CGM(Consumer Generated Media)

Online Consumer Word>>Online Consumer Buzz

コンシュマー・ジェネレイテッド・メディア

消費者に生成されるメディアの総称。また、みんなが書き込むことで成り立つブログ関連市場の総称としても利用されるようになっている。インターネットが集合的な声を聞いて、共有され、研究することができる声、出版プラットホーム、およびフォーラムを消費者に与え、「CGM」を成熟させ、何100万もの意見と個人的な経験は広範囲の問題、話題、製品、およびブランドの公的なオンラインソースに掲示する。「CGM」は「Online Consumer Word」「Online Consumer Buzz」とも呼ばれている。これまでは企業広告を中心としたメディアが多く、企業の思惑が絡んだ記事で埋め尽くされていたが、「アフィリエイト」の登場で、消費者がクリックすることで広告収入がはいり、また自分のサイトから本などが売れればその手数料がはいるようになり、消費者を多く集めることができることでビジネスが成り立つようになり、一気に「CGM」が注目されるようになった。Intelliseekでは、Intelliseekでは、「CGM」が登場した背景として、「ブログ(Blogs)」「Message boards and forums(伝言板とフォーラム)」「Public discussions/Usenet newsgroups(公共の議論/ユーズネット)」「Discussions and forums on large email portals /Yahoo!,AOL, MSN(オンライン・ディスカッションを可能にする大きいメールの入り口/Yahoo!,AOL, MSN)」「Online opinion/review sites and services(オンライン・レビューサイト・サービス」「Online feedback/complaint sites(フィードバック/苦情サイト)」の登場を上げている。詳細情報はURL(http://www.intelliseek.com/cgm.asp)で知ることができる。ClickZのCyberAtlasは2005年11月7日に、第3世代携帯電話などで公開される「vlog」や「Video iPod」などの登場によって、インターネット・ユーザーの20%がビデオのウォッチを開始し、ダウンロードを始めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.clickz.com/stats/sectors/traffic_patterns/article.php/3562106)で知ることができる。社団法人日本広告主協会Web広告研究会は2005年11月28日に、ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが実施した「ブログ書き込み調査」と「消費者メディア調査」の研究結果を公表した。 詳細情報はURL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112801.pdf)または、URL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112802.pdf)で知ることができる。渋谷のHMVで2006年8月23日にデビューアルバムのプロモーションのために来日したパリス・ヒルトン(Paris Hilton)が、報道関係者のカメラを規制し、ファンの携帯や、デジカメによる撮影は規制しないという、これまでの考え方とは異なった行動に出て、さらに自らデジカメのビデオモードでステージ上からファンを撮影し、YouTubに掲載すると報告した。詳細情報はURL(http://www.youtube.com/parishilton)または、URL(http://www.youtube.com/watch?v=QzeGjujMIGs)で知ることができる。これまでのマスコミ優先から、ファン優先のイベントに方向性が大きく変わってきている。Parks Associatesは2006年12月7日に、インターネット・ビデオ・コンテンツ市場予測レポート「Internet Video Revenues to Exceed $7 Billion in 2010」を公開し、2010年にはUS$70億市場になると予測した。ただし、本格化するのは2008年からで、2007年の収入は85%がユーザーによるコンテンツ、テレビ、およびニュースストリームに取り付けられた広告収入になり、2010年にはテレビ番組と映画のダウンロード・レンタル・サービスが総収入の40%になると予測した。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/press/press_releases/2006/internet-video2.html)で知ることができる。サイバーエージェントとミクシィは2006年12月25日に、「Ameba(アメブロ)」を始めとするブログ・サービスまたは「mixi」を週1回以上利用している全国の男女2,888名を対象に、CGMが購買行動に及ぼす影響などについて「CGMと購買活動に関する調査」を2006年10月25日 10月26日に実施し、購買に影響を与えたコンテンツとして、ブログの場合は、一般の人かつ知らない人のブログからの影響が67%と高く、次いで友人・知人のブログが52%となっている。また、定期的に閲覧しているブログにおいて、モノやサービスが勧められていた場合、購入検討率は約7割にも上ると報告した。詳細情報はURL(http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2006/1225.html)で知ることができる。米国民主党の大統領候補者ヒラリー・クリントン(Sen Hillary Clinton/NY)、バラック・オバマ(Sen. Barack Obama/IL)、ビル・リチャードソン(New Mexico Gov. Bill Richardson)は大統領選に出馬するとWebを活発に利用していることから、米国中のマスコミが米国大統領選と、Webの力を検討し始めた。政治戦略家のハンク・シャインコフ(Hank Sheinkopf/この人もドイツ語で翻訳すると「光る頭」になるのでユダヤ人でしょう)は、「だれが最も良いテレビコマーシャルを開くか、そして、だれが最大のダイレクトメールを配送するか、そして、またはだれが最も多くの電話をかけることができるかというこれまでの方式に関して、(今回の大統領選では)これらのキャンペーンは役に立たないでしょう。これまで以上にネットで、より多く使用される現実を見ることでしょう。」と言い、「発信したいとき、ニュースを発信できる。」と解説している。専門家は、ウェブが安価であり、政治上のメッセージのコントロールを許し、有権者グループを対象とすることができると言っている。ただし、Webのホームページで騒いでいるが、自分が構築したホームページのビデオより、本当の怖さは簡単に口コミで広がる両刃の刃を持った「オンライン・ビデオ共有」とくに「YouTube」の利用といえる。2006年11月7日に投票があった米国の中間選挙で、モンタナ州のコンラッド・バーンズ(Conrad Burns)と、バージニア州のジョージ・アレン(George Allen)という2人の元ブロードキャスターの上院議員は、公聴会で居眠りしていたコンラッド・バーンズ議員が「Conrad Burns' Naptime」としてビデオ共有サイト「YouTube」で公開され、落選した。これまでの、伝統的なメディア、放送、およびケーブルニュースネットワークを利用して当選してきた議員の命日になったとも言われ、同時にこれまでのように巨額の資金を使ってテレビに広告を出してきたが、それらの多くが否定された。詳細情報はロイターの「Clinton campaign shows Web power in White House race」のURL(http://today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=internetNews&storyID=2007-01-22T212052Z_01_N20369612_RTRUKOC_0_US-USA-POLITICS-CLINTON.xml&WTmodLoc=InternetNewsHome_C1_%5bFeed%5d-2)または、ニューヨークタイムズ(New York Times)の「On Web, Voters Question Clinton Directly」のURL(http://www.nytimes.com/2007/01/23/us/politics/23webcast.html)または、ワシントンポスト(Washingtonpost)の「Clinton Dives in Media Waters」のURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/22/AR2007012201303.html)または、ワシントンポスト(Washingtonpost)の「Throwing Their Blogs into the Ring」のURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/22/AR2007012201088.html()で知ることができる。Center for Media Researchは2007年2月1日に、BIGresearchの1万5000人以上の消費者に対する最新の「Simultaneous Media Usage Study(同時多発発生メディア利用者研究)」によれば、雑誌「Time」が「 Person of the Year in 2006」で選んだ「you」とAd Ageの「the Agency of the Year 」で選んだ「the consumer」と共に、2007年のマーケターは、消費者のコントロール・コミュニケーション・モデルの新しい現実に直面したと報告した。BIGresearchのCEOでプレジデントのGary Drenikは、「メディア環境のコントローラーとして、消費者の長期維持された上昇は、研究におけるいくつかの調査結果で明らかになり、そしてまた、多くの広告主が当てにした古いメディア配信モデルも破壊的です。」と解説している。また、VP(BIGresearchのResearch)のJoe Pilottaは、より多くのメディアオプションがあり、成長するマルチタスキングするメディアでは消費者により少ない時間に対し、「同時に消費の間で起こるメディアの間欠使用法で予測された暴露が、他の多くのメディアオプションと共有され、決して起こらないかもしれない暴露をメディアモデルで当てにするマーケターに深刻な問題を起こす。」と結論を下した。どのメディアに影響を及ぼすか尋ねられると、様々な製品カテゴリのために彼らの選択に沿った消費者の広告主費用は大部分が購買決定につながらないとレポートは報告している。つまり、調査における消費者は、広告費を出す場所と同じページにいるとは限らなくなった。Joe Pilottaは、「オンライン検索などのニューメディアオプション、ブログ、メール、テキスト・メッセージング、ビデオ、MySpaceやYoutubeなどのストリーミング、そして、ソーシャル・ネットワークは口コミ宣伝を広げ、伝統的な広告の多くにおいて、より関連しないようになっています。」と分析している。レポートによって、94.2%の消費者が定期的かときどき製品、購入したサービスに関してアドバイスし、また90.8%は仕入れる前にときどき製品とサービスに関して助言を求めるのが判った。この調査結果は、これまでの既存広告の世界が根底からひっくり返ると言うことになった。詳細情報はURL(http://www.bigresearch.com)または、URL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=070201)で知ることができる。


