CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)


米国のCopyright Office(著作権事務局)が1998年12月18日に提案した、著作権のロイヤリティに関するライセンス仲裁制度の名称。詳細情報はURL(http://www.copyright.gov/carp/)または、URL(http://www.loc.gov/copyright/carp/)で知ることができる。Webラジオ局のストリーミング放送に対する著作権使用料調停委員会(CARP)の使用料率が高すぎるとして、大きな論議を呼んでいたが、CARPの使用料に基づく支払い期限の2002年10月20日を目前にして、RIAAが設立したレコード業界の著作権料徴収機関SoundExchangeは「Small Webcaster Amendments Act of 2002(HR5469/小規模な Web 放送局の著作権使用料に関する法)」の法案が、米国上院での投票が直前で中止になったことから、2002年10月18日に適用対象となる Web放送業者に対した執行猶予を与え、2002年10月21日に上院での投票が行なわれるまでの暫定的な使用料方針を自らのサイトに掲載した。詳細情報はURL(http://www.soundexchange.com/)または、URL(http://www.soundexchange.com/webcasters.cfm)で知ることができる。Nielsen//NetRatingsは2003年7月14日に、RIAAが2003年6月25日に、個人ユーザーを相手取って「数1000件の訴訟」を起こすと警告した後、1週間でトラフィックが15%以上減少したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_030714.pdf)で知ることができる。AP(Associated Press)通信は2003年7月29日に、RIAAが、インターネット上で音楽を無料交換している米国内の利用者について900人以上を特定し、8月中にも著作権侵害で提訴する方針で、裁判所を通じてネット接続業者に利用者の情報を請求、提訴に不可欠な氏名や住所を1日に約70人ずつ得ていると報道した。米国議会のNorm Coleman上院議員はRIAAが発行依頼した、歴史に残るほど大量の前科者を一気に作りあげない異常に大量の召喚状には法的な懸念があるとして、2003年7月31日に調査を開始したことを発表し、RIAA に対して5項目に渡る質問状について、2003年8月14日までに書類を提出するよう求めた。詳細情報はURL(http://www.senate.gov/~coleman/newsroom/pressapp/record.cfm?id=207096)で知ることができる。米国のParks Associatesは2005年2月24日に、コピープロテクトが掛かった音楽CDと掛かっていない音楽CDについて、PCユーザー・コンシューマーが反応した調査レポートを公開した。コピープロテクトが掛かった音楽CDを、コピープロテクトが掛かっていない音楽CDよりUS$5値下げして販売されたが、調査結果によれば音楽CDをコピーしたことが無い人の33%の人はコピープロテクトが掛かった音楽CDを希望し、67%の人がコピープロテクトが掛かっていない音楽CDを希望した。音楽CDをコピーしたことがある人は27%の人はコピープロテクトが掛かった音楽CDを希望し、73%の人がコピープロテクトが掛かっていない音楽CDを希望したと報告した。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/)で知ることができる。Expatica Germanyは2006年1月9日に、ドイツのポップ・ミュージシャン組合(A union of German pop musicians)は不人気なコピー防止技術に対して十字軍に合流し、月曜日に容易にコピーすることができるCDの広告を出すために「保護なし (unprotected)」ステッカーを発行すると報告した。このキャンペーンは、買い手が友人と音楽を共有するのを防ぐため、CD上でコピーを禁止するさまざまな暗合を試みた主要なレコーディングスタジオへの挑戦として行われ、the Association of Germany Music-Makers VDMの社長Klaus Quiriniは数人のミュージシャンがビッグミュージック会社で申し込みをしなかったと言い、いくつかの独立レーベルがステッカーをテストしていたと言い、「コピー防止が記録的な売り上げを高めなかったと主張し、そしそれが成功していたなら、私たちはさらにコピー防止を促進するつもりですが、「保護なし (unprotected)」ステッカーは、売り上げを促進するかもしれない。」と言っている。詳細情報はURL(http://www.expatica.com/source/site_article.asp?subchannel)で知ることができる。


