Googleが食ってきた無料の昼飯の時間は終わった

Verizon Executive Calls for End to Google's 'Free Lunch'

「Googkleは無料の昼飯を食っている!」

Washington Postが2006年2月6日に、ネットワークの豚と指摘されたVerizon社の副社長で副代表弁護人のジョン・ソーン(John Thorne)が、「Verizonはネットワーク豚か?(Is Verizon a Network Hog?)」と指摘されたことに対して、1996年通信関連法の10周年記念日会議で、Googleが食ってきた無料の昼飯の時間は終わったと指摘し、Google社が大金をもうけているネットワークは電話会社がUS$何十億も費やして構築したネットワークを使っていると講演したと紹介したときのタイトルの名称。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/06/AR2006020601624.html)で知ることができる。John Thorneは、「ネットワーク構築企業はGoogleが安いサーバーだけを利用するつもりであるネットワークを構築して、維持するのに巨額の財産を費やしている。例えばVerizon社は、サービスを高速インターネット網とケーブルテレビに渡すために国中で光ファイバーネットワークを構成するためにUS $何十億も費やしている。私たちがこれらのネットワークを建て増しするのに必要である本当に巨大な資金を誘致する唯一の方法は、政府の参入障害を打ち倒して、プロバイダが利益を得るのを許容することです。」と2006年2月5日に言い、ネットワーク構築企業はそのようなネットワークを造るのに2つの障害について説明し、まずケーブルテレビを提供する何千ものローカルのフランチャイズ協定を得るタスク、次が「Googleユートピア的理想(Google utopianism,)」「スパイクされたクール-援助(spiked Kool-Aid.)」と訴えたと報告した。だからといって、ネットワーク利用者の使用料を自由に操れ、競争力でも他を押さえ込もうとする考え方では、米国国民は納得しないし、そんな環境を構築しようとすれば、それこそ政治家の豚を利用することになり、豚の鼻先はドル札まみれになることが予測される。しかしまた、ユートピア思想は、いつもその時代の権力者に潰されてきた歴史がある。「ユートピア(Utopia)」の著者トーマス・モア(Thomas More/1478〜1535)はヘンリー8世(Hery VIII/1491〜1547)にギロチンにされ、20世紀に起こったヒッピー思想は、政府の異端者扱いで阻害されてきた。さらに始末が悪いのは、ユートピア思想を持った人が権力者の弾圧から逃げ、権力者にすり寄ると自己を正当化するために始末の悪い、最悪の弾圧者に変貌することである。Broadcasting&Cableは2006年2月16日に、下院の通信委員会委員長(Telecommunications Subcommittee Chairman)のフレッド・アプトン(Fred Upton/R-MI)がより多くの放送局の所有権を許容し、新聞と放送の垣根(the newspaper/broadcast crossownership ban)を取り払った提案書(a Notice of Proposed Rulemaking)をFCCのチェアーマンKevin Martinに提出したと報告し、フレッド・アプトンはワシントンでMedia Instituteに2006年2月16日に、「いくつかの小さい市場を除いて、放送局所有権を規制することを正当化する意見はなく、不幸な現実は私たちの国の所有権法を反映しないし、現状の爆発を認めないこになり、またニューメディアでの爆発が意見の多様性を作りだし、それらのオーナーシップを排除するべきである」と語ったと報告した。また、multichannel.comは2006年2月16日に、フレッド・アプトンは新しいインターネット時代の通信法案(Telecom Bill)が2006年4月から5月に可決されると予測し、「私たちの目標は4月16日復活祭の前に委員会を通過させることであり、復活祭のすぐ後に投票のための下準備が整うようにしたいと考えたいと思う」とMedia Instituteに語ったと報告し、上院商務委員会議長(Senate Commerce Committee chairman)のテッド・スティーブンス(Ted Stevens /R-Alaska)は、委員会が3月に同様の「マスメディア集中排除の原則」を修正する法律について投票すると予想すると繰り返して言っていたと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6308163?display=Breaking+News&referral=SUPP)または、URL(http://www.tvweek.com/news.cms?newsId=9405)または、URL(http://www.billboardradiomonitor.com/radiomonitor/news/business/leg_reg/article_display.jsp?vnu_content_id=1002034410)または、URL(http://today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=televisionNews&storyID=2006-02-16T215229Z_01_N16148182_RTRIDST_0_TELEVISION-MEDIA-CONGRESS-FCC-DC.XML&archived=False)または、URL(http://www.multichannel.com/article/CA6308372.html?display=Breaking+News)で知ることができる。米国の下院司法委員会(House Judiciary Committee)は2006年5月25日に、20対13で高速インターネット・ネットワーク・プロバイダが属しないサービス、コンテンツ、およびアプリケーションを差別するのを防ぐ法律「Internet Freedom and Nondiscrimination Act」を承認したと発表した。詳細情報はURL(http://judiciary.house.gov/media/pdfs/Ifreedomcmtepass52506.pdf)で知ることができる。


Verizonはネットワーク豚か?
スペクトルの豚
インターネットの終焉?
地上波デジタルTV
デジタルTV
デジタルTVグループ
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
HERO Act
放送における公正の原則
米国メディアが売春婦である理由
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
TI世界腐敗バロメーター
日本のニュースは世界で最も信頼できないメディア?
ブラック・ジャーナリズム
検閲ジャーナリズム
タニマチ記事
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
10代をターゲットにしたテレビの衰退!?
情報通信コングロマリット-2006年
メディア・コングロマリット/2006年
Telecommunications Act of 1996
情報戦争
メディア戦争
ICT(Information and Communication Technology)
ICT教育推進プログラム協議会
IS(Information Science)
IT(Information Technology)
IT(Information Technology)2003
IT(Information Technology)2004
IT(Information Technology)2005
IT(Information Technology)2006
IT(Information Technology)2007
u-Japan構想
メディア・リテラシー関連のURL
デジタル・デバイド
e-Europe
明らかにされた読者の目の秘密
アウトソーシング
オンデマンド・アウトソーシング・サービス
ADIOS(Automatic DIstillation of Structure)
IEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers)
IEC(International Electrotechnical Commission)
ICSR(International Center for Standards Research)
GRIID(The Grand Rapids Institute for Information Democracy)
情報操作/2006年
Wi-Fi税
Washington Postの提言「ネット中立」
ネット・ユートピア思想
マスメディア集中排除の原則
ネットワーク・アーキテクチャと価格
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
US$2000億スキャンダル
もつれたWeb!?
現在の米国ジャーナリズムが死ぬとき!?
the Communications Opportunity, Promotion, and Enhancement Act of 2006
帝国のインターネット!?