Cold War II

第2次冷戦

冷戦とは、第2次世界大戦後にVサインの始まりとしても有名なイギリスのチャーチル(Churchill, Winston Leonard Spencer/1874 1965)、米国のル ーズベルト(Franklin D. Roosevelt/1933 1945)、ソ連(当時)のスターリン(Iosif Vissarionovich Dzhugashvili Stalin, Iosif/1879 1953)が行ったヤルタ会議(The Yalta Conference)が始まりで、朝鮮戦争などを経た後、さらに激しくなった米ソの関係を表す言葉として登場したが、サイバー世界で繰り広げられている銃や爆弾などといった火気を使用しない戦争の代名詞として登場した言葉。ヤルタ会議についてはURL(http://history.acusd.edu/gen/20th/coldwar1.html)で知ることができる。米国政府などは輸出規制などで、仮想敵国に高等技術が渡らないように手配したが、現実には市販のゲーム専用機を並列接続することにより、本格的なスーパー・コンピュータを超える能力を発揮し、さらにゲーム専用機の高能力化が進む傾向にあり、輸出規制といった方策では対応できなくなっている。また、静かにネットワークを利用したウイルス攻撃や、機能を停止させるDoS攻撃、他人のサイトにこっそり侵入して乗っ取るバンダル攻撃など、決して高機能コンピュータを必要としないテクニックは拡散し、拡大している。これまで経済や火気戦力を中心に、世界的な発言権を主張する傾向が強かった国際社会を亜酒笑うような戦争が始まっている。 詳細情報は「Law Guides: Cyberspace Law」のURL(http://www.jurist.law.pitt.edu/sg_cyb.htm)、「Cyberspace Law: Unsolicited E-Mail」のURL(http://www.jmls.edu/cyber/index/spam.html)で知ることができる。米国のCSIS(Center for Strategic & International Studies)はTechnology and Public Policy Programとして、Harvard Kennedy School of GovernmentのJoseph Nye、Teledesic社のチェアーマンでAdm. WilliamのオーナーのJames Schlesinger、CIAのR. James Woolseyが調査に参加した冷たい戦争といわれるチップの輸出規制レポートを2001年6月8日に発表した。詳細情報はURL(http://www.csis.org/tech/)で知ることができる。Body of Secrets:Anatomy of the Ultra-Secret National Security Agency from the Cold War Though the Dawn of a New Centuryの著者James Bamfordが2001年6月7日に、Cold WarとNSAの対応についてNPR.orgのインタビューに応えた。詳細情報はURL(http://www.npr.org/ramfiles/me/20010607.me.03.rmm)で知ることができる。ただし、毎日新聞が2002年2月7日に報道した記事によれば、2001年9月21日に内閣官房が行ったサイバーテロ対策関連システム(ソフト・ハー ド)の入札に関して、富士通は297万5000円で入札していたということである。詳細情報はURL(http://www.mainichi.co.jp/digital/netfile/archive/200202/07-1.html)で知ることができる。内閣官房の情報セキュリティ対策推進室は2002年4月10日に、サイバーテロに対する政府の施策や関係情報を紹介するウェブサイトをURL(http://www.bits.go.jp/)で開設したが、内閣官房が2001年9月21日に行ったサイバーテロ対策関連システム(ソフト・ハー ド)の入札に、富士通は297万5000円で入札したが、このウェブサイトを開設する予算だったのかと、そのサイバーテロ対策に関する意識の低さに落胆させられる。DOE(the Department of Energy/米国エネルギー省)は2002年5月31日に、日ロ冷戦構造から、テロリスト対策構造に向けて、研究所と実験施設の大がかりな冷戦サイト・クリーン作戦として改装計画を発表したした。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年6月6日に、WTO(World Trade Organization/世界貿易機構)に参加し、中国の経済的発展から、中国輸出規定を変更する「World Trade Organization: Observations on China's Rule of Law Reforms. GAO-02-812T, June 6」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-812T)で知ることができる。また、冷戦状態の危険から国民を守るための博物館「Civil Defense Museum」までインターネット上に登場した。詳細情報はURL(http://www.civildefensemuseum.com/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office)は2002年11月19日に、コンピュータ処理されたデータで公開できる情報の査定をレポートした2002年10月1日の情報「Assessing the Reliability of Computer-Processed Data. GAO-03-273G」を公開した。また、コンピュータ・セキュリティの進化にともなう連邦政府に対する批判と、リスクによる賛成の意見を調査したレポートとして、米国政府の最も重要なコンピュータ・システムの中には、依然として重大なセキュリティの欠陥が有ることを指摘した「Computer Security: Progress Made, But Critical Federal Operations and Assets Remain at Risk. GAO-03-303T, November 19」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-273G)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-303T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年5月27日に、国際的なテロ攻撃に関し、1981年から2001年までの調査をまとめた274ページのレポート「Combating Terrorism: Interagency Framework and Agency Programs to Address Overseas Threat. GAO-03-165」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-165)で知ることができる。