著作権
著作権関連のURL
著作権等管理事業法
性とメディア
くそ食らえ著作権
教育目的の著作物コピー利用
警察関連のURL
有線送信化権
複製権
版面権
GIP
MirroringまたはMirror Caching機能と著作権
パソコン関連の著作権事件年表
万国著作権条約
ベルヌ条約
マルチメディア
PDS(Public Domain Soft)
強制ライセンス
電子の透かし
契約書オン・デマンド
BSA(Business Software Alliance)
WIPO
デジタル映像の著作権保護
著作隣接権
デジタル化権
グラフィックマン
PictureMarc
日本音楽著作権協会
カラオケ・オン・デマンド
国際通信カラオケ
インターネット・カラオケ
インターネット・ピアノ
インターネット弁護士協議会
暗号技術
MusicReport
InfoProtect
オブジェクト認証
日本版ビッグバン
ワンストップ・シームレス・サービス
建設CALS/ECアクションプログラム
職業安定所情報提供サービス
戸籍電算化システム
行政サービス電子化実験
一枚三役
地方自治体のマルチメディア関連予算
マルチメディア危機管理情報システム
道の駅
公図窓口サービス・システム
地域振興用陸上移動通信システム
FDによる建築確認申請
特許庁のホームページ
サイバーデスク
電子認証技術を利用した郵便実験
香港政庁の情報サービス
スマート・パーミッティング
バーチャル県庁
電子政府
全国公共事業ネットワーク
霞ケ関WAN
総務庁の行政情報化推進基本計画
版権ビジネス
ネットワーク音楽著作権連絡協議会
FBI長官の不安と願望
著作物の法的集中管理
TDnet
新聞・通信社が主張するネットワーク上の著作権
SoundJam
Clue
美術品の物税納入
国際金融取引の環境整備
IBS21
セキュア・アーカイバ
NCN(New Century Network)
WAN(the World Association of Newspapers)
コンピュータソフトウェア著作権協会
IAA
NSAFER
paperball
WIPO MEMBER STATES APPROVED PROGRAM AND BUDGET FOR 1998-1999
CuD
The SLAC Bulletin
cyberjournal
弁護士広告規定
VerSecure
データベース保護法案
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
セキュリティ・フォント
オンライン・モニタリング・サービス
著作権フォーラム
富士通ネットワーク監視センター
PFI
NCCIL
News Trek
行政情報の総合案内
CPTWG
知的財産権
入札公募の電子申請システム
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
WTO
グローバルフィード
Solutionmax for Finance
Corbis
デジタル情報の劣化消滅
リソース
ネットワーク・オブジェクトプラザ
リモート・コントロール・ソフト
Web気分度調査
アンケートページ
アンケートのパラドックス
情報操作
コンピュータ・インターネット関連の調査会社
なんでもバトラー
Web動画アンケートシステム
情報関連10事業の1000億円のプロジェクト公募
Kansai MediArchive
インターネット関連の調査結果のURL(海外)
インターネット関連の調査結果のURL(国内)
BSAのクリントン大統領とゴア副大統領(当時)の発令記事
SPAのゴア副大統領(当時)の発令記事
ALAWON
Paper Print Film
クリントン大統領(当時)がサインした新著作権法
ネットワーク音楽著作権連絡協議会
クリプトカプセル
i.LINK LSI
Record/Playイニシアチブ
DMCA
富山県立近代美術館裁判
SDMI
MP3
CESAの宣言
プロテクト外し規制
米国の法律関連のURL
パソコン電子出願
電気通信回線による登記情報の提供に関する法律
メディア・アーティスト協会
MagicGate
OpenMG
Super MagicGate
首相直轄のバーチャル・エージェンシー
EMMS
MS Audio
Openlaw
DRM
onedotzero
ASCI(Art & Science Collaborations, Inc.)
