Das digitale Evangelium

デジタル福音

2000年の最初の週にドイツの雑誌DER SPIEGELが8ページにわたって、ハンス・マグナス・エンゼスベルガー(Hans Magnus Enzensberger)の執筆で特集を組んだ、デジタル社会における宗教改革のタイトル。1517年にマルチン・ルター(Martin Luther)がビッテンブルグ(Wittenberg)の教会の扉に95カ条(95Thesen)の堤題を掲げて始まったと歴史で習った宗教改革は、決して突然起こったのではなく、1400年代の末から続いていた宗教への不信が発端であったといわれている。その大きな要因が、印刷技術の発明により、拝む対象であった聖書を、人が読むようになったといわれ、1534年にはドイツで初めて、一般市民が読めるドイツ語で記載されたLuther BibelがWittenbergで出版されている。
そして、印刷技術発明から約500年後にコンピュータが誕生し、デジタル革命が始まった。このデジタル革命が、宗教の社会でどのように吸収され、影響するか注目する必要がある。ただし、世間に認められたMartin Lutherの顔が、時代と共に権力志向にどんどん変化し、ルターを描き続けたクラナッハは1551年に、自らキリストの聖血(ドイツ語/das Blut Christi,ラテン語/sanguis christi)を受けた「聖餐式」の絵を描いている。カトリックでは、式の中で祝福された葡萄酒は十字架の上で流されたイエスの血にかわるという化体説(けたいせつ)をとっているが、プロテスタントは、イエスの十字架とその苦難を想起するための象徴に過ぎない(象徴説)と考えているが、当時のクラナッハは、カトリックの化体説を信じていたようである。また、キリストの胸の傷跡や手や足に打たれた釘の傷跡などが、聖者にも表れることを(英語:Stigmatization/ドイツ語:Sigmatisation/聖痕を付けられた/焼き印を付けられた)という。このような絵画や版画はドナウ派の絵画に多く登場している。クラナッハの絵に関しては、ルターとクラナッハが聖人化したということをアピールするために描かれたプロパガンダであるという評論家もいる。また、最後の晩餐で、「ワインは私の血であり、パンは私の肉である」とキリストが言ったということから、キリスト教ではキリストの血をワインに、キリストの肉をパンに例え、ワインとパンを食すことで、神の加護を受けるというが、これは狩猟民族と農耕民族に違いか?私には神を食すという考え方が理解しがたい。カトリックとプロテスタントが協力して作った新共同訳聖書のコリントの信徒への手紙1の10章16節には「わたしたちが神を讃美する賛美の杯は、キリストの血にあずかることではないか?」とある。ヒエロニムスが訳したVulgataと呼ばれるラテン語訳では calicem benedictionis cui benedicimus nonne communicatio sanguinis Christi estとそれぞれなっている。
またインターネット上には米国の発明博物館Inventors MuseumのURL(http://www.inventorsmuseum.com/)や発明応援団のURL(http://kobe.cool.ne.jp/mpm0127/)もある。また、ドイツのマインツにあるグーテンベルグ博物館のURL(http://www.gutenberg.de/)、英語版のURL(http://www.gutenberg.de/english/index.htm)でも多くの情報が入手できる。
また、宗教の自由を訴えているThe Religious Freedom Pageもある。詳細情報はURL(http://religiousfreedom.lib.virginia.edu/home.html)で知ることができる。
ローマ法王Santo Padre Giovanni Paolo IIが初めて、2001年11月22日に電子メールを発信した。しかし、その内容はオセアニアで起こした聖職者による性的犯罪に対する謝罪文であった。詳細情報はURL(http://www.vatican.va/cgi-bin/w3-msql/news_services/bulletin/news/10247.html?index=10247&lang=it)で知ることができる。
2001年9月11日に起こった同時多発テロの影響か、米国の非営利団体ピュー・インターネット(Pew Internet)が2001年12月23日に発表した調査報告によれば、インターネットで宗教的な情報を求めている米国人が2000年に比べると大幅に増加し、米国成人のインターネット利用者の25%に当たる2,800万人が、宗教的、精神的安堵を得るためにインターネットにアクセスしていることを報告した。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/releases/release.asp?id=36)で知ることができる。
また、家族向けとしてインターネット上には電子聖書(Old and New Testament Bible Stories for the Family)も登場している。詳細情報はURL(http://www.antelope-ebooks.com/RELIGIOUS/biblestories.html)で知ることができる。
バチカンは2002年2月28日に「インターネットの倫理(ETHICS IN INTERNET)」と「教会とインターネット(The Church and the Internet)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.vatican.va/roman_curia/pontifical_councils/pccs/documents/rc_pc_pccs_doc_20020228_ethics-internet_en.html)または、URL(http://www.vatican.va/roman_curia/pontifical_councils/pccs/documents/rc_pc_pccs_doc_20020228_church-internet_en.html)で知ることができる。
