e-Europe

eEuropa

電子ヨーロッパ

電子政府をさらに拡大して、ヨーロッパ全体を電子化するという、ベルギー政府が推進しているプロジェクトの名称。Europemediaは2002年12月3日に、ベルギー政府がデジタル・プロジェクト「電子ヨーロッパ(e-Europe)」の一環として実施している、公共デジタルTVの第1回テストに成功したと報道した。詳細情報はURL(http://www.europemedia.net/shownews.asp?ArticleID=14009)または、URL(http://www.europemedia.net/shownews.asp?ArticleID=11108)または、URL(http://www.europemedia.net/shownews.asp?ArticleID=4280)または、URL(http://www.europemedia.net/shownews.asp?ArticleID=2965)で知ることができる。また、EUが提供している電子情報も「eEuropa」という。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/information_society/eeurope/index_en.htm)で知ることができる。
また「eEuropa」でも、2005年までにヨーロッパ全体を電子化する計画を推進している。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/information_society/eeurope/news_library/eeurope2005/index_en.htm)または、URL(http://europa.eu.int/information_society/eeurope/news_library/documents/index_en.htm)で知ることができる。
EurActiv.comは2004年7月21日に、e-Europe 2005 Action Planとして実施されてきたインターネット政策ICT(Information Communication Technology) policyが2005年12月31日に終了することから、2004年秋には「e-Europe 2005 Action Plan」の次期バージョンが登場すると、INSEAD business school conference(INSEADビジネス・スクール会議)で、EU委員会のFrans de Bruineが話したと報告した。詳細情報はURL(http://www.euractiv.com/cgi-bin/cgint.exe/2051018-972?204&OIDN=1508051&-tt=me)で知ることができる。
外務省は2005年12月21日に、EUの経済動向調査報告書を公開した、詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/keizai_doukou.html)で知ることができる。2010年の電子政府に向けた会議である「Ministerial eGovernment Conference 2005」でEuropean Institute of Public Administrationは「eEurope Awards」を公開したた。詳細情報はURL(http://www.e-europeawards.org/)で知ることができる。「Ministerial eGovernment Conference 2005」についてはURL(http://www.egov2005conference.gov.uk/)で知ることができる。
EUは2006年4月9日に、トゥールーズ大学(Toulouse University)とブリュッセル自由大学(Free University of Brussels)が2006年3月31日に発行したレポート「ヨーロッパの科学的公表市場の経済的、そして、技術的な発展の研究(Study of the economic and technical evolution of the scientific publication markets in Europe)」を採用したと報告した。詳細情報はURL(http://business.guardian.co.uk/story/0,,1756426,00.html)または、URL(http://www.infotoday.com/newsbreaks/nb060410-1.shtml)で知ることができる。
「ヨーロッパの科学的公表市場の経済的、そして、技術的な発展の研究(Study of the economic and technical evolution of the scientific publication markets in Europe)」はURL(http://europa.eu.int/comm/research/science-society/pdf/scientific-publication-study_en.pdf)で知ることができる。
Deutsche Welleは2007年12月4日に、EUの統計エージェンシーのユーロスタット(Eurostat)からの情報として、ヨーロッパのインターネット・ユーザーは増え続け、約半分の家庭にはインターネット・アクセス環境があり、高速ブロードバンド接続も急上昇していると報告した。
EU(European Union/ヨーロッパ連合)加盟国27カ国では、2006年の第1四半期に49%であったが、現在では約54%がインターネット・アクセス環境がある。
ブロードバンドは、2006年の第1四半期に30%であったが、現在では約42%に上昇した。
ヨーロッパのインターネット・ユーザーは、2人に1人はインターネット検索エンジンを使用し、15%がナレーターの音声インターネットを呼び出し、13%がP2Pで映画や音楽を楽しんでいる。
しかし、インターネット使用はヨーロッパ各国でバラツキが大きく、オランダが最も高く、5軒の家庭内、4軒はインターネットを使用している。オランダはブロードバンドでも先頭を走っている。
新しくEUメンバーに加わったブルガリアは、かなり遅れていて、5軒の家庭内、1軒だけがインターネットを使用している。
フランスは、オンライン電話でもっとも先を行っていて、Skypeを量産したEstonians社が多きく貢献している。
EC(European Commission/欧州委員会)は、加盟国でのそのバランスの悪さを政府の設定した価格と技術が原因であると、政府攻撃を開始し、国によるテレコム独占時代が大きく影響していると指摘している。
インターネットをやっていれば、戦争がいかに馬鹿げた低次元なことか判ってくる。
さらに、これだけP2Pで映画や音楽を楽しんでいる人が増えれば、一部の著作権教信者の意見が邪教で、時代に合わなくなってきていることも判るはずである。詳細情報はURL(http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,2984472,00.html)で知ることができる。EurostatのデータはURL(http://epp.eurostat.ec.europa.eu/cache/ITY_OFFPUB/KS-QA-07-023/EN/KS-QA-07-023-EN.PDF)にある。