Bit Valley構想

Bit Valley Project

ビットバレー

1999年3月に、松涛、初台、富ケ谷、恵比寿といった渋谷区、あるいは周辺の目黒、原宿、青山まで含めた港区などの一帯にインターネット関連のベンチャー・ビジネス企業が集まったことから、渋谷をもじって「渋い谷=Bitter Valley」と名付け、シリコンバレーやシリコンアレー、マルチメディアガルチにも通じる情報産業の集積地に育てようということで始まった構想の名称。ネットエイジの西川潔(Kiyoshi Nishikawa)代表がメーリングリストを立ち上げ、Bitter Valleyには渋い谷という意味のほか、苦しい谷、つらい谷という意味にもなることから、Bit Valleyに変更されたという。Bit Valley構想宣言や詳細情報はURL(http://www.bitvalley.org/)で知ることができる。また、Bit Valleyの名の下に集まった企業が、渋谷のカフェに毎週金曜日に集まり、開催されるBit Fridayなどの活動も実施されている。それらの情報を提供するために、Bit Valleyメールマガジンを1999年5月31日に創刊した。専門学校のデジタルハリウッドは1999年12月17日に、「SHIBUYA TSUTAYA」と協同で21世紀を担う、 新しい文化を世界に向けて発信できる「人」と「コンテンツ」を創造することを目的に、SHIBUYA TSUTAYAの6階に渋谷のデジタル・カルチャーシーンを世界に直接配信する「bit valley=shibuyaデジハリ」を開校した。詳細情報はURL(http://www.dejihari.com)で知ることができる。また、ビットバレーの求人情報サイト「BitValleyJobs.com」もURL(http://www.bitvalleyjobs.com)に登場した。ビットバレーの定期交流イベント「Bit Style」が2000年2月2日に開催され、ソフトバンク孫会長やナスダックジャパンの佐伯社長など、2,000人以上の参加者を集めた。当時の郵政省は中小のソフト会社を支援のため高速ネット回線を無料開放する計画で、まずBit Valleyで実証実験を開始することを2000年2月に発表した。ただし、ビットバレーのML「Valley@ML」は発展的解散し、分科会的なMLに分かれた。Bit Valley自体がどんどん時間と共に変化してきている。また、富士通総研とビットバレー・アソシエーションは共同で調査した「『東京におけるネット企業の集積』東京23区内に1300社集積」を2000年8月25日に公開した。また、- 富士通総研上級研究員の湯川 抗(コロンビア大学大学院修士課程修了シリコンアレー、ビットバレー他「情報産業の集積」を研究テーマとする)が個人的に解説しているページもあった。ただし、2000年3月頃までは、ビット・バレーという言葉も多くもてはやされたが、地下に潜ったのか、それとも忘れられたのか、その後ほとんど聞かなくなった。2000年末には、一種の流行であったという言葉まで登場している。このような現象にまで踊らされる政府の動きに、不信感を感じているデジタル関係者も多い。シリコンアレーで名を馳せ、約10年の歴史があった非営利組織NYNMA(ニューヨーク・ニューメディア協会/The New York New Media Association)が財源不足により、2003年12月19日に事業を閉鎖した。Steve Yelvingtonは2004年4月2日に、この10年間のニューメディアを振り返って、「Ten Years in New Media: Looking Back, Looking Forward: A wish list for new media sector」を公開した。よく評論家はニューメディアという言葉を死語のようにいうが、新しいメディアはどんどん登場し死語と表現する評論家は、その新しいメディアに付いていけなくなったことから、その評論家の存在意義が薄れたことを弁解したに過ぎない。技術や環境が進化するように言葉も進化し、意味も拡張している。詳細情報はURL(http://www.yelvington.com/item.php?id=404)で知ることができる。

[調査結果一部抜粋]
・東京23区には現在約1300社のネット企業が存在する。
・23区全体のネット企業の4分の1近くが港区と渋谷区の一部に集積している。この地域には新規企業の立地も進み始めており、「日本版シリコンアレー」と呼ぶことができる。
・東京のネット企業の48%が1994年以降に創業されている。
・全体の約40%が従業員数が30人以下の企業である一方、100人以上の企業も全体の1割を占めている。

[全国のビジネス・バレー]
一過性として、「全国・東京のビットバレー」「北海道の札幌バレー・BIZ CAFÉ」「中部地区のセントラルバレー」「関西のbetaバレー」「神戸のビットブリッジ」などもできたが、その後消えた。
●東北のフォレストアレーのURL(http://www.forestalley.org/)
●岐阜のスイートバレーのURL(http://www.sweetvalley.jp/)
●関西のビジネス・バレーのURL(http://www.business-valley.co.jp/)
●関西のbetaバレー
●神戸マルチメディア・インターネット協議会のURL(http://www.kmic.gr.jp/)
●九州・福岡のD2KのURL(http://www.d2k-net.com/)
●沖縄のノースバレーのURL(http://nvokinawa.net/)


QFRONT
米国の情報通信産業集積地
Privacy Foundationの雇用者による従業員のインターネット監視情報
米国のカリフォルニアで1848年に金を発見したJames Marshallの雇い主Johann August Sutter
米国エレクトリックシティ・マーケット動向情報調査報告書2002/05/24
Success and Survival in Silicon Valley
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金鉱
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金採取風景
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアで発見された金の結晶
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金粉
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア石英と金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのWillard Fillmore II
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのZscharias Taylor I
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアの金が採掘された場所の地図
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサクラメントにいたインディオ
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサンフランシスコ沖
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載された金の固まり
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の甲板
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で見る米国の地図
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で行われた料理
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の昼中の風景
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の朝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたSolnhosen
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたインディオの供え物
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝遠景
Illustrirte Zeitung1849年3月17日に掲載されたナイヤガラの滝近景
Illustrirte Zeitung1849年3月24日に掲載されたフロリダ沖の嵐で沈没する船
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニアを取材したFriedrich Gerstacker
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニア地図
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンフランシスコの街
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンサクラメントの
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたUS$500の金の固まり
Illustrirte Zeitung1850年8月24日に掲載されたサンフランシスコの大火
Illustrirte Zeitung1851年2月1日に掲載された金分別機
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-1
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-2
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-3
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-4
Illustrirte Zeitung1852年7月24日に掲載された当時のサンフランシスコ全景
Illustrirte Zeitung1852年11月20日に掲載されたニューヨークで開催される工業博覧会計画案
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたニューヨーク工業博覧会場クリスタルパレス
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのDolores湾
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのMission Dolores
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの地図
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの鳥瞰図
Illustrirte Zeitung1853年3月26日に掲載されたニューヨークの聖書協会
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークの地下水脈
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークのAmerican Museum
Illustrirte Zeitung1853年8月13日に掲載された世界中で流行りだしたガラスとクリスタルの店
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたミュンヘンのカフェ
1848年1月24日に金鉱を見つけたJames Marshall