また、「破壊主義とキリスト教主義(Anarchy and Christianity)」「宗教と技術と政治(Jacques Ellul on Religion, Technology, and Politics)」「イメージには限界がある!(The Humiliation of the Word)」 「キリストとマルクス(Jesus and Marx)」「金と力(Money and Power)」「政治的な神と政治的な人(The Politics of God and the Politics of Man)」など、かなり、過激な宗教論や芸術論のJacques Ellul, John Howard Yoder ,Jean Lasserreの本がPDFやTEXTでダウンロードできたり、読むことができる(http://www.jesusradicals.com/main/library.html)もある。米国のPIP(Pew Internet & American Life)がベビーブームとインターネットの関係を調査し、2002年11月14日に公開した。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/releases/release.asp?id=53)で知ることができる。
abc newsは2002年12月27日に、世界で始めて米国人のMs Brigitte Boisselierが、2002年12月26日に31歳の女性から7ポンド(3.1kg)の女の子(Eva)のクローンを誕生させたと発表したことを報道した。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/wire/US/ap20021227_1817.html)で知ることができる。
AlterNetは2003年9月9日に、9月11日に近づいたことから、9/11特集としてLakshmi ChaudhryとChristopher Scheerによる「PATH OF LIES: 9/11 TO IRAQ(911同時多発テロがイラク攻撃を許可した)」、John Tirmanによる「RETHINKING HOMELAND SECURITY(国家安全再考)」、David Morrisによる「A TALE OF TWO SEPTEMBERS(検討すべき2つの9月)」、David Coleによる「AN OUNCE OF DETENTION(留置場への仲介人)」、Danny Schechterによる「9/11 PROPAGANDA, HOLLYWOOD STYLE(ハリウッド・スタイルの911プロパガンダ)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/story.html?StoryID=16747)または、URL(http://www.alternet.org/story.html?StoryID=16711)または、URL(http://www.alternet.org/story.html?StoryID=16712)または、URL(http://www.alternet.org/story.html?StoryID=16715)または、URL(http://www.alternet.org/story.html?StoryID=16735)で知ることができる。
米国のPew Internet & American Life Projectは2004年4月7日に、信仰とインターネットに関する調査として「Faith Online」を公開し、米国人は64%の人が精神や宗教にインターネットを使っているという結果を報告した。調査レポートのPDFはURL(http://www.pewinternet.org/reports/pdfs/PIP_Faith_Online_2004.pdf)でダウンロードができる。
宗教から見放され、迫害を受けてきたゲイであったが、米国で同性の結婚が許可されるようになり、結婚式でゲイに神のご加護を与える神父が登場しているとDara ColwellがAlternetで2004年7月17日にコラム「GAY WITH GOD」を公開した。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/story/19218/)で知ることができる。スタンフォード大学医学部(Stanford University School of Medicine)では、細胞研究とクローニングに関するサイト「Stanford Center for Biomedical Ethics [RealOnePlayer, pdf]」を開設している。詳細情報はURL(http://scbe.stanford.edu/)で知ることができる。
インターネットやコンピュータの発達は、第2の宗教改革時代の到来が予測されていることから、PBSが「神様の質問(The Question of God)」というコンテンツを公開した。詳細情報はURL(http://www.pbs.org/wgbh/questionofgod/)で知ることができる。
CNNは2004年10月14日に、バチカン図書館が、マヌスクリプトや最古の完全な聖書など、160万の古書の収集追跡を可能にするため、2003年から最先端技術を導入して「希少本のDNA」をそれぞれの本に与える作業で、すでにバチカンの古書30,000冊にRFIDチップを導入したと報告した。つまり、これまでにも、蔵書印などで、どこの図書館にあった本だったのかなどは判明していたが、RFIDが蔵書印や蔵書票(エクスリブルス)の役目をするようになると、あまりにも実用的になりすぎ、多くのアーティストが作ってきた蔵書票とは違い、何となく味気ないことになる。また、このような技術が多くの図書館で導入すると、これからは古書屋さんも大変で、ナチによって持ち出された絵画の返還裁判のように、古書屋で発見された本がどこの図書館から流出した本で、その流出経緯によっては返還請求なども起こることだろう。これからは安易に古書の購入すると事件に巻き込まれる可能性が出てきた。詳細情報はURL(http://edition.cnn.com/2004/TECH/10/14/spark.rfid.vatican/)で知ることができる。
ローマ法王のヨハネパウロ二世(Pope John Paul II)が発行した最後の公文書(Apostolic Letter)は、「to those responsible for communications(コミュニケーションに責任)」で、このApostolic Letterは2005年1月に、フォーリー大司教(Archbishop Foley)と話した後に、ジャーナリストのPatron SaintであったFeast of Saint Francis DeSalesの記念として発行するとヨハネパウロ二世が申し出て、入院中であった2005年1月24日に急速に進化しているメディア技術の世界にいくつかの指導原理を作成する目的で出されました。
これは、ケネディがテレビ時代の幕開けと同期したように、インターネットなどを利用したメディア技術とコミュニケーションの時代が同期した文書になるとBroadcasting & Cableが2005年4月4日に報告している。詳細情報はURL(http://www.vatican.va/holy_father/john_paul_ii/apost_letters/documents/hf_jp-ii_apl_20050124_il-rapido-sviluppo_en.html)または、URL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA514756.html?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。
