalism.co.ukは2008年8月8日に、イギリスの一流新聞「The Guardian 」が失踪した子供の名前「Madeleine McCann」のキーワードをGoogleから間違って購入していたことを認めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/532081.php)で知ることができる。
バージニア工科大射撃事件の広告スポンサーはどこ?でも書いたが、アクセス数競争がとんでもない犯罪に手を染めることになる、詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=5908)で知ることができる。
Googleで彼女の名前を検索をしたとき、誤ってキーワードを購入することによって、マドレーヌの失踪に関する新聞記事にリンクした結果に関するコラムが現れた。
「The Guardian 」は、現在、リンクを降ろして、それが所有しているキーワードのリストを再検討した、とGuardianのマーケティング担当重役のマーク・サンズ(Marc Sands)はJournalism.co.ukに言っている。
「The Guardian 」がキーワード「Madeleine McCann」を購入していることについて、 Telegraph Media GroupのJustin Williamsの個人的なブログで、無茶苦茶であると指摘している。詳細情報はURL(http://www.countervalue.com/2008/08/07/how-low-will-the-guardian-sink-with-search-engine-marketin/)で知ることができる。
現在もキーワード「Madeleine McCann」をイギリスのスキャンダル新聞として有名な「Mirror」がGoogleから購入して所有し、「Cristiano Ronaldo」などのようなスキャンダルなキーワードを「Sun」と「Times」がGoogleから購入して所有していると報告している。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/531997.php)で知ることができる。
Googleも、どこに何を売るかを考えないと、今後さらに大きな問題に発展することになるだろう。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10654)で知ることができる。
2008年8月12日にCenter for Media Researchは、PEW Internetによる典型的な日にサーチ・エンジンを使用するインターネット・ユーザーの割合を調査した結果を紹介し、2002年にはすべてのユーザーの約3分の1であったが、着実に上昇して49%の新記録になったと報告している。
典型的な日にサーチ・エンジンを使用する人の数は、典型的な日に電子メールを使用する60%のインターネット・ユーザーに近づいている。
時間がたつにつれて急騰を強調し、典型的な日に探すインターネット・ユーザーの割合は2002年から、2008年5月までに69%成長した。
同じ6年間で、典型的な日のメールの使用は15%の成長率で、52%から60%に上昇した。
新しい数字が推進するこれらは他のポピュラーなインターネット活動のずっと前に、さらにパックから探されている。
このチャートは「昨日」の活動におけるインターネット・ユーザーの割合を示している。
このような追跡調査では、「典型的な日」にオンラインであることを示している。
30%のインターネット・ユーザーは、「典型的な日」はオフラインであった。
毎日のインターネット活動(「典型的な日」にこれをするインターネット・ユーザーの割合)
Email(電子メール)---60%
Online search(オンライン検索)---49%
Check news(ニュースのチェック)---39%
Check weather(気象チェック)---30%
Research hobby(趣味の研究)---29%
Surf web for fun(おもしろ半分にWebサーフィン)---28%
Visit social Networking site(ソーシャル・ネットワーキング・サイトの訪問)---13%
Source: Pew Internet & American Life Project, August, 2008
より高いレベルの教育を受けたインターネット・ユーザーほど、「典型的な日」に検索を多く使用していた。
大学卒---66% 以上
大学卒と同程度---49%
高卒---32%
Source: Pew Internet & American Life Project, August, 2008
ただし、自分が検索を多く使用していたから、高卒でも大学卒と同程度と言う考えは、間違いです。
より高い収入の家庭に住んでいるインターネット・ユーザーは、「典型的な日」に低い収入の人より検索を多く使用していた。
年収US$5万より高くなると、検索を多く使用していた。
年収US$75,000以上---62%
年収US$50,000 - 74,999---56%
年収US$30,000 - 49,999---34%
年収US$30,000以下---36%
Source: Pew Internet & American Life Project, August, 2008
ただし、自分が検索を多く使用していたから、年収が低いのは世の中が間違っているという考えは、本人が間違いです。
家庭でブロードバンド接続を使用する人と、家庭でダイヤルアップを使用する人でこれまでにサーチ・エンジンを使用したことがある人の割合は、94%と80%であった。
しかし、家庭でブロードバンド接続を使用する人は、家庭でダイヤルアップを使用する人よりサーチ・エンジンを多く使用していた。
家庭でブロードバンド接続---58%
家庭でダイヤルアップ---26%
Source: Pew Internet & American Life Project, August, 2008
最近5年間の調査では、最後の5年間の調査研究の上では、より若いインターネット・ユーザーほど、「典型的な日」に一貫して検索を多く使用していた。
年齢:18 - 29歳---55%
年齢:30 - 49歳---54%
年齢:50 - 64歳---40%
年齢:65歳以上---27%
Source: Pew Internet & American Life Project, August, 2008
ただし、自分が検索を多く使用していたから、精神年齢が若いというのは調査結果が出ていません。
今までにサーチ・エンジンを使用したことがあると答えた男女比は、男性(91%)と女性(88%)でほとんど同じであった。
しかし、インターネットを使用する男性は女性より、「日常生活」で検索を多く使用していた。
男性---53%
女性---45%
Source: Pew Internet & American Life Project, August, 2008
Pew Internet Projectがサーチ・エンジンを追跡したのは2回目で、典型的な日に検索するインターネット・ユーザーの数が着実に上昇していた。
2005年の最初の調査は、「典型的な日」に検索するユーザーの割合がメディア報道とサーチ・エンジン騒音の結果と考えられ、2004年6月の30%から、2005年9月に40%へ上昇していた。
現在、「典型的な日」に検索するユーザーの割合は、再び40%から49%に上昇した。
*サーチ・エンジンを使うことで、ほとんどあらゆるコンテンツの豊富なWebサイトを高い値で実行しているサイト特有を見つける期待。
*ブログ、ニュースサイト、画像、およびビデオ・アーカイブの増加している量で、主要なサーチ・エンジンだけではなく、インターネット・ユーザーはWebコンテンツ、個人的なWebサイトで、個々のサイトのエンジンを捜すことができる。
*米国の55%の家庭は完全に、高速インターネット接続があるという事実。接続環境は、「典型的な日」にサーチ・エンジンを使用するユーザーの傾向と関係が最も強い。
