CYBER-COMMUNISM-1/マシンに潜むお化け

how the Americans are superseding capitalism in cyberspace/Ghosts in the Machine

サイバー共産主義/仮想空間共産主義

ちまたでは著作権、著作権と騒ぎ、若手のクリエイターが何か新しい行動を取ろうとすると、それは著作権侵害だと騒ぎ出す。MP3では、子供までが新聞ネタにされ、そのうちコンピュータ・ウイルスにまで(c)が付きそうな勢いである。そして、協会もどきを設立し、著作権管理会社を作って、他人の著作権で一儲けを企んでいる企業や「金こそ命」という評論家まで登場して、著作権を連呼している。そんな中で、全ての著作権を廃棄するという過激な意見が出てきても不思議ではない。ただし、無条件で著作権を放棄すれば、他人の著作権で一儲けを企てる、より悪い「金の亡者」が出てきそうでもある。この「マルチメディア・インターネット事典」は、勉強は個人の欲求ですべき、強制すべきではないという基本思想から、個人に対して基本的には著作権を放棄し、有料のCD-Rは、CD-Rの原板代、郵送用袋代、郵送費、マシンのメンテナンス費だけを請求している。あえて(c)を掲載しているのは、これを利用して商売にし、一儲けしようという「金の亡者」を排除するためである。また、現在のNTTが基本回線を提供しているインフラでは、ネットワークで膨大な画像を掲載するのは、多くの利用者に迷惑になることから中止している。一時期AOLジャパンで画像付き「マルチメディア・インターネット事典」を公開したが、これらの思想に反するため中止した。とくに企業のサーバーなどで勝手に立ち上げ、社員に勉強を強要するといった利用が起こらないように、企業向けとして無茶な価格を設定している。ただし、個人が自由に見るために図書館で公開するといったことは、希望があればその内容を検討して許可するようにしている。nettimeでは、CYBER-COMMUNISM(サイバー共産主義)という長い論文がRichard Barbrookによって1999年9月3日に公開された。この考え方には共感する部分もあり、nettimeは営利目的でない場合は転載自由ということであるから、ここに全文を掲載する。ただし、データベース管理上問題になる文字は近い文字に変換し、URLはリンクするように設定した。また、この論文をどのように読むかは読者自身で判断して欲しい。

[全文]
CYBER-COMMUNISM: how the Americans are superseding capitalism in cyberspace

Richard Barbrook


'...is the impact of the ...information revolution on capitalism not the ultimate exemplification of... Marx's thesis that: 'at a certain stage of their development, the material productive forces come into conflict with the existing relations of production...'? ...does the prospect of the... 'global village' not signal the end of market relations... at least in the sphere of digitalised information?' (Zizek 1998: 33-4)


Ghosts in the Machine

A spectre is haunting the Net: the spectre of communism. Reflecting the extravagance of the new media, this spectre takes two distinct forms: the theoretical appropriation of Stalinist communism and the everyday practice of cyber-communism. Whatever their professed political beliefs, all users of the Net enthusiastically participate in this left-wing revival. Whether in theory or practice, each of them desires the digital transcendence of capitalism. Yet, at the same time, even the most dedicated leftist can no longer truly believe in communism. After the fall of the Berlin Wall and the implosion of the Soviet Union, this ideology is completely discredited. The promises of social emancipation turned into the horrors of totalitarianism. The dreams of industrial modernity culminated in economic stagnation. Far from representing the future, communism seems like a relic from the past

Above all, the Soviet Union was incapable of leading the information revolution. The political and economic structures of Stalinist communism were far too inflexible and secretive for the emergence of the new technological paradigm. How could the totalitarian party allow everyone to produce media without its supervision? How could the central planning agency permit producers to form collaborative networks without its authorisation? A much more open and spontaneous society was needed to develop the Net. Excited by the libertarian potential of further digital convergence, the proponents of almost every radical ideology have recently updated their positions. Yet, among the cyber-feminists, communication guerrillas, techno-nomads and digital anarchists, there is no new version of the once dominant current of Stalinist communism. Even its former acolytes admit that the Soviet Union exemplified the worst failures of Fordism: authoritarianism, conformity and environmental degradation. (Hall and Jacques: 1989)

