Googlection 2008

Web2.0選挙>>選挙2.0>>Google大統領選 2008>>2008年Google大統領選

2008年の米国大統領選では、サーチ・エンジンを利用するようになり、候補がGoogleとYahoo!に関するキーワードを購入したと予想すると、1クリックあたりUS$0.10から0.25で候補が支持者からWebサイトまでを確実に管理できるようになることから、多くの民主党立候補者がサーチ・エンジンに関するキーワードを購入し始めた、techPresidentで命名された言葉です。

>> さらに詳細な情報はこちら


YouTubelection 2008
Web2.0
政治2.0
Google/2007年
Yahoo!
サーチ・エンジン/2007年1月1日-2009年12月31日
サーチ・エンジンのURL
インターネット中毒の定義
インターネット中毒
インターネット中毒/2005年
インターネット中毒/2007年-
Web2.0中毒
Google中毒
Google-stalker
cyberchondriac
photolurker
Wikipediholic
間接的コミュニケーション中毒
ネットワーク症候群
言論の自由
インターネット政治研究会
政治と、選挙と、戦争と印刷
政治関連のURL
国別政治関連情報のURL-1
国別政治関連情報のURL-2
国別政治関連情報のURL-3
政治情報システム関連の情報
政治関連風刺サイトのURL
電子政府関連情報のURL
e-国会
米国の法律関連のURL
インドの政治関連情報
選挙とそのシステム関連のURL
インターネット上の国別選挙関連情報-あ〜お
インターネット上の国別選挙関連情報-か〜こ
インターネット上の国別選挙関連情報-さ〜そ
インターネット上の国別選挙関連情報-た〜と
インターネット上の国別選挙関連情報-な〜の
インターネット上の国別選挙関連情報-は〜ほ
インターネット上の国別選挙関連情報-ま〜も
インターネット上の国別選挙関連情報-や〜ん
選挙システムフォーラム
SERVE(Secure Electronic Registration and Voting Experiment)
UNDP(the United Nations Development Programme)
電子メディア選挙
IT時代の選挙運動に関する研究会
Politrack
日本人が選ぶアメリカ大統領プロジェクト
VIP(Voting Integrity Project)
電脳票田
EPIN(European Policy Institutes Network)
IFES(International Foundation for Election Systems)
フォトショップ民主主義
リミックス・カルチャー
マッシュアップ
自民パロディ削除要求問題
放送法
Cut'n'Mix
自由の要塞
スピン・コントロール
Tumblelogs
Googlewashinton
広告逆効果現象