Wiredは2003年6月5日に、北朝鮮ではコンピュータ・ウイルスの作成や国防ネットワークへの侵入などの技術を磨くことができるクラッカー養成エリート校として、日本や韓国の地方政府や企業の仕事を請け負い、さまざまなソフトウェアを開発している北朝鮮の「平壌インフォマティクス・センター(Pyongyang Informatics Center)」など、具体的な名前を上げて報道した。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月23日に、米国のIDアドレス・システム「USAID」が米国の将来に向けた挑戦であることを訴えたレポート「Foreign Assistance: Strategic Workforce Planning Can Help USAID Address Current and Future Challenges. GAO-03-946」と、Jess T. Fordによる「USAID」を利用した実証実験レポート「Foreign Assistance: USAID Needs to Improve Its Workforce Planning and Operating Expense Accounting, by Jess T. Ford, director, international affairs and trade, before the Subcommittee on National Security, Emerging Threats, and International Relations, House Committee on Government Reform. GAO-03-1171T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-946)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1171T)で知ることができる。米国のNSF(全米科学財団/National Science Foundation)は2003年10月9日に、DHS(米国国土安全保障省/the Department of Homeland Security/Homeland Security Department)と協力して、インターネットセキュリティ強化に向けたサイバー戦争シミュレーター・モデル「DETER(Cyber Defense Technology Experimental Research)」の開発予算として、カリフォルニア大学バークレー校(University of California at Berkeley)と南カリフォルニア大学(University of Southern California)にUS$546万の補助金を交付したと発表した。詳細情報はURL(http://www.isi.edu/deter/)または、URL(http://www.isi.edu/stories/70.html)で知ることができる。PBSは2003年11月12日から米国で放映する、米国が参戦した戦争時の現場レポートを特集した「Reporting America at War」を公開した。時代によってレポートの内容や方法がリアルタイムで知ることができ、まさに戦争下ジャーナリズムの歴史といえる。詳細情報はURL(http://www.pbs.org/weta/reportingamericaatwar/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年11月14日に、情報の安全管理とその必要性を訴えたレポート「Information Security: Improvements Needed in Treasury's Security Management Program. GAO-04-77」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-77)で知ることができる。米国下院政府改革委員会(House of Representatives' Committee on Government Reform)は2003年12月9日に、米国政府全体のコンピュータ・セキ ュリティ調査したレポート「Computer Security Report Card 2003」を発表し、全体では2002年の落第点「F」から1ランク上げて「D」と判定した。ただし、「DoE(Department of Energy/エネルギー省)」「DoJ(Department of Justice/法務省)」「DoHaH(Department of Health and Human Services/健康生活福祉省)」「DoI(Department of the Interior/内務省)」「DoA(Department of Agricukture/農務省)」「DoHUD(Department of Housing and Urban Development/住宅都市開発省)」 「DoS(Department of State/国務省)」「DoHS(Department of Homeland Security国土安全保障省)」は「F」と落第点であった。詳細情報は URL(http://reform.house.gov/TIPRC/Hearings/EventSingle.aspx?EventID=652)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年12月12日に、テロと経済に関するメカニズムのレポート「Terrorist Financing: U.S. Agencies Should More Systematically Assess the Use of Alternative Financing Mechanisms. GAO-04-163」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-163)で知ることができる。Gartner Researchは2004年1月13日に、2007年までにVoIPシステムへのDDoS攻撃が一般的になる可能性を指摘し、2009年までにVoIPやその他のコンバージョン技術が、国家レベルのサイバー戦争の可能性を生み出すと予測した調査報告書「Cyberwarfare: VoIP and Convergence Increase Vulnerability」を発表した。