ロイターからの情報としてsilicon.comは2005年4月4日に、ローマ法王のヨハネパウロ二世(Pope John Paul II)死去の情報は「The Holy father died this evening at 21:37 in his private apartment,」と、SMSと電子メールで知らされ、これは約2000年の教会の歴史で初めてリアルタイムで知らされたと報告した。詳細情報はURL(http://networks.silicon.com/mobile/0,39024665,39129237,00.htm)で知ることができる。
IFEX(International Freedom of Expression eXchange)は2005年5月16日に、ポーランドの国立ラジオPolskie Radioで4月9日に、Radio BISのエディタPawel Sitoが民主的な必要性から、好戦的なフェミニスト、同性愛者、および芸術家によってよく行かれた「夫人(Madame)」と呼ばれるワルシャワの政治上の討論研修クラブが若いカトリック教徒と無神論者に権利を与えられた討論で、故ローマ法王のヨハネパウロ二世を批判したライブ放送を上演し、その後に放送会社の中で、Radio BISのエディタPawel Sitoをつるし上げるという決定を下し、解雇について議論していると報告した。
RSFは、Sitoのつるし上げはポーランドで自己検閲を強化しそうであると指摘し、ポーランドではヨーロッパの法的基準に応じるべきで、故ローマ法王ヨハネパウロ二世など、敏感であると考えられた対象のためにも例外を作るべきではないと意見を述べている。詳細情報はURL(http://www.ifex.org/en/content/view/full/66678)で知ることができる。
ABC Newsは2005年10月5日に、バチカンで開催された世界宗教会議のオープンディスカッションの場で、一部の高位聖職者が中絶権を支持するカトリック政治家と合っていたという情報が出て、機密トピックに関する率直な議論をじゃましているということで、世界宗教会議の情報配信を禁止し、バチカンの報道官は、5つの言語で2005年10月2日から23日に協会運営についてPope Benedict XVI(ベネディクトXVI司教)からアドバイスを受ける「Synod of Bishops」に関する秘密の議論の概要を5つの言語で提供する手配をしていたが、英語のメディア向け文章を要約しているJohn Bartunek牧師が、「some concern among some of the fathers(何人かのファーザーから懸念される)」情報があると言い、イタリア語でブリーフィングをするGiorgio Costantinoが司教の言葉をゆがめて伝える可能性があるかもしれない。。会議ホールの音響効果が必ずしもよくないので、ブリーフィングをする人によっては「might get it wrong(間違えるかもしれません)」と言い、CostantinoとBartunekは、会議の新機能として、各日の終わりに司教が特定の話題を議論するために発言できる「自由な討議時間(free discussion period)」を加えることを提案し、多くの情報を自由に取り扱う最高の方法を考えることを模索し始めていると報告した。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=1186188)で知ることができる。
ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月10日に、東トルコの田舎Dogubayazitで3人の子供が鳥インフルエンザで死亡したと報告し、3人は同じ家族の兄弟で、感染してから1週間以内に死亡し、4人目の子供も感染したが病気を乗り切った、トルコだけでH5N1に感染した人が14人確認され、ヴァン州(Van province)では、さらに38人がH5N1に感染している可能性があり、トルコ保健省(Turkish Minister of Health)のDr. Recep Akdagを含むWHOのスタッフは2006年1月8日にヴァン州へは入り、危険因子と制御測定を評価して、地方公共団体と追加設備の供給と必要性について議論するため、現在疫学の状況を調査している。トルコはヨーロッパの入り口であり、16世紀初めに宗教改革のきっかけになり、黒死病の死の恐怖からボッカチオ(G. Boccaccio)が書いた7人の美しい女性と、3人の青年が毎日代わる代わるに話をした「デカメロン(Decameron)」が500年後に再来したようで、新年早々このニュースが全ヨーロッパを駆けめぐり、一気にヨーロッパ全体を恐怖に陥れていると報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-10-08.asp)で知ることができる。
The Pew Hispanic Centerは、大きく変化してきている米国とラテン・アメリカの信頼関係について調査した最新のレポート「Changing Faiths: Latinos and the Transformation of American Religion」を2007年4月に公開した。とくに背景となっている、米国とラテン・アメリカの宗教意識の変化について詳細をThe Pew Hispanic Centerは、Pew ForumとReligion&Public Lifeの共同作業によって、ラテン・アメリカの礼拝、ラテン系指向と教会、肖像画など、4600以上のインタビューから得た宗教意識の変化を調査している。詳細情報はURL(http://pewhispanic.org/files/reports/75.pdf)で知ることができる。
