Evogod


オークランド大学(Oakland University in Rochester, Michigan, US)の進化論人類学者(evolutionary anthropologist)であるジェームス・ダウ(James Winslow Dow, Ph. D.)教授がソース・コードを公開した、立証不可能な情報を伝えるために少ない数の人々には遺伝子的疾病素質があると仮定することによって、宗教がどう発展したかを解明するためのプログラムの名称。詳細情報はURL(http://personalwebs.oakland.edu/~dow/)で知ることができる。
EvogodのソースコードはURL(http://jasss.soc.surrey.ac.uk/11/2/2/sim4.sce.html)にある。
New Scientistは2008年5月27日に、「Evogod(evolution of god?/宗教改革???)」と呼ばれる簡単なコンピュータ・プログラムは、宗教が栄えると予測したと報告した。
しかし、プログラムを書いた米国の科学者によると、信じない人が信者を助ける場合にだけ、恐らく神は彼らの献身に感銘を与えられるので、宗教は保持されるとも言っている。
ジェームス・ダウは、宗教がどう現れたかを一刺し、説明するために、最初の科学者ではない。
宗教の発展の理論は2つの傾向があり、1つは、宗教が他のタスクのために発展した頭脳機能から選出された精神的な人工物であると主張し、もう1つは、宗教が私たちの先祖のためになったと主張している。
それは他の頭脳機能の副産物よりそれ自体で適合する。 この説明では、自然淘汰は人口母集団から非宗教をゆっくり一掃した。
ダウは、「10万年前から現在までのいつか、多分紀元前7000年頃に、書くことを発明したポイントで、私たちは人々の超自然信念に関する記録を持ち始めた。」と言っている。
宗教が適合として現れることが可能であったかどうか決定するために、ダウは、人々がお互いの相互作用から受け取る進化論の利益に焦点を合わせる簡単なコンピュータ・プログラムを書いた。
ダウは、簡素化するために、来世への信念など、他のものと宗教情報を宣言する願望として、彼は、この特色が遺伝子であると仮定し、宗教の定義特色を選び出した。
言い換えれば、モデルは、立証不可能な情報を他のものに伝えるために少ない数の人々には、遺伝子的疾病素質があると仮定した。
その特色を子供に伝えるが、また、彼らは非現実的な情報を広げなかった。
繁殖成功を目的として、本当の情報を伝え、また非現実的な情報を伝えると言っている。
ほとんどのシナリオでは、「非現実的の信者」は絶滅するようになる。 しかし、ダウが信じない人が何らかの明確な、しかし、任意の信号のために信心深い人々に引き付けられるだろうという仮定を含んでいたとき、宗教は栄えた。詳細情報はURL(http://www.newscientist.com/article/dn13983)で知ることができる。
面白い!非現実的な情報を広げた場合、すでに人類は絶滅している。
ダウは、恐らく、信じない人が宗教の信頼によって触れられると推測して、「どうにか、非現実的な情報の伝達者は本当の情報を彼らに伝えるために他のものを引き付けています。」と言っている。
Evogodはソースコードで公開されているので、さあ、このプログラムを発展させ、自身の宗教改革はどうすれば実現できるかを解明できるようになっている。
グーテンベルグが印刷機を発明した約500年後にコンピュータが発明され、
そして、ユートピアを執筆したトーマス・モアが知的コンプレックスからヘンリー8世に殺され、エラスムスとルターが宗教改革のあり方で対立し、デュラーが十字軍の受けた神の加護が無意味だと知って、宗教改革が起こってからもうすぐ500年、サイバー宗教改革が現実化してきている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9869)で知ることができる。