Google Translate

Google Machine Translation


米国のGoole社が2000年3月に提供を開始した機械翻訳機能の名称。サービス開始当初は「フランス語」「ドイツ語」「イタリア語」「ポルトガル語」「スペイン語」だけであった。その後「アラビア語」「中国語(簡体字)(繁体字)」「韓国語」「ロシア語」「日本語」にも対応した。詳細情報はURL(http://www.google.com/machine_translation.html)で知ることができる。
Goole社は2007年5月23日に、Google Translateを拡張し、12カ国語に対応した検索結果翻訳サービスをβ公開した。これまでに翻訳を希望する場合は検索結果の横「[このページを訳すBETA]」をクリックして機械ゴンや区を利用していたが、2007年5月23日に公開した「Google Translate BATA」では専用ページが開設され、これを利用するには、このページで「My language」と「Find resulte in」で翻訳したい言語と元の言語を指定してから検索することになる。詳細情報はURL(http://translate.google.com/translate_s)で知ることができる。
これまで日本語以外のGoogle Newsなどを翻訳したい場合は、テキストで保存して、機械翻訳をしていたが、これでニュースを見つけたらURLをコピー&ペースとして一気に翻訳できるようになった。翻訳できる言語も「アラビア語」「中国語(簡体字)(繁体字)」「英語」「フランス語」「ドイツ語」「イタリア語」「韓国語」「ポルトガル語」「ロシア語」「スペイン語」「日本語」に対応している。
VNU Netは2008年5月18日に、Googleの機械翻訳「Google Translate」が、ブルガリア語、クロアチア後、チェコ語、デンマーク語、フィンランド語、ヒンディー語、ノルウェー語、ポーランド語、ルーマニア語、スウェーデン語の10カ国語を利用可能にして、全部で23カ国語に対応したと報告した。
サービスは現在、リストのどの2つの言語間でもテキストとWebページを翻訳し、クロスランゲージ検索を実行するオプションを持っている。
Googleのプロダクトマネージャージェフ・チン(Jeff Chin)はGoogleの公式ブログで、フィンランド語を中国語にすることもサポートしています。
これにより、北京オリンピックの地元の情報を容易に見つけることが可能になることでしょうと言っている。詳細情報はURL(http://googleblog.blogspot.com/2008/05/google-translate-adds-10-new-languages.html)で知ることができる。
また、Googleは、翻訳されるテキストの言語を特定するのを自動的に助けるために「Language検出(Detect Language)」というオプションを加えた。 しかしチンは、システムが完全でないことを認めている。
また彼は、「機械翻訳は難問ですが、人々ば自分達が読むことができないかもしれない内容にアクセスすることを助ける際に、重要な役割を果たします。」と言った。
「Suggest a Better Translation」という特徴で、ユーーザは、サービスを洗練するための取り組みで、不正確な翻訳を修正できる。詳細情報はURL(http://www.vnunet.com/vnunet/news/2216937/google-learns-languages)で知ることができる。
機械翻訳と最初に対面してから、30年以上経つが進化していることが具体的に見えにくい---が、しかし、驚くほど進化しています。
使い慣れた機械翻訳Webサイトは、確実にこちらに近づいてきている。
そして、こちらの脳も、そちらに近づいている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9804&catid=4)で知ることができる。