*最終的に、サーチ・エンジンサイトが非常に役に立って、よく調整されるようになり、人々はますます質問の広い領域で、変化している。
これで明確なのは、サーチ・エンジンで目的の情報が、正確に探せることが最も重要だと言うことです。
最近は、SEO(Search Engine Optimization)が、目的の情報ではないものを選ばせ、検索結果に表示させるようになっている。
もしかすると、サーチ・エンジンを殺すのは、SEO(Search Engine Optimization)になるかもしれない。
現行情報を見つけるためのオンライン検索の使用(インターネット・ユーザーの反応率)
Response Date(応答日):2008年5月19日
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):89%
Did Yesterday(昨日実施):49%
Have Not Done This(実施なし):10%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):*
Response Date(応答日):2006年12月
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):91%
Did Yesterday(昨日実施):41%
Have Not Done This(実施なし):9%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):1%
Response Date(応答日):2006年8月
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):88%
Did Yesterday(昨日実施):42%
Have Not Done This(実施なし):11%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):*
Response Date(応答日):2005年11月/12月
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):91%
Did Yesterday(昨日実施):38%
Have Not Done This(実施なし):9%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):1
Response Date(応答日):2005年9月
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):90%
Did Yesterday(昨日実施):41%
Have Not Done This(実施なし):9%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):*
Response Date(応答日):2004年5月/6月
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):84%
Did Yesterday(昨日実施):30%
Have Not Done This(実施なし):16%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):*
Response Date(応答日):2003年6月
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):89%
Did Yesterday(昨日実施):31%
Have Not Done This(実施なし):10%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):1%
Response Date(応答日):2002年1月
Total Have Ever Done This(今までにしたことがある合計):85%
Did Yesterday(昨日実施):29%
Have Not Done This(実施なし):14%
Don't Know/ Refused(知らない/拒否):1%
Source: Pew Internet & American Life Project, August, 2008
詳細情報はURL(http://www.mediapost.com/blogs/research_brief/?p=1771)または、URL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/258/report_display.asp)または、URL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_Search_Aug08.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10677)で知ることができる。


アドワーズ広告
AdSense
AdSense API
虚報
誤報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
虚報/2008年
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作/2005年-1
情報操作/2006年
情報操作/2007年
情報操作/2008年
風説の流布
スカベンジャー
メディア・スカベンジャー
ガセネタ
マック・ペーパー
言論の自由
メディア規制3法案
オールド・メディア
TI世界腐敗バロメーター
マスメディア優先からファン優先の時代
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
国民ジャーナリズム
ブログ
ブログ2004年
ブログ2005年
ブログ2006年
ブログ2007年
ブログ2008年
Web壁紙新聞時代
Seven
著者と出版社の力関係と著作権
iPod世代のためのタブロイド新聞
新聞の売り上げ回復大作戦
National Credibility Roundtables Project
フリー・ペーパー
Major U.S. Newspaper Digitizing Project
10×10
ジャーナリズムの黄金時代
ブロガーを保護する委員会
インタラクティブ・ジャーナリズム研究所
携帯電話ジャーナリスト
Video Voyeurism Protection Act
ピーピング
イエロー・ジャーナリズム
モブログ
報道の自由とプライバシー
UPC(Universal Point of Contact)
0半レポーター
コメント・スパム
トラックバック・スパム
ローテク・ハイコンセプト・テロ-15
ブロガーとサイバー反体制者のためのHandbook
フランスで残っている最古の新聞Le Figaroの再生
Video iPod
パジャマ・メディア
Splog
CGM(Consumer Generated Media)
ユビキタス・コングロマリット
ファインゴールド賄賂規制法案
検証ジャーナリズム
ジャーナリズムの黄金時代
メディア未来派
2024年のメディア・オデッセー
未来の敵
メディア界のダーク・エンジェル
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
マスメディアの崩壊と存続への道-7
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2007年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2007年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2008年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2008年-2