DNA記念日

National DNA Day

米国の分子生物学者で、ハーバード大学教授、1968年にはコールド・スプリング・ハーバー生物学研究所所長(Cold Spring Harbor Laboratory)になったウォトソン(James Dewwy Watson/1928 )とイギリスの分子生物学者クリック(Francis Harry Compton Crick/1916 )によって2重螺旋構造のモデルを提唱して確立し、1953年4月25日にDNAを発見してから2003年が50周年(DNA 50th Anniversary)ということで、記念して4月25日は米国のDNAの日(National DNA Day)と制定された。
1962年にはノベル医学生物学賞(The Nobel Prize in Physiology or Medicine 1962)を受賞した。詳細情報はURL(http://www.bbsrc.ac.uk/society/exhibitions/dna50/Welcome.html)または、URL(http://www.rockefeller.edu/pubinfo/avery.nr.html)または、URL(http://meetings.cshl.org/2003helix.htm)または、URL(http://newsinfo.iu.edu/news/page/normal/776.html)で知ることができる。James Dewwy Watsonの詳細情報はURL(http://www.nobel.se/medicine/laureates/1962/watson-bio.html)または、URL(http://www.cshl.org/public/SCIENCE/Watson.html)または、URL(http://www.cshl.org/public/SCIENCE/jdw.html)または、URL(http://www.accessexcellence.org/AB/BC/James_Dewey_Watson.html)まで知ることができる。Francis Harry Compton Crickの詳細情報はURL(http://www.nobel.se/medicine/laureates/1962/crick-bio.html)または、URL(http://www.ipsj.or.jp/members/Magazine/Eng/4311/article021.html)または、URL(http://www.polybiblio.com/phillips/624.html)または、URL(http://www.accessexcellence.org/AB/BC/casestudy2.html)または、URL(http://www.genome.org/cgi/content/full/11/11/1803)または、URL(http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/291/5507/1304?ijkey=I/Cyc3kWkJJbA)で知ることができる。
また、スタンフォード大学の生物学者アーサー・コーンバーグ(Arthur Kornberg/1918 -)博士、メーラン・グリアン(Mehran Goulian)博士が1967年12月14日に、DNAの合成に成功した。詳細情報はURL(http://www.brh.co.jp/s_library/j_site/scientistweb/no44/)または、URL(http://nobelprize.org/medicine/laureates/1959/index.html)または、URL(http://www.accessexcellence.org/RC/AB/BC/Arthur_Kornberg.html)または、URL(http://www.nobdatafy.com/AK-bio.html)または、URL(http://www.euchromatin.org/Goulian1.htm)で知ることができる。DNA発見から、
50年後の直前である2002年12月26日には、世界初のクローン・ベービーが誕生して他というニュースが世界中を駆けめぐり、それまで神の領域といわれた人間誕生を人工的に操作し、神学、バチカンまでが揺れ動いた。
また、その数週間前に当たる2003年4月7日に、鉄腕アトムは誕生したことになる。原始海洋の中に、最初に生命をもった細胞(始原細胞)が発生したのは35億年前で、自己複製機能をもったリボ核酸(RNA)とタンパク質が脂質分子の膜で囲まれていて、RNAにたくわえられた遺伝情報をもとに、この区画内で新たなタンパク質がつくられるようになった。以後、細菌やラン藻のような原核細胞の時代が20億年続き、原核細胞の時代に、RNAよりも安定した二重らせん構造をもつデオキシリボ核酸(DNA)が登場し、遺伝情報の運搬体としての機能を果たすようになった。こうして、DNAは遺伝情報をになう分子、タンパク質は反応を触媒する分子、RNAはDNAとタンパク質をつなぐ仲介者、という役割分を担った。
また、海で誕生した生命が地上に進出したのは従来、約12億年前とされていたが、ペンシルベニア州立大学(Pennsylvania State University)教授大本洋らの研究で一気に10億年以上さかのぼり、23億年前に最初の陸上生物が登場したことになった。経済産業省は「組換えDNA技術工業化指針」に基づき、2社から合計4件の組換えDNA技術工業化指針の確認申請があり、第9回産業構造審議会化学・バイオ部会組換えDNA技術小委員会(平成15年2月21日開催)における審議を経た結果、「第1種利用」の3件の計画に利用される設備・装置及びその運転管理方法等が組換えDNA技術工業化指針に適合していることを確認した。残りの1件については、継続審議となったことから、2003年4月4日に、「組換えDNA技術工業化指針」に係る確認についてを公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003902/)で知ることができる。
