DHT(Distributed Hash Tables)

DHTs

分散ハッシュ・テーブル

特定の端末にアクセスが集中するという問題を解消するために、システムのリソースを均等に分散するための技術の名称。参加ノードの間の一組のキーの所有権を仕切って、ある特定キーの所有者へ効率的にメッ セージを導くことができるようになる。Napster、Gnutella、freenetのよう なファイル共有サ ービス(P2P)を提供するときなどに、帯域幅やハードディスク容量を利用し、同等者へ同等者システムによって、単一の有用な適用を提供するためにインターネットで利用されるようになり、P2Pの必須技術にっている。ただし、同等者が含んでいたデータをいかに見つけるかによって、システムは異なってくる。「DHT(Distributed Hash Tables)」を利用することにより、ノードはひとまとめに 中央調整のないシステムを形作ることができ、システムは何100万のノードと均等になるために効率的に作用するようになり、障害の許容範囲が広がり、信頼度を高めることも可能になる。さらにDHTの位置情報を仮想の座標系を使用してトポロジカルに管理するT-DHT(Topology-Based Distributed Hash Tables)も登場している。詳細情報はURL(http://doi.ieeecomputersociety.org/10.1109/P2P.2005.36)で知ることができる。