the Boston Cyberarts Festival
X-99
Art Futura
フォーマット・デザインの著作権
1999年5月発表の著作権法の一部改正法律案の概要
インターネット明細情報サービス推進協議会
Integrated Electronic Government Solutions
インターネット国会
CAFE(the Consortium for Audio Free Expression)
新聞業、特定の不公正取引方法全部改正
SolidAudio
ID付きスマートメディア
「脱ゴーマニズム宣言」における民事訴訟
RESFEST
CYBER-COMMUNISM-1/マシンに潜むお化け
CYBER-COMMUNISM-7/著作権の消滅
複製権
有線送信化権
版面権
MVP
Streaming Media Europe from adam hyde-11
WTOを解体する10の理由
ゴア副大統領(当時)の「E政府指令」と「E社会指令」
ソフトウェア著作権と特許
著作権経済学
著作者の人権
著作権情報センターの解説文について抗議
パテント・インキュベーション・キャピタル
NMRCとJASRACが合意した暫定使用料
アンチ著作権パラダイス
教育と著作権
ソフトウェア海賊集団
コンテンツ保護関連命令セット
EUのネット・デジタル時代に対する見解
DSS(Digital Speech Standard)
SearchToHelp.com
CYBER-COMMUNISM-7/著作権の消滅
AAP
DivX
郵便局でのデジタル認証
Copyleft
Copyleftの中のCopyright
自己増殖するLSI
チャパス統治者Pablo Salazarへのインタビュー
教科書とURL
Supreme/D.R.I.V.E.
SDMI Open Public Challenge
スタートアップ
Technological Entrepreneur
インターネットはクラブではない
電子自治体推進協議会
警察の組織犯罪を告発するネットワーク
EFS(Electronic patent application Filing System)
ノーティス・アンド・テイクダウン
音響指紋技術
ITベンチャー向け損害保険
授業改革フェスティバル
「ときメモ」メモリカード事件
Juxtapose
CCセンター
電子メールと著作権法
GPKI
CRYPTREC
ラナム法
ラナム法
SSCA(Social Security Contribution for Artists)
ネット文化
e-learning
原本キーパー
米国のライター組合がマスメディアに勝った
Innovation Patent
ワレザー
DSL(Design Science License)
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
パソコンを持たない人に対する電子政府情報
電子私書箱
PowerMizer
LOC(the Library of Congress)
GOVNET
学校インターネット3
盗作
電子州政府サーベイ
早稲田大学インキュベーション推進プロジェクト
音楽CDコピー防止技術
メディア・リテラシー関連のURL
ブロードバンドコンテンツ流通研究会
J-CIS(Japan Copyright Information Service)
PaperlessPOBox
CDS(Cactus Data Shield)
国際知的財産保護フォーラム
国際知的財産シンポジウム
CAGW(Citizens Against Government Waste)
頒布権
Creative Commons
Media Design
Postscribed ID
SID(Source Identification Code)
Multi-University Research Laboratory
メディア・リテラシーを知るために-1
IFPI
SmarteCD
音声録音デジタル演奏権法
ロイヤルティ
有料コンテンツ
ネットくん調査隊
ROOT
電子出版の科学的な標準開発の実行
明確に証明される科学的な電子出版
バーチャル著作物マーケット
Peer-to-Peer Piracy Prevention Act
CTEA(Copyright Term Extension Act)
LGWAN(Local Government Wide Area Network)
誤解を招く、単語の並べ方
インターネット・ラジオ局
SoundExchange
CCCD(Copy Control CD)
エンコードK2
大韓民国電子政府
レーベルゲートCD
SWSA(Small Webcaster Settlement Act) of 2002
e-Europe
著作権保護とプライバシー保護
自由利用マーク
EYEマーク
eEuropa 2002
eEuropa 2005
知的財産高等裁判所
eESC(eEurope Smartcards)
IP公民権運動
若者自立・挑戦プラン
民主主義と特許
IPラジオ
Digital Cultural Institutions Project
IP放送
Creative Commons
RIAA
マルチメ ディア探索エンジン
EP conference
CDS-200
CDS-300
SVP(Secure Video Processor)
NAF(National Arbitration Forum)
CD-DA
デジタル・ジュークボックス
GRIID(The Grand Rapids Institute for Information Democracy)
中国インターネット協会インターネット著作権連盟
公的使用
「Winny」を通じた個人情報漏洩者=著作権侵害者
KODAK Preservation
暗号の2010年問題