Expatica Netherlandsは2007年9月19日に、BBC(British Broadcasting Corporation)の自然番組から、オランダの放送局が一部を削除したことについて、オランダとベルギーの科学者数100人が、そのようなことをしないように嘆願書を提出し、BBC画素の嘆願書にサインしたと報告した。それはEO(the Evangelical Broadcasting Organisation/プロテスタント放送協会)の生物進化論者Gerdien de Jongが、BBC自然シリーズにおける進化論の参照部分を変えたか、または取り除いていたことを発見し、陳情が始められ、その嘆願書は2人の生物学者によって始められ、2007年9月19日には379人の科学者が署名した。オランダの放送局は、10回のBBC自然シリーズの最後の部分の放送で、類人猿について議論する「The Life of Mammals」の部分が完全に削除されていた。なんと、「The Life of Mammals」はDavid Attenboroughの作品でる。詳細情報はURL(http://www.eo.nl/portals/nieuws.jsp?newsitem=5290672&portal=5011505)または、URL(http://evolutie.blog.com/1962396/)または、URL(http://www.bbc.co.uk/nature/animals/mammals/)で知ることができる。
メルボルン大学(University of Melbourne)のeScholarship Research Centreが2008年7月に「Evangelists of Empire? Missionaries in Colonial History」をPDFで公開した。
植民地化の途中で宣教師が担った役割は、何10年間も歴史家だけではなく、他の研究家にとっても好奇心をそそって、そして、この話題における学究的な編集はかなり貴重な資料といえる。
内容としては、性、競争、および植民地支配の現在の概念までを15のテーマで掘り下げている。
さまざまな方法論、そして理論上のアプローチ、「伝道プロジェクトの合併」や「グローバル任務」などのセクションは、「帝国主義」「イギリス植民地の世界に向けたMoravian使節」「政府機関任務、植民地主義、および政治」へと拡大していった。
宗教で、いかに「帝国主義」「政府機関任務」「植民地主義」「政治」を正当化するか!
[Table of Contents]
Context and Critique
Missions, Colonialism and the Politics of Gender---p. 3
Missions, Colonialism and the Politics of Agency---p. 13
*A Global Mission
Negotiating Colonialism: The Life and Times of Arthur Wellington Clah---p. 23
Sex and Salvation: Modelling Gender on an Indian Mission Station---p. 33
Reassessing Missionary Conflict with Colonial Authorities: Sovereignty, Authority and the Civilising Mission in Jamaica---p. 47
Through a Glass Darkly: Lydia Brown, a Pioneer Missionary's Partner---p. 61
The Congo Balolo Mission and the Indigenous Christian Community: The Agency of Locals---p. 73
*Missionaries in Early Australia
Salvation and Conciliation: First Missionary Encounters at Sydney Cove ---p. 87
The Nucleus of Civilisation: Gender, Race and Childhood in Australian Missionary Families, 1825-1855---p. 103
'To Exercise a Beneficial Influence over a Man': Marriage, Gender and the Native Institutions in Early Colonial Australia---p. 115
'From the Influence of Their Parents': Aboriginal Child Separations and Removals in Early Melbourne and Adelaide---p. 125
*Consolidating the Missionary Project
'The Grand Experiment of the Civilisation of the Aborigines': a Missionary Endeavour in Western Australia---p. 145
Parallel Fantasies: Tourism and Aboriginal Mission at Lake Tyers in the Late 1870s and 1880s.---p. 161
Professions of Christian Love: Letters of Courtship Between Missionaries-to-be Daniel Matthews and Janet Johnston, 1872-1873---p. 173
Imperial Critics: Moravian Missionaries in the British Colonial World---p. 187
*Missionaries and Assimilation in the Twentieth Century
'That There was Love in This Home': The Benedictine Missionary Sisters at New Norcia---p. 201
'A Longing Desire in My Heart': Faith, Family and the Colonial Frontier in the Life of Euphemia Kramer 1887-1971---p. 215
'She Has the Native Interests Too Much at Heart': Annie Lock's Experiences as a Single, White, Female Missionary to Aborigines, 1903-1937---p. 229
Disrupting Assimilation: Soldiers, Missionaries and Aboriginal People in Arnhem Land During World War II---p. 245
詳細情報はURL(http://msp.esrc.unimelb.edu.au/shs/index.php/missions)で知ることができる。
