AG(Augmented Reality)

強化現実技術>>オーグメンテッド・リアリティ

コンピュータとヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)などのディスプレイ装置などを活用して、現実の物体を肉眼で見ながら同時にその対象に関する別の情報を重ねて見ることによって、現実をさらに強化して情報の質と量を増大させる一種のバーチャル・リアリティ技術の総称。建造物や美術品などを博物館などで見学するときに、見学者がヘッドマウント・ディスプレイなどを装着し、実際の文化財や美術品を肉眼で見ながら、同時に関連情報をコンピュータとから提供されたヘッドマウント・ディスプレイなどに実物に重ねて表示できるようにしたり、外科手術の遠隔支援などへの応用が期待されている。凸版印刷とGITI(早稲田大学情報通信研究センター/Global Information and Telecommunication Institute)は2002年7月12日に、GITIが研究してきた、ブロードバンド伝送技術、画像圧縮技術などの成果と、凸版印刷が推進している美術品、文化資産などのデジタルアーカイブ事業の実績を活かし、伝統的な建造物や、屋外にある美術品、展示物、文化資産などを対象とした「屋外における知的情報提示技術」の共同研究を開始したことを発表した。見学者の位置を捕捉するシステムとしてGPS、サーバーから見学者に情報を送る無線LANやBluetoothなど、さまざまな技術を研究対象とし、展示物の情報としては、文字情報だけではなく、CGによる制止画や動画など、展示物とその展示方法に最適なコンテンツの形態を検証していく計画である。詳細情報はURL(http://www.toppan.co.jp/aboutus/release/article597.html)で知ることができる。ただし、凸版印刷とGITIの実験は医者のような専門家ではなく、一般をユーザーの対象にしていることから、大げさな機器の装着ではなく、一般生活の中にとけ込むような違和感のない機器の採用、さらに多くの博物館が赤字経営であることから、どこまでコンテンツ制作を安価に押さえることが可能かなど、多くの研究者が陥りやすい、技術だけが先行し、巨額の経費を浪費した共同研究にならないことを期待する。