CGUI(Consumer Generated User Interface)
blogosphere
情報革命時代における世界と日本
パソコンの時代は終わった
バブル時代研究会
CNNからブロギングの時代へ
過去の実績評価の崩壊
サラリーマン根性の崩壊
デジタル暗黒時代
フルIP時代
サイバー文化時代における戦略
ごまを擂らなくても生きていける社会
ジャーナリズムの黄金時代
単純な市場調査から、複合的市場調査の時代へ
ソーシャル・ネットワーキング
ブログ
ブログ2004年
ブログ2005年
ブログ2006年
ブログ2007年
ブログ関連のURL
vlog
ブログ・プロデューサー
データベース・パブリッシング
モブログ
フォト・ブログ
アフィリエイト
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2006年
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2007年
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2008年
CMスキップ機能
広告効果戦争の勃発
インターネット広告
インターネット広告/2004年
ゼロ媒体
デジタル広告
インターネット広告/2005年
アドワーズ広告
AdSense
AdSense API
AdSense for feeds
Google Budget Optimizer
Ad Links
Web広告研究会
広告パイプライン
インセンティヴ還元型広告システム
Googleコンテンツターゲット広告
パーソナライズド広告
MSN adCenter
P4P
ASP(Affiliate Service Provider)
ソーシャルネットワーキングBAR
Splog
ユビキタス・コングロマリット
AISCETASSRRX
広告ツールとしてのブログ
ブログ
ブログ2004年
ブログ2005年
ネット・ユートピア思想
Monetization
個人インフルエンサー
ネット価格基本方程式
マスメディア優先からファン優先の時代
YouTube
マスメディア優先からファン優先の時代
カメラ付き携帯
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
パリス・ヒルトンのCGM大作戦
広告による賄賂を解決するテスト