Google Book Search


Google社のProduct Marketing ManagerであるJen Grantが「Official Google Blog」で2005年11月17日に報告した、「Google Print」の名称を変更し、URL(http://books.google.com/)にしたと発表した新しい書籍検索サービスの名称。詳細情報はURL(http://googleblog.blogspot.com/)で知ることができる。Pew Internet & American Lifeはサーチ・エンジンの2005年11月レポートを公開し、サーチ・エンジン使用は、主要なインターネット・アプリケーションとして昨年と比較して急上昇し、サーチ・エンジンは、米国のインターネット・ユーザーのオンラインでますます重要な部分になり、ごく最近のcomScore Media Metrixの消費者調査結果から、約6,000万人の米国の大人が典型的にサーチ・エンジンを使用していることを示したと報告している。集計された調査結果は、2004年中頃ではサーチ・エンジン利用者が30%であったのが、2005年9月には41%と急激な増加を示し、これは平均毎日サーチ・エンジンを使用している数が2004年6月の約3800万から2005年9月に約5900万まで成長したことを示し、別途調査した comScore データでは、2004年9月から2005年9月までのサーチ・エンジンの一日平均使用が4930万人のユーザーから6070万人のユーザーと23%も増加していたとも報告し、この結果から、サーチ・エンジンの活用法が、主要なインターネットとして利用されてきた電子メールににじり寄っていることを意味している。しかし、The Pew Internet Project dataによれば、インターネットの毎日の利用で電子メールはまだ一番上位で、2004年6月の45%から、約52%の米国インターネット・ユーザーは、電子メールを毎日送受信していると報告している。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/167/report_display.asp)または、URL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_SearchData_1105.pdf)で知ることができる。このところ「Google Book Search」、Microsoft社は大英図書館の本をスキャンして無料提供することで契約して、スキャンを2006年から開始すると報告するなど、大きな話題になっているが、彼らは電子的に全文を届けて、どのようにして投資を「貨幣化する」予定かについて明らかにし始めましたことから、Barbara Quintが「Books Online: The Fee versus Free Battle Begins(Books Onlineで無料対無料の対決が始まった)」を公開し、その背景と商売の詳細を解説した。Amazon.com ではページ単位で売るビジネスを開始し、さらに短編集を分割してオンラインだけで販売する「Amazon Shorts」を開始しているが、2006年からはデジタル・コレクションを開始すると報告し、無料の本を公開することでビジネスにする大戦争時代を向かえることになりそうである。とくにオンラインで有料コンテンツとして展開する「Amazon Shorts」が成功するのか、あくまでも無料でビジネスにするのか、非常に興味深い時代が到来した。詳細情報はURL(http://www.infotoday.com/newsbreaks/nb051121-2.shtml)または、Amazon ShortsのURL(http://www.amazon.com/shorts)または、URL(http://books.google.com/intl/en/googlebooks/help.html)または、URL(http://www.infotoday.com/newsbreaks/nb051031-2.shtml)または、URL(http://www.bl.uk/onlinegallery/ttp/ttpbooks.html)で知ることができる。BusinessWeekは2005年12月12日に発行される号で、「Google Print」の実験について「Google's Print Ad Experiment Not Going Well」とはうまくいっていないと指摘した。詳細情報はURL(http://www.businessweek.com/magazine/content/05_50/b3963130.htm)で知ることができる。
オランダのMedia Networkは2008年7月25日に、ヨーロッパで放送されているTV放送の63%以上はヨーロッパの放送局で制作され、36%以上は、ヨーロッパの独立系プロデューサーによって制作されていると報告した。
これらの数字は、EC(European Commission/欧州委員会)による、2005年-2006年をカバーした、ヨーロッパ作品の販売促進でEU規則の有効性に関する第8回レポート「New Figures Show: Almost two thirds of EU television time is ''Made in Europe''」で報告された。
このレポートは、「Television without Frontiers」としてヨーロッパのテレビスクリーンでヨーロッパの作品の販売促進するためのモニタリング情報として、EU加盟国によって提供された情報に基づいて、2年に1回実施されている。
新規EU-10加盟国のTV放送局は今回初めて、このレポートで完全分析され、そして、レポートは現在のEU-15におけるヨーロッパのコンテンツ・モニタリングと一緒にされた。
今日委員会によって採用される25EU加盟国における、これらの条項の実現した最新の報告は、ヨーロッパの作品が、EU全体の平均した放送時間で、2005年の63.52%から2006年に65.05%まで増加したことを明らかにした。
詳細情報はURL(http://blogs.rnw.nl/medianetwork/almost-two-thirds-of-eu-television-time-is-made-in-europe)または、URL(http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/08/1207&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en)または、URL(http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/08/1207&format=PDF&aged=0&language=EN&guiLanguage=en)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10514)で知ることができる。


Google Book Search/2006年
Google Book Search/2007年
Google Book Search/2008年
Google Print
Google社のEric SchmidtによるGoogle Printの解説
Global Library Catalogs Search
Online Books
バーチャル書店
電子図書館
電子図書館/2003年
電子図書館/2004年
電子図書館/2005年
電子図書館/2006年
電子図書館/2007年
電子図書館/2008年
モデル電子図書館事業
ブック・オン・デマンド
米国国会図書館オンライン化計画
デジタル・アーカイブ
サイバー博物館
仮想美術館
科学の扉
Libraries Online!
TiARA
ユニバーサル電子図書館
デジタル図書館プロジェクト
プロジェクト・グーテンベルグ
The Libyrinth
World Digital Library plan
ハリウッド映画の文化規制
文化的大量殺戮
WAN(the World Association of Newspapers)
テロップ・ニュース放送局
Google News
ネット・ユートピア思想
EUのテレビ放映規制
ニュース・オン・デマンド
ニュース・オン・デマンド-2
デジタル・サテライト・ラジオ放送
デジタルTV
デジタルTV/2004年
デジタルTV/2005年
デジタルTV/2006年
地上波デジタルTV
地上波デジタルTV/2004年
勝者が食べられてしまう羊のスター
プッシュ技術
iチャネル
地球規模24時間TV放送
Project Quaero
Windows Live Book Search
仮想映像センター
Find this book in a library
新聞の「マンハッタン計画」
Assignment Zero
ニュース・プロジェクト「Next generation」
France 24
Learning 2.0