GyaO

パソコンテレビ・ギャオ

USENが2004年10月に映画配給会社大手のギャガ・コミュニケーションズの株式54.42%を取得し、完全子会社化して、2005年4月6日に試験放送を開始し、2005年4月25日から本放送を開始しするギャガ・コミュニケーションズ配給の映画をインターネッ配信するするサービスの名称。コマーシャルのファイルが挿入されることで、「CHICAGO」や「スノーホワイト」、「ビーン」などが無料視聴できるようになっている。詳細情報はURL(http://www.usen.com/corporate/release/2005/pdf/050405_01.pdf)または、URL(http://www.gyao.jp/)で知ることができる。すでにUSEN(50%)、楽天(50%)で設立した有料ブロードバンドサイト「ショウタイム」も登場している。詳細情報はURL(http://www.showtime.jp)で知ることができる。また、USENグループの代表宇野康秀はサイバーエージェントの最初の出資者の一人でもあり、サイバーの社外取締役でもあるが、サイバーエージェントで展開している「アメーバブログ」では、「オペラ座の怪人」のオフィシャルブログなどで、ギャガのプロモーションも展開しているなど、2005年になって映画とインターネットの世界が急速に日本で騒がしくなり始めた。詳細情報はURL(http://opera-movie.ameblo.jp/)で知ることができる。USENは2006年1月13日に、「GyaO」の登録ユーザー数が600万人を突破したと発表した。詳細情報はURL(http://www.usen.com/corporate/release/2006/pdf/060113.pdf)で知ることができる。