F1世代


マーケットの購買決定権の8割を握っているといわれている、20代から30代前半の女性たちの世代の俗称。「F1世代」に受け入れられる商品やサービスを投入することが、ヒットを生み出すための重要なポイントとまでマーケッティグ業界では叫ばれ、F1世代の中で、独自のキャリアを持ち、口コミの発信源となるリーダー層(トレンドリーダー)を組織化して活用した調査、コンサルティングサービスを展開しているトレンダーズというベンチャー企業まで登場している。詳細情報はURL(http://www.trenders.co.jp/)で知ることができる。欧米では80年代に生まれた、F1世代より少し若い無関心世代を総称してヌル・ボック世代(Nullbockgeneration)と呼んでいる。
米国のPIP(Pew Internet & American Life)がベビーブームとインターネットの関係を調査し、2002年11月14日に公開した。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/releases/release.asp?id=53)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年8月28日版最新レポート紹介で、Harris Interactiveによる「世代間の違いレポート」を紹介し、「Y世代(Generation Y/13-31歳)」は最も放縦で、「X世代(Generation X/32-43歳)」は最も革新的で、「ベビーブーマー(Boomers/44-62歳)」はもっとも生産的で、「沈黙の世代(Silent Generation/63-83歳)」と「最も大きい世代(Greatest Generation/84歳以上)」を最も賞賛している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/demographics/widely-held-attitudes-about-various-generations-studied-5813/)または、URL(http://www.harrisinteractive.com/news/allnewsbydate.asp?NewsID=1328)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10818)で知ることができる。