中国で起こった「アヘン戦争」では、宗教が「帝国主義」「政府機関任務」「植民地主義」「政治」のために、麻薬、愛までが「福音」として利用されていた。
現在、中国で行われている北京オリンピックを俯瞰すると、もしかするととんでもないものまで見えてくる。
ロックンロールは、現在の福音書、伝道師なのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10626)で知ることができる。

●バチカン情報がある「Vatican Exhibit」のURL(http://www.ibiblio.org/expo/vatican.exhibit/exhibit/Main_Hall.html)
●バチカンの図書館がある「The Vatican Library 」のURL(http://www.ibiblio.org/expo/vatican.exhibit/overview.html)または、URL(http://www.ibiblio.org/expo/vatican.exhibit/exhibit/a-vatican_lib/Vatican_lib.html)
●ヨーロッパの中世の情報がある「Internet Medieval Sourcebook」のURL(http://www.fordham.edu/halsall/sbook.html)
●ヨーロッパの中世の情報がある「Labyrinth: Medieval Resources」のURL(http://www.georgetown.edu:80/labyrinth/labyrinth-home.html)
●ヨーロッパの中世の情報がある「The Decameron Web」のURL(http://www.brown.edu/Departments/Italian_Studies/dweb/dweb.shtml)
●ヨーロッパの中世の情報がある「The Online Medieval and Classical Library」のURL(http://sunsite.berkeley.edu/OMACL/)
●ヨーロッパ中世のオスマントルコ軍と十字軍に関する情報がある「An Internet Resource for Studying the Church of the Middles Ages」のURL(http://www.medievalchurch.org.uk/crusades.html)
●Manchester University Pressのヨーロッパ中世のオスマントルコ軍と十字軍に関する情報があるURL(http://www.medievalsources.co.uk/mp_crusades.htm)
●自分で中世の城をWeb上で造ることができるbuild a medieval castleのURL(http://www.yourchildlearns.com/castle.htm)
●中世の城での生活を解説しているLife in a medieval castleのURL(http://www.castlewales.com/life.html)
●イギリスの中世の城での生活を解説しているLife in a medieval castleのURL(http://www.castles-of-britain.com/castle33.htm)
●世界の宗教と、その信者数に関する情報があるURL(http://www.adherents.com/Religions_By_Adherents.html)


Das digitale Evangeliumの表紙
ドイツの雑誌DER SPIEGEL/no.2/10.1.2000の表紙
Das digitale Evangeliumの特集巻頭ページ
1534年に世界で最初にドイツ語で印刷されたLuter Bibel
1485年にKobergerが印刷した聖書に登場するJohannesのEvangelium
1485年にKobergerが印刷した聖書に登場するLukasのEvangelium
1485年にKobergerが印刷した聖書に登場するMarkusのEvangelium
1485年にKobergerが印刷した聖書に登場するMatthaeusのEvangelium
1541年にクラナッハが木彫をしたルター・バイブルの表紙
1522年に描かれたMartin Luther
1532年頃のMartin Luther
1551年頃のMartin Luther
キリストの聖血を受けるCranachとその横に立つLuther(1555年)
1626年に出版されたマルチン・ルター予言集表紙-1
1626年に出版されたマルチン・ルター予言集表紙-2
1626年に出版されたマルチン・ルター予言集表紙-3
1626年に出版されたマルチン・ルター予言集表紙-4
1626年に出版されたマルチン・ルター予言集表紙-5
1626年に出版されたマルチン・ルターの予言集表紙-6
1626年に出版されたマルチン・ルター予言集表紙-7
1626年に出版されたマルチン・ルター予言集のGIFアニメーション
修理中の「最後の晩餐」
剥落した「最後の晩餐」部分-1
剥落した「最後の晩餐」部分-2
「最後の晩餐」修理風景-1
「最後の晩餐修」理風景-2
コリントの信徒への手紙1の10章16節ギリシャ語原文:ネストレ・アーランド27版
ギリシャ語でキリストの血
A Brief History of the InternetのTimeline
米国の人種別オンライン利用比率2000/04/11現在
ドイツのドメイン数の伸び
ドイツの種類別ドメイン数の伸び
ドイツのドメイン数の伸びと、必要な金額
ドイツのホスト数の伸び
ドイツのホスト数の伸びと金額
言語別世界のインターネット・ユーザー
言語別ユーザーの円グラフ
マインツのグーテンベルグ博物館の巻頭ページ
米国の人種別、年代別現状(2000年10月16日)をグラフ化したデータ
Frankfurt Buchmesse 2000のオープニング
電子化は天国か地獄かというFrankfurt Buchmesse 2000のミーティング
米国の白人と黒人のインターネット利用比較と将来
米国の広帯域通信の伸びと種類の比較
米国における宗教とインターネット
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
米国低所得地域のパソコン所有とインターネット環境
米国のメディアの規模とその数の比率
Metropolisのロボット全身
米国のConsumer Reportsが調査したAOLとフィルタリング・ソフト評価
2001年3月のeBook事情
バチカンの巻頭ページ
バチカンのメニューページ
2001年3月における米国の人種別メディアの選択
1434年(世宗16年)に朝鮮で鋳造された甲寅活字で印刷された「啓蒙篇」
Oxford大学のLuciano Floridiが公開したWhat is the Philosophy of Information?
