Google-pa-looza

Google方程式>>Googleネズミ算方程式

検索エンジンで多くのユーザーをつかんだGoogleが、何か行動を起こすたびに検索エンジンと絡め、それぞれに広告が掲載され、ネズミ算的にお金が転がり込むように仕組まれた方程式の俗称。News.comは「Google--what you get for $400 a share」として、US$400を得るまでの比較を公開し、Googleであるか否かに関係なく、分け前が欲しくて過度に多くの売り込みがあり、それらを回転させて、さらにGoogleにお金が転がり込むように組み込まれ、潜在的悪人としての「Google」、今までに起こった最も良いものとしての「Google」、最も安全な賭けの避雷針としての「Google」が1分間後ろを向いて振り返るだけですぐにお金が貯まっていく、メリル・リンチ(Merrill Lynch)のアナリスであLauren Rich Fineが、Googleに関する話はネズミ算式に増え、それぞれがGoogleのためにお金を稼ぎ出す回転を開始し、Googleが基地で、一生懸命努力している他のサイトがお金を運び込むパイプラインのように見えてくると報告している。詳細情報はURL(http://news.com.com/Google--what+you+get+for+400+a+share/2009-1038_3-5969175.html?part=rss&tag=5969175&subj=news)で知ることができる。businessweekは、この様子を「世界は新しい財政的な太陽系の誕生と同じような系列を見つけたのかもしれない(the world may have witnessed something akin to the birth of a new financial planetary system.)」と表現している。詳細情報はURL(http://www.businessweek.com/magazine/content/05_49/b3962001.htm)で知ることができる。PE Week Wireの編集者Daniel Primackは、この現象を「あなたがGoogleによって取得されるように、彼らの端の目標があるVCsを売り込みながら、多くの企業家について聞き、 それは5年前のIPO熱狂的大流行からの完全な180度回転で、現在のGoogleはNASDAQが発生した時のように見える。(You're hearing about a lot of entrepreneurs pitching VCs with their end goal to be acquired by Google. It's a complete 180 [degree turn] from the IPO craze of five years ago; now Google is looked at like NASDAQ was then.)」そこで最大の違いは、たった一つの大きく広げた Googleという屋根の下に集中していることである。siliconbeatは2005年11月27日に、「Google is watching you」を公開し、Googleはあらゆる方法でみんなを見つめ、追跡し、それらの業務を全て解放することで、それぞれの質を向上させ、これまで以上に多くの精査を可能にし、全てのデータを集め、さらに精度を高めることで広告を獲得し、お金を運び込むパイプラインを増やし、Googleの基地にお金が集まるようになっていると報告している。詳細情報はURL(http://www.siliconbeat.com/entries/2005/11/27/google_is_watching_you.html#more)で知ることができる。雑誌TIMEが巻頭特集で、Timeのレポーターが見ている目の前で、Googleの幹部がスタッフピッチの流れを聞き、技術者が「イメージ検索結果への小さいリンク」を加えると、それによって発生する広告からの収益は、1年あたりUS$8000万であるかもしれないということをさらっと言っ他のを受け、目の前でGoogleの奴ら「Larry、Sergey、Eric」は時間軸で稼ぎ出していると報告した。詳細情報はURL(http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1158961-1,00.html)で知ることができる。昔、アンディー・ウォホールが自宅の地下にはお金を印刷する機械があると、自分の作品を印刷する自宅のシルクスクリーンの印刷機呼んでいたが、Googleの場合は、ほんの少しリンクを修正すると天からお金があふれ出す錬金術師になったようである。