EyeVision


CBSが迫力ある映像を提供するために、数100万$を投資してカーネギー・メロン大学(CMU/Carnegie Mellon University)ロボット研究室やPrinston Video Systems社、Core Digital社、三菱電機などと協力して開発した技術の名称。EyeVisionは32台のロボットカメラを活用し、複数の角度から撮影された映像を連続的に合成した3次元的なテレビ・ゲームのような感覚でユーザーに映像が提供できることから、2001年1月28日から始まる第35回スーパーボール(Super Bowl XXXV)で初めて実用化された。