the legendary Cold Spring Harbor LaboratoryにあるDolan DNA Learning Centerは、DNAに関する歴史と現在をMacromedia Flashでインタラクティブに紹介する「DNA Interactive」を提供している。詳細情報はURL(http://www.dnai.org/index.html)で知ることができる。
米国のNSF(National Science Foundation/全米科学財団)は2004年5月27日に、イギリスのRoyal Society of Londonに、ミシガン大学(University of Michigan)のAnn Marie SastryとYun-Bo Yiが開発した単一の原子がどのように移動するか知ることを目的とした数学的な3Dモデル・シミュレーション・システムが紹介されたことを報告した。詳細情報はURL(http://www.nsf.gov/od/lpa/newsroom/pr_all_img.cfm?ni=102)で知ることができる。
米国のFBI DNA研究所(FBI DNA Laboratory)は2004年5月27日に、2002年から調査してきたDNAを利用したプロトコル検査の方式と今後必要になる問題点などをまとめた206ページの最終レポート「The FBI DNA Laboratory: A Review of Protocol and Practice Vulnerabilities, May 2004」を米国司法省(U.S. Department of Justice)がPDFで公開した。。詳細情報はURL(http://www.fbi.gov/pressrel/pressrel04/oigdna052704.htm)または、URL(http://www.fbi.gov/cgi-bin/outside.cgi?http://www.usdoj.gov/oig/igwhnew1.htm)または、URL(http://www.usdoj.gov/oig/special/0405/final.pdf)で知ることができる。アートニュースを発信している「Rhizome.org」が2004年6月2日に、自宅でバイオ研究室を運営し、DNAやバクテリアを使って「作品」を制作してきたDNAアーテ ィストSteve Kurtzに対して、Steve Kurtzの妻Hope Kurtzが死亡したことから、FBI(米国連邦捜査局/Federal Bureau of Investigation)が反愛国法(Un-Patriot Act)のバイオテロリズム容疑で家宅捜索したと報告した。アーティストが米国のパトリオット法違反で逮捕されたのは初めてである。詳細情報はURL(http://rhizome.org/thread.rhiz?thread=13397&text=25641#25641)または、URL(http://www.wired.com/news/medtech/0,1286,63637,00.html)または、URL(http://www.nytimes.com/2004/06/07/nyregion/07buffalo.html?pagewanted=all&position=)または、URL(http://www.caedefensefund.org/)または、URL(http://newsgrist.typepad.com/underbelly/2004/06/updatearchive_o.html)または、URL(http://www.defensetech.org/archives/000933.html)または、URL(http://www.caedefensefund.org/)で知ることができる。
2004年6月3日にオーストリアのウィーンで開催された「FREE BITFLOWS Konferenz」の第1日目に、アーティストで大学教授のSteve Kurtzの逮捕について、米国のテロリズム法には「Keine Unterscheidung zwischen Kunst und Bioterrorismus(アートとバイオテロリズムの間に違いは存在しない)」と避難が出たことを「t0-info」が2004年6月14日に報告した。詳細情報はURL(http://www.t0.or.at/t0/about/press/20040603)で知ることができる。
スタンフォード大学医学部(Stanford University School of Medicine)では、細胞研究とクローニングに関するサイト「Stanford Center for Biomedical Ethics [RealOnePlayer, pdf]」を開設している。詳細情報はURL(http://scbe.stanford.edu/)で知ることができる。
CNNは2004年10月14日に、バチカン図書館が、マヌスクリプトや最古の完全な聖書など、160万の古書の収集追跡を可能にするため、2003年から最先端技術を導入して「希少本のDNA」をそれぞれの本に与える作業で、すでにバチカンの古書30,000冊にRFIDチップを導入したと報告した。つまり、これまでにも、蔵書印などで、どこの図書館にあった本だったのかなどは判明していたが、RFIDが蔵書印や蔵書票(エクスリブルス)の役目をするようになると、あまりにも実用的になりすぎ、多くのアーティストが作ってきた蔵書票とは違い、何となく味気ないことになる。
