C.I.A.(Confidentiality Integrity Availability)


OECD(Organization for Economic Cooperation and Development/経済協力開発機構)が2002年6月25日のOECDのICCP(情報・コンピュータ・通信政策会員会)を経て、改訂ガイドラインとしてGuideline for the Security of Information Systems and Networks: Towards a Culture of Securityが2002年7月25日のOECD理事会において採択され、2002年11月に公表された情報セキュリティ・ガイドライン(Guideline for the Security of Information Systems)で示された、情報セキュリティの3大基本理念「Confidentiality(機密性)」「Integrity(保全性)」「Availability(可用性)」の俗称。詳細情報はURL(http://www.oecd.org/sti/security-privacy)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/020807_13.html)で知ることができる。