詳細情報はURL(http://www3.gartner.com/DisplayDocument?doc_cd=119309)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年1月15日に、政府関連省庁などにおけるパブリック・キーを活用した情報セキュリティの調査レポート「Information Security: Status of Federal Public Key Infrastructure Activities at Major Departments and Agencies. GAO-04-157」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-157)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月29日に、米国の刑事事件に関する歴史的動向を調査したレポート「National Criminal History Improvement Program: Federal Grants Have Contributed to Progress. GAO-04-364」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-364)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月31日に、防衛関連メジャー・プログラムのレポート「Defense Acquisitions: Assessments of Major Weapon Programs. GAO-04-248」と国防に関する不正取引禁止に向けた管理レポート「Defense Acquisitions: DOD Needs to Better Support Program Managers' Implementation of Anti-Tamper Protection. GAO-04-302」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-248)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-302)で知ることができる。また、未来に向けた国防に関するGregory D. Kutzの実証実験レポート「Department of Defense: Further Actions Needed to Establish and Implement a Framework for Successful Business Management Transformation, by Gregory D. Kutz, director, financial management and assurance, and Randolph C. Hite, director, information technology, before the Subcommittee on Terrorism, Unconventional Threats, and Capabilities, House Committee on Armed Services. GAO-04-626T」、海の国土安全に関するRichard M. Stanaの実証実験レポート「Homeland Security: Summary of Challenges Faced in Targeting Ocean Going Cargo Containers for Inspection, by Richard M. Stana, director, homeland security and justice, before the Subcommittee on Oversight and Investigations, House Committee on Energy and Commerce. GAO-04-557T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-626T)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-557T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年5月7日に、未来に向けた国防と米国国防総省(DOD/Department Of Defence)の透明性の改善に関するレポート「Future Years Defense Program: Actions Needed to Improve Transparency of DOD's Projected Resource Needs. GAO-04-514」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-514)で知ることができる。幸運なコーク好きの大賞を受けた人120人にコークの缶にGPSと携帯電話機能を搭載したハイテク「コークの缶」が提供され、3週以内に宝探しに成功した「探索チーム」に対してUS$100万が提供される夏のイベント「COCA-COLA UNEXPECTED SUMMER CAN」が開催されると、2004年5月11日に公表した。詳細情報はURL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=SVBIZINK3.story&STORY=/www/story/05-10-2004/0002170678&EDATE=MON+May+10+2004,+10:01+AM)で知ることができる。
外務省は2004年5月19日に、2004年5月17日に小泉首相とブッシュ大統領が「イラク復興支援」「北朝鮮問題」などについて電話会談した内容を「日米首脳電話会談について」として公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/16/rls_0517e.html)で知ることができる。
暗号技術の専門家ブルース・シュナイアーは、ソフト(Bruce Schneier)の欠陥を直す最良の方法は、ソフトメーカーに直接責任を取らせることとComputerworld USで2004年11月3日に断言した。詳細情報はURL(http://www.computerworld.com/newsletter/0,4902,96948,00.html?nlid=VVR)で知ることができる。
情報セキュリティ欠陥のため、ユーザーは何US$10億も浪費させられているが、問題は開発会社の設計が悪いからで、欠陥住宅は建設会社の責任で修復させ、被害が出たときは建設会社に請求するのが当然であり、Bruce Schneierの発言は実に正当で常識といえる。Statewatchは2005年9月15日に、TEUのTitle VIによって備えられた刑事問題への警察と司法協力のデータ保護活動に関する提案書「EU: Data protection and data retention proposals」の全文を公開した。詳細情報はURL(http://www.statewatch.org/news/2005/sep/com-data-protection-prop.pdf)で知ることができる。
CNNは2007年6月13日に、米空軍司令官が水曜日に話した内容として、サイバー領域で中国が米国を追い抜こうとしていると警告したと報告した。第8空軍指揮官(8th Air Force Commander Lt. Gen.)ロバート・エルダー(Robert Elder)はレポーターに、「私たちが唯一、それを目指しているとあからさま言える国です。」と報告した。
