AdSense

Google AdSense

アドセンス

「Google」が提供している検索結果に表示される「アドワーズ広告」と同様に、米国の「Google」が2003年6月18日に発表した、一般のWebサイトのコンテンツにも提供しているキーワードと関連性の高い広告を表示し、クリック数に応じて広告料が支払われるコンテンツ・ターゲット広告の名称。詳細情報はURL(http://www.google.com/press/pressrel/adsense.html)または、URL(http://www.google.com/adsense)で知ることができる。
「Google」は2003年12月4日に、日本で当初はリクルート・アバウトドットコム・ジャパンが運営する「All About Japan」とインプレスの「Impress Watch」で「AdSense」を開始すると発表した。Editor & Publisherは2003年12月19日に、「AdSense」が地球規模で提供されるようになったことを受け、英語版をベースに、スペイン語版、フランス語版、ドイツ語版、イタリア語版、日本語版での「AdSense」の提供状況についてレポートし、公開した。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/editorandpublisher/headlines/article_display.jsp?vnu_content_id=2056299)で知ることができる。
Googleでは2004年5月13日から、従来から推進している広告プログラムの「AdWords」を用い、「AdSense」でバナー (468X60ピクセル)、ビッグバナー(728X90)、レクタングル(300X250)、スカイスクレイパー(120X600)の4形式の画像を使ったコンテンツ連動型広告掲載の試験運用を開始した。eweekは2005年1月26日に、Googleの「AdSense」のオンライン・セルフ・サービス・プログラムを使用して、ダイレクトAdSenseパートナーを超えて電子ニュースレター・オプションに拡張する計画を推進していると報告した。詳細情報はURL(http://www.eweek.com/article2/0,1759,1755439,00.asp)で知ることができる。外務省は2005年5月10日に、地球規模問題に関する意識調査を公開した。詳細情報はURL(ht
tp://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/i_chosa.html
)で知ることができる。米国のMEC(MarketingExperiments.Com)は2005年8月2日に、Clicks2Customers.comと共同で10日間にわたって行なわれた調査により、GoogleのPPC(Pay Per Click)広告のすべてのトラフィックのうち29.5%がクリック詐欺によるものであるとの調査結果を発表した。 詳細情報はURL(http://www.marketingexperiments.com/)で知ることができる。
社団法人日本広告主協会Web広告研究会は2005年11月28日に、ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが実施した「ブログ書き込み調査」と「消費者メディア調査」の研究結果を公表した。 詳細情報はURL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112801.pdf)または、URL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112802.pdf)で知ることができる。
Center for Media Researchは2006年5月7日に、comScore qSearch dataとNielsen//NetRatings AdRelevance, sponsored links by industry in March, 2006からの情報を元にした、GoogleとYahooの検索エンジンについて2005年3月と2006年3月の比較レポート「Sponsored Clicks Increasingly Important」を公開した。サーチエンジンの総合比較では、Googleが2005年3月の2,013から2006年3月の2,736と35.9% の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の1,460から2006年3月の1,578と8.1%の上昇にとどまり、スポンサー付きの検索では、Googleが2005年3月の968から2006年3月の1,448と49.6%の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の726から2006年3月の942と29.8%の伸びであった。スポンサー付きの検索の割合では、Googleが2005年3月の48.1%から2006年3月の52.9%と4.8 ptsの上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の49.7%から2006年3月の59.7%と10.0 ptsも伸た。また、スパンサー・サイトのクリックでは、Googleが2005年3月の196から2006年3月の322と64.0%の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の139から2006年3月の180と29.9%の伸びで、スパンサー・サイトのクリック率では、Googleが2005年3月の9.7%から2006年3月の11.8%と2.0 ptsの上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の 9.5%から2006年3月の11.4%で1.9 ptsの伸び率で、GoogleとYahooではほとんど差がなかったと報告した。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060505)で知ることができる。
Ofcomは2006年8月10日に発表した年次報告「The Communications Market 2006」で、イギリスでは2005年にオンライン広告がUS$24億8000万(19億5000万ユーロ)を記録し、これはラジオ広告の3倍で、野外広告、ビジネス、および消費者雑誌市場を追い越し、イギリスで新聞、テレビ、ダイレクトメールに次ぐ4番目に大きい表示広告媒体に成長したと報告した。オンライン広告の2つの大きい利点は、対象とされた本質と広告主が密接に結果を追跡する能力で、クリックあたりのコスト・パー・サウザンドや費用のように、本質がインターネットの適所本質に合っていることで、それは、さまざまな専門化している広告アレンジメントにつながり始めたと分析している。詳細情報はURL(http://www.ofcom.org.uk/research/cm/cm06/)で知ることができる。
AP via Yahoo Newsは2007年4月18日にBrian Bergsteinのコラム「Media mine Web searches for readers」を公開し、Googleで検索したなら、インターネット検索エンジンは大学大虐殺に関するニュースへ何10ものリンクを供給した。そしてマスメディアは、バージニア工科大射撃事件Webにまで広告掲載していたと報告した。米国の銃社会と、人種差別、貧富の差が起こした最悪の32人もの死者が出た銃乱射事件の広告スポンサーは、何を考えているのか聞きたくなる。また、マスコミは広告を出すことで運営しているからと言って、こんな事件に広告を取る神経はどこにあるのか?