Googleが公開した2001年9月11日の同時多発テロ関連アクセス・ログ
2001年10月31日の近畿地方におけるブロードバンドエリアの現況
ローマ法王Santo Padre Giovanni Paolo IIの謝罪電子メール
19世紀にグーテンベルグの印刷技術を知るために作られたレプリカ
聖Seb. MuensterのCosmography,1578にある印刷起源解説
バチカンから21世紀最初のクリスマス・メッセージ
米国で大幅に増加したインターネットに求める宗教意識
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
21世紀に向けたRevolutionzing Space Transportation for the 21st Century
マインツにあるグーテンベルグの銅像を写真に撮るとマクドナルド
2001年12月のナローバンドとブロードバンドのユーザー比較
Gatener Groupが2002年2月4日に公表したE-Books Research
バチカンが公開した「インターネットの倫理(ETHICS IN INTERNET)」
バチカンが公開した「教会とインターネット(The Church and the Internet)」
米国の博物館と図書館レポート2002
米国のPIP reportsが公開したブロードバンド革命調査レポート
米国国会図書館が推奨した学校図書館に役立つサイトのリスト
EBONIの電子ブック・デザイン ・ガイドライン
Parks Associatesが2002年8月7日に公開した米国のブロードバンド化予測
Walter Benjamin著The Work of Art in the Age of Mechanical Reproduction, 1935
PIPが報告した、両親がいる人といない人でのインターネットの利用比較調査
米国国会図書館が実施したイベントの実態と内容に関する調査報告書
PATH OF LIES: 9/11 TO IRAQ(911同時多発テロがイラク攻撃を許可した)
RETHINKING HOMELAND SECURITY(国家安全再考)
A TALE OF TWO SEPTEMBERS(検討すべき2つの9月)
AN OUNCE OF DETENTION(留置場への仲介人)
9/11 PROPAGANDA, HOLLYWOOD STYLE(ハリウッド・スタイルの911プロパガンダ)
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された当時最新のミュンヘンの図書館
ミュンヘン王立図書館の階段
Illustrirte Zeitung1846年11月21日号に掲載されたJacquet Drozが開発した自動式文字書き機械
Illustrirte Zeitung1846年11月21日に掲載されたFaber教授が開発した言葉をしゃべる機械
Illustrirte Zeitung1846年2月21日に掲載されたLutherの生涯
Illustrirte Zeitung1846年3月28日に掲載されたLuther記念碑
Luther聖霊碑
Luther生誕の部屋
Lutherの仕事机
Lutherの仕事部屋
Lutherが死亡した部屋
Illustrirte Zeitung1845年11月8日に掲載された自動演奏機
Illustrirte Zeitung1845年3月1日に掲載されたウィーンの革命で殺害されたCrasen Ballet-Latour将軍
Illustrirte Zeitung1850年3月2日に掲載されたAufustBayerの自動ギター
Illustrirte Zeitung1850年5月11日に掲載されたM.Schsterのクラリネット
Illustrirte Zeitung1850年5月11日に掲載された調整機能付きトランペット
Illustrirte Zeitung1849年4月28日に掲載されたG.Sanberのオルガン自動演奏機
米国のPIA Life Projectが2004年4月7日に公開した、信仰とインターネット調査結果
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載されたEnharmonische Guitar
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載されたEnharmonische Guitarの音プログラム
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載されたEnharmonische Guitarの弦構造
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたKirtlandのモルモン教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたミズーリのモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたモルモン教の教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載された北米を旅するモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載されたモルモン教徒の隊列
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載された北米のモルモン教徒の村
Illustrirte Zeitung1852年6月19日に掲載された北米の黒人司教
Illustrirte Zeitung1852年8月7日に掲載された足を洗う米国の信仰儀式
Illustrirte Zeitung1854年9月23日号に掲載されたアレキサンドリア図書館跡
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の資料室
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の雑誌資料室-1
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の雑誌資料室-2
Illustrirte Zeitung1854年1月21日号に掲載されたLutherの銅像
Illustrirte Zeitung18554年5月20日に掲載されたLeiptizドイツ書籍商見本市
Stanford Center for Biomedical Ethics Annual Report 2001-2002
ローマ法王のヨハネパウロ二世が発行した最後の公文書
ヨハネパウロ二世
バチカン市国にあらわれたSNAP President Barbara Blaineのメッセージ
最新のレポート「Changing Faiths: Latinos and the Transformation of American Religion」

ID(Intelligent Designs)
スコープス裁判
グーテンベルグ革命
性とメディア
未来年表
未来年表-2
未来年表-3
未来年表-4
デジタル・バウハウス
プレ・グーテンベルグ革命
司教から「邪悪のインターネット」への警告
広帯域革命
Whatcha Doin', Marshall McLuhan?