さらに、電子戦からネットワーク・ディフェンスまですべてにかかわる約2万5000人の軍人がすでに、ルイジアナのバークスデール空軍基地で、新しい三つ星のサイバーコマンドとして訓練に入っていると解説している。しかし、絶対数として中国人口が多く、新しい攻撃方法を考え出しても受けた側で解析し、同じ攻撃方法を使うにはそれほど時間を要しないのも現実で、その数が10倍になって反益してくる可能性は高い。
攻撃を仕掛ける前に、まず同じ攻撃を受けた場合の防御策を用意しておかないと、とんでもないことになる。また、どのような防御策にもセキュリティ・ホールは付きもので、攻撃亜種を一気に作り、攻撃を仕掛けられると、絶対人口が多い方に有利に働く!電子戦は、これまでの火気を使った戦争ではなくなったことから、技術解析も絶対人口が多い方に有利になる。米軍は同盟軍を作るべきだが、自衛隊のようにイージス艦の機密情報を漏洩するような事故は、さらに激しくなることだろう。
できれば、人口の多い国とは電子戦をしないことである。詳細情報はURL(http://www.cnn.com/2007/TECH/internet/06/13/china.cyberspace.reut/index.html)または、URL(http://www.af.mil/bios/bio.asp?bioID=5337)で知ることができる。
Fox Newsは2007年12月24日に、Jerusalem Postからの情報として、緊迫状況にあるイスラエルとイランの関係から、米国のワシントンにあるシンクタンクがCSIS(Center for Strategic and International Studies)が、もしイスラエルがイランに向けて核攻撃をした場合の概算として、1600万〜2000万のイラン人が死亡すると言うレポートを発表したと報告した。
そのレポートによれば、その戦いは3週間続き、洗練されて強力な核兵器を持つイスラエルが勝利し、イランが全滅すると予測している。
このレポートでは、核爆弾による死者数は予測していない。
イスラエルのイラン攻撃は、テヘランとタブリーズを含んだ地域で、イスラエルは多くの攻撃をかわすが、弱点としてイスラエルのArrowミサイル防衛システムを示し、生物化学兵器攻撃でイスラエルのテルアビブとハイファなどが攻撃され、最大80万人のイスラエル人が殺されると分析している。
しかし、イスラエルが核兵器保有量で応じるなら、シリアは1800万人の市民の死と格闘すると報告している。詳細情報はURL(http://www.foxnews.com/story/0,2933,318165,00.html)または、URL(http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1196847416688&pagename=JPost%2FJPArticle%2FShowFulll)または、URL(http://www.jaysnet.com/666nuke.html)で知ることができる。


NIPCの2001年の新年DDOS総攻撃警報
Coca-Colaパラソルの下でたばこを吹かす米国兵士
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
CSIS Export controlsのマーク
CSISのExport Controls Report: Study Recommends Scrapping Cold War Vestige
米国における2001年5月と6月のサイバー経済
企業がインターネット被害を受けた時のトラブル要因の調査H2N2報告
米国のGAOが公開したSmall Businessにおける輸出許可証取得
米国のGAOが公開したミサイル技術輸出規制
米国のGAOが2001年12月に公開した輸出規制情報
情報セキュリティ対策推進室のページ
GAOが2002年6月6日に公開した米国の中国輸出規定変更
冷戦の始まりといわれるヤルタ会議の議事録
ヤルタ会議に参加したチャーチル、ル ーズベルト、スターリン
クリミアの地図
ヤルタ会議が開かれたLivadia Palace
Secretary of State Edward R. Stettinius, Jr.,とoreign Secretary Molotov
Livadia Palaceにはいるチャーチル
スターリンとチャーチル
スターリン
Livadia Palaceでの会議風景
FDR with his Press Secretary, Stephen Earlyとチャーチル-1
FDR with his Press Secretary, Stephen Earlyとチャーチル-2
コンピュータ処理されたデータで公開できる情報の査定をレポート
コンピュータ・セキュリティの進化にともなう批判とリスク
国際テロ事件の分析グラフ
GAOが2003年5月27日に公開した国際テロ・レポート
米国の「USAID」と米国の将来に向けた挑戦レポート
Jess T. Fordによる「USAID」を利用した実証実験レポート
カリフォルニア大学バークレー校Shankar SastryによるDETER実験報告書
DETERのProject Documentation
DETERの概略
GAOが2002年11月14日に公開した、情報の安全管理と必要性レポート
GAOが2003年11月17日に公開した「大学の実態調査報告」
Hon. Putnam Federal Computer Report Card Press Statement
Computer Security Report Card 2003
Overall Federal Computer Grade and Bar Graph
Federal Computer Security Grades 2000-2003
Computer Security Grade Criteria
GAOが2003年12月12日に公開した、テロと経済に関するメカニズムのレポート
GAOが2003年12月17日に公開した、タイムリーで確実な個人情報管理に関するレポート
GAOが2003年12月18日に公開した各省庁のITリーダーシップ努力要請レポート
政府関連省庁などのパブリック・キー情報セキュリティ調査レポート
GAOが2004年3月29日に公開した米国の刑事事件に関する歴史的動向を調査したレポート
米国の防衛関連メジャー・プログラムのレポート
国防に関する不正取引禁止に向けた管理レポート
未来に向けた国防に関するGregory D. Kutzの実証実験レポート
海の国土安全に関するRichard M. Stanaの実証実験レポート
GAOが2004年5月7日に公開した、未来に向けた国防と米国国防総省の透明性改善レポート
COCA-COLA UNEXPECTED SUMMER CANのリリース
外務省が公開した2004年5月17日の日米首脳電話会談内容
EU: Data protection and data retention proposals
第8空軍指揮官ロバート・エルダー
第8空軍指揮官ロバート・エルダーの経歴とレポート
Airforce cyber commandのマーク