EDPS(European Data Protection Supervisor)

ヨーロッパ個人情報保護法

個人データの処理に関する個人情報の保護および個人データの自由運動の一環として、1995年10月24日に「95/46/EC」としてEU(European Union/欧州連合)で発効され、導入された個人情報保護法の名称。ヨーロッパ議会は公共機関およびそれぞれの政府によって、データの自由運動として個人的なデータの処理と保護に関して欧州共同体の規則「45/2001」として、データ保護監視を制定した。詳細情報はURL(http://www.edps.eu.int/01_en_presentation.htm)で知ることができる。EDPSの状態およびスーパーバイザーの義務を「Decision no 1247/2002/EC」として、2002年7月1日に決定された。2006年4月19日に、EDPS(European Data Protection Supervisor) 2005の現状を報告したアニュアル・レポートが公開されたと報告した。詳細情報はURL(http://www.edps.eu.int/Press/EDPS-2006-5-EN_annual%20report.pdf)で知ることができる。「EDPS 2005 Annual Report」はURL(http://www.edps.eu.int/publications/annual_report/2005/AR_2005_EN.pdf)にある。