HOTtech
ニューロラブ計画
CyberHome
メディア・ビッグバン
Truster
デジタル情報の劣化消滅
the LibraryLINK program
インターネット
ニフティサーブ
パソコン通信販売
強制ライセンス
バーチャル書店
ホーム・オフィス
Medio
NICHIGAI/WEBサービス
電子図書館
電子図書館/2003年
電子図書館/2004年
電子図書館/2005年
電子図書館/2006年
モデル電子図書館事業
ブック・オン・デマンド
米国国会図書館オンライン化計画
デジタル・アーカイブ
サイバー博物館
仮想美術館
科学の扉
Libraries Online!
TiARA
ユニバーサル電子図書館
デジタル図書館プロジェクト
プロジェクト・グーテンベルグ
The Libyrinth
臨場感図書館・博物館
TiARA
バーチャル書店のホームページ
電子図書館のホームページ
OTE
全国科学博物館協議会
未来科学技術情報館
PLATON
IBM Digital Library
Books
古代史関連のサイト(一般)
古代史関連のサイト(一般)-2
古代史関連のサイト(一般)-3
古代史関連のサイト(エジプト)
古代史関連のサイト(中国)
古代史関連のサイト(ギリシャ・ローマ)
古代史関連のサイト(インカ・マヤ・アズテック)
古代史関連のサイト(メソポタミア・中東)
古代史関連のサイト(インダス・古代インド)
ネットワーク上の辞典・事典・辞書・用語解説・用語集
ネットワーク上の辞典リンク集と百科事典
ネットワーク上のマルチメディア関連辞典・事典
漢籍データベース
オンライン小説
Shocked CD
図書情報館
原本テキストデータベースプロジェクト
ALAWON
ACLUのカリフォルニア州カーン郡に対する警告
フィルタリング・システム
HDC
セキュア・アーカイバ
提案/国会図書館雑誌記事索引データベース
文化財情報システムフォーラム
中古パソコン寄付を促進する新法
超高精細「国宝仏像」画像ブラウジングシステム
IFLA
NACSIS-IR
ニフティサーブのドメイン名の変更
MCI Cybrarian of the Year
Online Books
Cybrarian
情報過疎
ebase
コンピューター書籍月間ベストセラー情報
shopIBM
メディア・ルネッサンス
データベース保護法案
辞書にこだわる
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
納本制度調査会
デジタル情報の劣化消滅
LifeCenter
Universal Service & Phone Bills-1
Universal Service & Phone Bills-2
LINUS/NC
PFI
家族で博物館を訪ね、一緒に勉強するためのガイド
Children's Book Committee
RocketBook
SoftBook
画像処理検定
CLIS/400
ReaD
リソース
リモート・コントロール・ソフト
京都デジタルアーカイブ推進機構
variable media initiative
Wild@Start
SCRAN
電子書籍コンソーシアム
Vメイト
eBook
PQD
ExSight
OverDrive BookWorks
Time Warner Quick Reads
DynaWeb
DynaText
歴史を教える先生のためのURL
歴史的に有名な人に関連したURL
ClearType Font Technology
Response
デジタルアーカイブ権利問題ガイドライン(案)
Forging A Connected Global Village
the Future of the Web
ドクターマウス
デヴァン
シェアメール
AIBO
ソニー・ワンダー・テクノロジー・ラボ
NEW MEDIA VS. OLD MEDIA
店頭出版
The HONDA HUMANOID ROBOT
メディア最前戦の戦死と殺人
メディア最前戦の戦死と殺人/2000年
メディア最前戦の戦死と殺人/2001年
メディア最前戦の戦死と殺人/2002年
メディア最前戦の戦死と殺人/2003年
メディア最前戦の戦死と殺人/2004年
メディア最前戦の戦死と殺人/2005年
メディア最前戦の戦死と殺人/2006年
メディア最前戦の戦死と殺人/2007年
EBXA
ベビー・ビル
フランス文化通信省、公共図書館の「ネット化」提言
JEPAX
Cye
パーソナルロボットR100
デジタル版連邦議会図書館
デジタル書誌学
この2000年で最も大事な発明はなにか?
2000年問題
99年問題
来1000年紀
Project Change of Century
Earthrise 2001プロジェクト
Apocalypse Roulette
46億年の100大ニュース
Millennium Timepeace
デジタル環境の発達史〜1944年
デジタル環境の発達史1945年〜1959年
デジタル環境の発達史1960年〜1964年
デジタル環境の発達史1965年〜1969年
デジタル環境の発達史1970年〜1974年
デジタル環境の発達史1975年〜1979年
デジタル環境の発達史1980年〜1982年
デジタル環境の発達史1983年〜1984年
デジタル環境の発達史1985年
デジタル環境の発達史1986年
デジタル環境の発達史1987年
デジタル環境の発達史1988年
デジタル環境の発達史1989年
デジタル環境の発達史1990年
デジタル環境の発達史1991年
デジタル環境の発達史1992年
デジタル環境の発達史1993年〜
マルチメディア関連一般科学史年表
プリンタの発達史〜1984年
事務機の発達史〜1968年
デジタルカメラの流れ/1993年まで
デジタルカメラの流れ/1994から1997年まで
デジタルカメラの流れ/1998年
デジタルカメラの流れ/1999年
デジタルカメラの流れ/2000年前半
デジタルカメラの流れ/2000年後半
デジタルカメラの流れ/2001年前半
デジタルカメラの流れ/2001年後半
デジタルカメラの流れ/2002年前半
デジタルカメラの流れ/2002年後半
デジタルカメラの流れ/2003年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第4四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第4四半期
この2000年で最も大事な発明はなにか?