Googleの広告規制は何処へ行ってしまったのか?
ポルノや麻薬より、米国の銃社会と、人種差別、貧富の差が起こした米国で史上最悪の銃乱射は、良識的というのでだろうか?
るGoogleAdsenseのパブリック広告の意味は?どのようなフィルタリング基準なのか?
もう判断基準が何も判らなくなりました。The New York TimesとThe Washington Postは、Google結果の上の際立った「後援されたリンク(sponsored links)」ページにそれらの適用範囲を入れるキーワード広告を買った。The Times、CNN、Fox NewsもYahooで同様のリンクを起こした。Fox NewsはMSNでも採掘した。最高層の報道機関がこのようにバージニア工科大射撃事件で、適用範囲の広告を出すのウェブが現在伝統的なメディアで振るう大規模なパワーを生み出していると報告した。ぜひ、米国で最悪の事件で、お金儲けに結びつけたいのですか?と、その広告主に聞いてみたいものである。また、マスコミにも米国で最悪の事件は、金儲けの材料ですか?と、聞いてみたい。これが米国の最高峰の良識あるマスコミ、大手企業の実態なのか、バージニア工科大射撃事件で死んだ人への悔やみ、事件の社会的な問題への追及も、単純に金になるからの報道なのかと疑いたくなる。詳細情報はURL(http://news.yahoo.com/s/ap/20070418/ap_on_hi_te/virginia_tech_web_keywords)で知ることができる。
USA Todayは2007年5月1日に、クラッカーがGoogleの広告に「罠」を仕掛けたと世界中をびっくりさせたが、今度はWikipediaにクラッカーが罠を仕掛ける準備に入っていると報告した。普通に思える見慣れたWebサイトが、攻撃を受ける「罠が」が仕掛けられるというWeb戦争の軍事的脅威になり始めている。このような攻撃は2005年の後半に表れ始め、Websenseの代表Dan Hubbardは、クラッカーがGoogleの広告にリンク先をごまかす技術を紹介したが、今度はWikipedia をはじめ、人気を呼んでいるサイトに「罠」をどんどん仕掛け始めると予測し、それはお母さんやお父さんが推薦するサイトから、パン屋にまで広がる可能性があると報告している。とくに、Wikipediaの場合は共有で、誰でも容易に「罠」仕掛けられることだろう。だれでも参加できるという夢のようなサービスは、同時に誰でも攻撃ツールに変身できるということで、とくにテキストベースでデータがアップできることから、今後話題を呼んでいるサイト、ユーザーを集めているサイトは「罠」の攻撃から回避する仕事が忙しくなる。詳細情報はURL(http://www.usatoday.com/tech/news/computersecurity/2007-05-01-malware_N.htm)で知ることができる。
ビデオ「nailed in 30 seconds」の情報はURL(http://www.explabs.com/nailedin30_1.asp)にある。
米国のGoogle社は2007年9月17日に、コンテンツ連動型広告「AdSense」の携帯電話向け展開を始めたことを正式に発表した。詳細情報はURL(http://www.google.com/intl/en/press/annc/20070917_mobileads.html)または、URL(http://adsense.blogspot.com/)で知ることができる。
PaidContentは2008年1月11日に、David Kaplanの「Google AdSense Has The Power To Lower Your Stock Price(Google AdSenseには、株価を下げるパワーがある)」を公開し、Webサイトが大いに収入のためのGoogleのAdSenseプログラムに依存している。しかし、2008年1月11日にイスラエルのメールマーケターIncrediMail社に対して、Google社がAdSense広告を無効にしたと投資家に言ったとき、IncrediMail社の株価が40%下がったと報告している。
そのニュースが浸透していったその日のうちに株価は、45%下がった。
IncrediMail社は、なぜAdSenseから蹴られたかについては言わなかったが、クリック詐欺であったかもしれないと報告している。
AdSenseがどれくらい大きい企業であるかに関してPaidContentは、Googleが2007年第3四半期の収入はUS$42億3000万で、その約US$14億5000万はAdSenseで稼ぎ出していると説明している。
また、IncrediMail社は、2007年1月-9月の間で13%上昇し、非常に健康的な経営であったとも報告している。ところが、Google社がAdSense広告を無効にしたことで、株価は45%も下がった。
IncrediMail社は、Googleと協議すると言い、代替の広告サーバを試みているが、Google社のAdSense以外にどのようなサービスが存在するのか?と報告している。
Yahooの広告ネットワークは米国企業だけが利用可能で、Microsoft社は主要なサイトで働くことを希望している。
Google社の最も大きいライバルはBaiduだが、中国だけである。
つまり、地球規模で利用できるサービスは、Google社のAdSense以外に存在していないというのが現実である。
