BrailleNote


視覚障害者もMicrosoft Readerに対応したあらゆる電子書籍を利用できるように、ニュージーランドのパルス・データ・インターナショナル(Pulse Data International)社が米国のMicrosoft社と開発した、視覚障害者向けWindows CEベースの電子書籍用PDAの名称。視覚障害者向けのためスクリーンはなく、音声と電子的な点字で操作できる。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2000/Nov00/PulseDataPR.asp)で知ることができる。日本アイ・ビー・エムは全国約120名の点訳ボランティアと協力して2001年7月12日に、「小学館ランダムハウス英和大辞典 第2版」を点字に翻訳し、視覚障害者がパソコンで利用できる34万5千語収録の点訳「小学館ランダムハウス英和大辞典」が完成したことを報告した。日本アイ・ビー・エムではすでに、1988年に視覚障害者につきまとう「情報の不自由」をITを利用して解決できる方法を探る「てんやく広場」を発足し、これまでに「プログレッシブ英和中辞典/第2版」(小学館)、「大辞林 初版」(三省堂)、「プログレッシブ和英中辞典/第2版」(小学館)、「光村国語学習辞典/第3版」(光村教育図書)の4つの点訳辞典を発表している。イギリスのDeloitte & Touche LLP社は2006年7月19日に、デジタル出版に関するレポート「Turn the Page: The Net Benefit of Digital Publishing」を公開した。新しいレポートによれば2012年にはデジタル出版が40%拡大すると予測している。詳細情報はURL(http://www.deloitte.co.uk/RegistrationForms/PDFs/TurnThePage.pdf)で知ることができる。


Royal National Institute for the Blindが視覚障害者のために開発した初期の点字
Win-BES 99の操作画面
点字編集システムの操作画面
1840年〜1847年にLaas d'Aguanが製作した世界最初の視覚障害者用地図
米国のシニア・マーケット予測と、ほかの世代の比較
西欧のインターネット状況
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
目の不自由な人の特殊なメガネと視神経への伝達
DARPAの視覚補助システム
2001年3月のeBook事情
SFSUが公開した身体的に不自由な人をサポートする歴史
Gatener Groupが2002年2月4日に公表したE-Books Research
NISTが触覚化したデジタル画像とディスプレイ
Illustrirte Zeitung1845年2月1日号に掲載されたLachmann教授が開発した点字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用幾何学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用数学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用計算機
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された視覚障害者用タイプライター
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された1838年崩壊したPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したAnton Dolezalek
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したValentin Hauy
再建されたPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-1
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-2
Illustrirte Zeitung1852年4月17日号に掲載された眼鏡
Illustrirte Zeitung1856年5月10日に公開された分解画像眼鏡広告
ステレオ眼鏡広告
Deloitteが2006年7月19日に公開した「Turn the Page: The Net Benefit of Digital Publishing」