未来人間
未来におけるパブリックメディアとしてのテレビ-1
46億年の100大ニュース
TIME 100
AfroFuturism | Forum
ミレニアム・プロジェクト
Millennium Live - Humanity's Broadcast
神学におけるクローン技術
サイボーグ
サイバネティックス
不死の本
デジタル・デバイド
Robot-ism 1950-2000
PONG
人間DOG
アクア・エクスプローラ
World-Information.Org
Communication Robot BN-1
EBX
コンテンツと歴史から成り立つMuseum Europe
デジタル・デバイド
クリントン大統領とゴア副大統領(当時)のdigital divideタッグ
米国-アジア間のインターネット国際回線費用
i-engineering
もてあそばされた戦争の設計図
故宮文化資産のデジタル化に関する応用研究
アルカディア
日常活動型ロボットコンソーシアム
偽銀行サイト警報
RealityRun.com
Pieta Project
Glassbook Reader
mc hawkingの「天地創造のくそったれ!」
VitalBook
オンデマンド出版
世界で公開しているグーテンベルグ聖書
P/PP(pay per print publishing)
H-1Bビザ
E-keep
Palm Pilot Robot
The e-book wars
ePubExpo
FirePublisher
World Computer Exchange
タブレット・コンピュータ
Nikonnet
TumbleBooks
Intel Computer Clubhouse Network
ASIMO
SDR-3X
音声ドメイン
ROBODEX
ラスト・ワンマイル
CIMI(Consortium for the Interchange of Museum Information)
Dot-Museum
電子辞書
3DDS
Bibliotheca universalis
BARt-UH
ザウルス文庫
情報世紀
ドット・イレブン革命
レッツフォト
Directable Characters
E-BOOKSも全米図書賞対象になったガイドライン
地域インターネット導入促進事業
PINO
合体変形ロボット
isamu
FCCが発表した高速インターネット接続の現状
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
2001年9月9日問題
ローテク・ハイコンセプト・テロ
米国同時多発テロ事件補足資料
Robo-roach
LOC(the Library of Congress)
Show the Flag!
和歌山地域コンソーシアム図書館
GOVNET
ANDROS
SlugBot
IEEE802.11g
Global Digital Opportunity Project
ユーロ表記文字のどたばた劇
サイバー宗教改革
RWC(Robotic Work Crew)
中古パソコンを生き返らせる工場
中国文物イメージアーカイブ
Japan: Gateway to the Future
Art of Extreme Robotics
ブロードバンド難民
デザイナーベビー
OpenHRP(Open Architecture Humanoid Robotics Platform)
シンギュラー・ポイント
アクセス権
Digital Beat Extra -- The Digital Divide 4/6/2000
Digital Pearl Harbor
電気仕掛けのブンガク賞
OCLC(Online Computer Library Center)
2001年9月11日以降の世界のデータ規制
トリロバイト
バーチャル著作物マーケット
貧乏人ほどインターネットが必要
パロ
DSpace
コンピュータ以外の2000年問題のURL
Cometa Networks
隣接チャネル漏洩電力
spider-bot
2002年12月26日、世界初のクローン・ベービー
Deja Vu
鉄腕アトムのロボット法
オープンソース方式の出版
JAS Net(Japan Asia Solution Networks)
LOOKS21/P
Lucy
ムッシュII-P
アカウンタビリティ
India's Telephone Man
Ashok Jhunjhunwala
Simputer
ΣBook
文化財オンライン構想
Infanoid
タイの「人民のためのPC」プロジェクト
カメラ付き携帯
情報産業の人手不足
HomeNetToo Project
IVP(Information Village Project)
eBooksの死亡宣告?
ケータイ小説
QRIO
BIPA(British Internet Publishers' Alliance)
BBeB(Broad Band e-Book)
電子書籍元年
Current Cites
Digital Cultural Institutions Project
書籍配信サービス
携帯電話出版
Mobipocket
This World: One Day of War
SpeecysOS
Pharming
情報社会学
超低価格携帯電話開発計画
デジタル出版
宗教とメディアとコンピュータとインターネット
昆虫サイボーグ
Community PC
KODAK Preservation
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
Kindle
Evogod