AdSense収入の77%が出版社に行くので、他のものが挑戦を仕掛けるのは、非常に難しいと報告している。
しかし、Motley Foolはここで、他の企業もGoogle AdSenseに挑戦し、戦って欲しいと請願している。
なぜなら、このままではAdSenseが反対者なしで、より大きくなるだけで、それと同時に威力を増すだけだと指摘している。詳細情報はURL(http://m.paidcontent.org/entry/318601)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8496)または、URL(http://www.incredimail.com/english/splash/splash.asp)または、URL(http://biz.yahoo.com/bw/080111/20080111005240.html?.v=1)で知ることができる。
ニューヨークタイムズ(New York Times)は2008年6月13日に、Yahoo!が2008年6月12日Google社と北米でのネット広告事業で提携すると発表したと報告した。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2008/06/13/technology/13yahoo.html?_r=1&ref=media&oref=slogin)で知ることができる。
Paid Contentは2008年6月29日に、マクファーレン(MacFarlane)がGoogle AdSenseネットワークを通してMTVと共にビデオ配信し、お金を稼ぐ実験を開始したと報告した。
日本でGoogle AdSenseでお金を得て生活することは不可能に近く、新聞社のGoogle AdSenseも印刷版新聞の落ち込みをカバーできるとは考えにくいが、米国では可能なのかもしれない。
そこには国民性、言語、人口なども影響してくるのだろう。
これが実現できないと---
約1年前に、セス・マクファーレン(Seth MacFarlane)の漫画コメディをFoxで「Family Guy」を創作し、AdSenseを通してビデオ番組を配信する「Seth MacFarlane's Cavalcade of Cartoon Comedy」という新しいプロジェクトを開始している。
ニューヨークタイムズ(New York Times)は9月に開始する妊娠して2年後のビデオ配信について、詳細を「thousands of Web sites that are predetermined to be gathering spots for Mr. MacFarlane's target audience8マクファーレンのたまり場になることが予測される何千ものWebサイト)」として紹介した。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2008/06/30/business/30google.html?pagewanted=all)で知ることができる。
マクファーレンは、2分のエピソードを50本用意したシリーズの新しい主役キャラクターを作った。
忙しいHollywoodの投資会社MRC(Media Rights Capital)が資金を提供し、MRCが広告を販売することになる。詳細情報はURL(http://www.media-rights-group.com/)で知ることができる。
今までのところ、このシリーズは、オンライン・シリーズとしてUS$億万を稼ぎ出すと予測されている。
共同最高経営責任者であるAsif Satchuは、それが「かなり高い」と言うこと以外、広告主がいくら支払うかを明らかにしていない。
ジョン会の実験では、マクファーレン、MRC、Google、クリック/視聴者で発生したWebサイトが収入を分け合うことになっている。
また同時にマクファーレンは、広告主と共にオリジナル・コマーシャルの制作にも携わっている。
ニューヨークタイムズは、今回の実験が成功すると、確実に娯楽産業に衝撃を与えるといっているが、成功するかどうかについては予測を避けている。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-googles-adsense-as-content-distribution-network-macfarlane-original-vid/)または、URL(http://flickr.com/photos/cheryl/1041673478/)または、URL(http://www.variety.com/article/VR1117970388.html?categoryid=1009&cs=1)で知ることができる。
Google社は、是非成功させるべきでしょう。
ビジネスは、自分だけが利益を上げるのではなく、周囲も稼げないとコンテンツが育たない。
それが実現しないと、全体としてのビジネスも成り立たない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10297)で知ることができる。