The ideologues of American neo-liberalism have seized this opportunity to lay claim to the future. For almost thirty years, they have been predicting that new technologies were about to create a utopian civilisation: the information society. For instance, the Tofflers have long been convinced that the convergence of computing, telecommunications and the media would free individuals from the clutches of both big business and big government. (Toffler 1980) Similarly, Ithiel de Sola Pool prophesied that interactive television would allow everyone to make their own media and participate in political decision-making. (de Sola Pool 1983) Despite their radical rhetoric, these conservative pundits were primarily interested in proving that information technologies would force the privatisation and deregulation of all economic activity. Their post-Fordist future was the return to the liberal past. When the Net became popular, this free market fundamentalism was quickly adapted to fit the new situation. Most famously, Wired argues that the 'New Paradigm' of unregulated competition between cyber-entrepreneurs is extending individual freedom and encouraging technological innovation in the USA. (Barbrook and Cameron 1996) As the Net spreads across the world, the material and spiritual values of American neo-liberalism will eventually be imposed on the whole of humanity. As Louis Rossetto - the founding editor of Wired - explains:

'This new world [of the Net] is characterised by a new global economy that is inherently anti-hierarchical and decentralist, and that disrespects national boundaries or the control of politicians and bureaucrats... and by a global, networked consciousness... that is turning... bankrupt electoral politics... into a dead end.' (Hudson 1996: 30)


CYBER-COMMUNISM-2/ディゲラティ・カルト
CYBER-COMMUNISM-3/少数派の解放
CYBER-COMMUNISM-4/シリコンバレーのスターリン
CYBER-COMMUNISM-5/聖シモンの復讐
CYBER-COMMUNISM-6/学術的贈り物の経済
CYBER-COMMUNISM-7/著作権の消滅
CYBER-COMMUNISM-8/共有のマーケット
CYBER-COMMUNISM-9/かわいい贈り物
CYBER-COMMUNISM-10/共産主義への道
CYBER-COMMUNISM-11/出典資料
著作権
著作権
著作権関連のURL
BSA(Business Software Alliance)
強制ライセンス
違法コピー・ホット・ライン
デジタル映像の著作権保護
デジタル化権
知的所有権担保融資
著作隣接権
知的財産権
BMI
電子の透かし
深水歩黄金商場
WIPO
グラフィックマン
PictureMarc
サイバー・ノマド
日本音楽著作権協会
SPA
21世紀の知的財産権を考える懇談会報告書
インターネット弁護士協議会
暗号技術
MusicReport
InfoProtect
オブジェクト認証
版権ビジネス
FBI長官の不安と願望
万国著作権条約
セキュア・アーカイバ
パソコン関連の著作権事件年表
パソコン関連の著作権事件年表
CD-ROMレンタル
NSAFER
WIPO MEMBER STATES APPROVED PROGRAM AND BUDGET FOR 1998-1999
VerSecure
Quicken Business CashFinder
データベース保護法案
セキュリティ・フォント
オンライン・モニタリング・サービス
著作権フォーラム
CPTWG
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
Corbis
デジタル情報の劣化消滅
BSAのクリントン大統領とゴア副大統領(当時)の発令記事
SPAのゴア副大統領(当時)の発令記事
Paper Print Film
クリプトカプセル
Record/Playイニシアチブ
DMCA
富山県立近代美術館裁判
SDMI
MP3
CESAの宣言
プロテクト外し規制
MP4
a2b Music
Liqud Audio
メディア・アーティスト協会
MagicGate
OpenMG
Super MagicGate
中古ゲームソフト訴訟
MirroringまたはMirror Caching機能と著作権
EMMS
MS Audio
Openlaw
DRM
onedotzero
ASCI(Art & Science Collaborations, Inc.)
the Boston Cyberarts Festival
X-99
Art Futura
フォーマット・デザインの著作権
1999年5月発表の著作権法の一部改正法律案の概要
CAFE(the Consortium for Audio Free Expression)
SolidAudio
ID付きスマートメディア
デジタルメディア協会
MP3関連のURL
RESFEST
MVP
リサイクルCD
DSS(Digital Speech Standard)
AAP
インターネット経済の格下げ
インターネットはクラブではない
電子メールと著作権法
ラナム法
DSL(Design Science License)
国際知的財産保護フォーラム
Creative Commons
バーチャル著作物マーケット
Peer-to-Peer Piracy Prevention Act
CTEA(Copyright Term Extension Act)
自由利用マーク
EYEマーク
知的財産高等裁判所
SVP(Secure Video Processor)
中国インターネット協会インターネット著作権連盟
KODAK Preservation
暗号の2010年問題