また、このような技術が多くの図書館で導入すると、これからは古書屋さんも大変で、ナチによって持ち出された絵画の返還裁判のように、古書屋で発見された本がどこの図書館から流出した本で、その流出経緯によっては返還請求なども起こることだろう。これからは安易に古書の購入すると事件に巻き込まれる可能性が出てきた。詳細情報はURL(http://edition.cnn.com/2004/TECH/10/14/spark.rfid.vatican/)で知ることができる。
ABCは2004年11月2日に、モーツァルトは1791年に死に、St. Marxer Cemetery墓地に埋められたが、墓の位置は当初不明であったが、その適当な位置は1855年に決定された。また、どの身体がモーツァルトのか知っていた墓掘り人が、墓から脳をこっそり持ち出し、異なるチャンネルから、頭が1902年にサルツブルグInternational Mozarteum Foundationへ来た、とStephan Pauly博士は言いっていたが、いずれも、確実ではなく!判らないことばかりのミステリー状態であることから、オーストリアのテレビ科学ジャーナリストBurgl Czeitschnerが、International Mozarteum Foundationで管理されている天才音楽家モーツアルトの脳と遺伝物質をDNA鑑定して比較し、それが本物かどうかを断定するプロジェクトを開始したと報告した。
モーツアルトの墓は、先週掘り返され、遺体の回収がされたそうで、調査の結果は005年に公開されるということである。しかし、ランクフルトのゲーテ・ハウスは第2次世界大戦で完全崩壊したが、今では再現され、中にゲーテが使っていた机があり、本物か聞いたら、判らないと言うことであった。
また、ザルツブルグにあるモーツアルトの生家にあったピアノやベッドについて案内人に聞いたところ、当時のピアノやベッドであるが、本当にモーツアルトが使っていたものではないといい、案内の人は、そんなものが残っているはずがない!と笑っていた。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=217720)で知ることができる。
ENS World Newsは2005年2月24日に、NASAの宇宙生物学者Dr. Richard HooverがFox, Alaskaで5年前にU.S. ArmyのCRREL(Cold Regions Research and Engineering Laboratory)のトンネルで発見した氷のサンプルから3万2000年間眠り続るバクテリアを見つけ、アラバマ大学(the University of Alabama in Huntsville)のDr. Elena PikutaとNASA's Marshall Space Flight Center in Huntsvilleが共同で生き返らせたと報告した。そのバクテリアは「Pleistocene Age」に凍ったことから、「Carnobacterium pleistocenium」と名付けられた。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/feb2005/2005-02-24-05.asp)で知ることができる。
警察庁は2005年8月17日に、犯罪捜査のために法的な手続きを経て容疑者から採取したDNA型情報のデータベース化を構築してきたが、2005年9月1日から運用開始すると報告した。警察庁は2005年9月2日に、「DNA型情報の活用方策について」を公開した。詳細情報はURL(http://www.npa.go.jp/seisaku/kanshiki/main.htm)で知ることができる。
警察庁は2005年8月17日に、犯罪捜査のために法的な手続きを経て容疑者から採取したDNA型情報のデータベース化を構築してきたが、2005年9月1日から運用開始すると報告した。警察庁は2006年3月16日に、DNA型データベースで半年間に245事件で容疑者を確認したと報告し、「複数の警察本部にまたがる事件解決につながるなど一定の成果を上げている」と分析した。詳細情報はURL(http://www.npa.go.jp/pressrelease/index.htm)で知ることができる。
文部科学省は2006年4月14日に、「一家に1枚ヒトゲノムマップここまでわかった!! ヒトゲノム」をPDFファイルで公開した。詳細情報はURL(http://stw.mext.go.jp/20060414/index.html)または、URL(http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/genomemap/)で知ることができる。
ロイターは2008年9月16日に、イスラエルのテルアビブ(Tel Aviv)郊外のペタチクバ(Petah Tikva)市が、犬のふんをDNA分析して、飼い主に報酬や罰を与え流実験を6ヶ月間実施し、路上に放置されたふんがDNAデータベース照合で登録済みの犬と一致した場合、市が飼い主に罰金を科すことになったと報告した。
飼い主らに犬を獣医に連れて行くよう呼び掛け、獣医は犬の口から綿棒でDNAを採取する。
市はDNAデータベースを構築して、ふんと登録済みの犬を照合し、飼い主を特定する。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/article/lifestyleMolt/idUSLG37942520080916)で知ることができる。