Marbridge Consulting, Chinaは2008年7月21日に、Google社北アジア部オンライン販売・運営マネージャーの周文彪(Zhou Wenbiao/Roy Zhou)がAdSenseの新しいペイメントシステムのプロモーション実験を展開するため、北京で26人を雇ったと発表した。詳細情報はURL(http://www.marbridgeconsulting.com/marbridgedaily/2008-07-22/article/18059/google_china_to_launch_new_adsense_payment_method)で知ることができる。また、2008年7月25日から30日にかけて、中国の青島市、合肥市、南寧市でプロモーション実験を展開するという噂もある。
Journalism.co.ukは2008年8月8日に、イギリスの一流新聞「The Guardian 」が失踪した子供の名前「Madeleine McCann」のキーワードをGoogleから間違って購入していたことを認めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/532081.php)で知ることができる。
Googleで彼女の名前を検索をしたとき、誤ってキーワードを購入することによって、マドレーヌの失踪に関する新聞記事にリンクした結果に関するコラムが現れた。
「The Guardian 」は、現在、リンクを降ろして、それが所有しているキーワードのリストを再検討した、とGuardianのマーケティング担当重役のマーク・サンズ(Marc Sands)はJournalism.co.ukに言っている。
「The Guardian 」がキーワード「Madeleine McCann」を購入していることについて、 Telegraph Media GroupのJustin Williamsの個人的なブログで、無茶苦茶であると指摘している。詳細情報はURL(http://www.countervalue.com/2008/08/07/how-low-will-the-guardian-sink-with-search-engine-marketin/)で知ることができる。
現在もキーワード「Madeleine McCann」をイギリスのスキャンダル新聞として有名な「Mirror」がGoogleから購入して所有し、「Cristiano Ronaldo」などのようなスキャンダルなキーワードを「Sun」と「Times」がGoogleから購入して所有していると報告している。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/531997.php)で知ることができる。
Googleも、どこに何を売るかを考えないと、今後さらに大きな問題に発展することになるだろう。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10654)で知ることができる。
CNET Newsは2008年9月15日に、ヨーロッパの独占禁止監視委員が米国を追従するようにGoogleとYahooの間で提案された広告取引を調査すると、ヨーロッパ市場で潜在的効果の下調べを7月中旬に実施したEuropean Competition Commissioner Neelie Kroesスポークスマンであるジョナサン・トッド(Jonathan Todd)が2008年9月15日にロイターへ言ったと報告した。
WAN(World Association of Newspapers/世界新聞協会)は2008年9月15日に、GoogleとYahooの間の検索マーケティングの競争を弱め、それらのサイト・トラフィックを追い立て、オンライン広告収入の重要な部分とサーチ・エンジンの上で当てにする新聞の高値と、より少ない収入に通じると言って反対した。
「結果は新聞が取引でやむを得ず、Googleにさらに依存するようになるということです。」と言っている。
声明で「最大90%の支払われた検索とコンテンツ広告をGoogle制御装置を渡すことによって、Googleは読者に届く新聞の性能とオンライン広告収入を発生させ、彼らの能力の両方で物凄いパワーを加えるでしょう。」
「恐らく、新聞出版の歴史で、単一の企業によってこれまでに一度も、報道の運命に管理が及ぼされる脅しはありませんでした。」と言った。
それはなかった!
もし、Googleが広告を拒否する新聞社として指定することがあったら---その新聞社の品質に関係なく、倒産することになる。
Microsoft社がYahoo!を買収しようとしたとき、Yahoo!を助けるために登場した正義の味方のようなGoogle
社と提携する話は、歓迎されたようにも見え、Microsoft社が反トラスト法違反だと指摘したときも、その意見を聞き流すようであったが、冷静に考えるとサーチ・エンジン市場のトップと2位で、今最も注目されているインターネット広告事業の合併提携と言うことになり、大きな問題になり始めている。
現在、多くの団体でGoogleがAdSense広告を無効にしたとすれば、存続できない団体の数は激減することになる。
多くのインターネット広告代理店から自由に選べる環境ができない限り、この恐怖は永遠に消えないことだろう。詳細情報はURL(http://news.cnet.com/8301-1023_3-10041820-93.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11014)で知ることができる。