AdSense API


米国のGoogle社が2006年5月31日にベータ版を公開した、ホスティング事業者向けAdSenseサービスの名称。従来の「AdSense」は、利用者が自らGoogle AdSenseアカウントを取得してHTMLコードを貼付し、Google AdSenseアカウントにログインしてさまざま設定を行なわなければならなかったが、AdSense APIを使用すれば、ホスティング・サービス自体の設定ページの中にAdSenseに関連するアカウントの申請、管理、設定変更、レポートなどを設置でき、ホスティング事業者が自社サービスの一環としてGoogle AdSense広告を提供できるようになる。「AdSense API」はSOAPとWSDLを使用しているため、Java、.NET、Perl、PHP、Python、XMLなどさまざまな言語を使用してプログラミングを行なうことができる。また、規定によると、「AdSense API」を通してAdSenseアカウントを取得したユーザーが180日以内にUS$100を稼ぐと、ホスティング事業者に対して一度限りUS$100が支払われ、さらにユーザーが得る広告収入の15%がホスティング事業者に支払われることから、有料で提供してきたホスティング・サービスも、「AdSense API」を利用することで無料で提供できるようになる。詳細情報はURL(http://code.google.com/apis/adsense/index.html)または、URL(http://adsense.blogspot.com/2006/05/introducing-adsense-api-beta.html)で知ることができる。
Ofcomは2006年8月10日に発表した年次報告「The Communications Market 2006」で、イギリスでは2005年にオンライン広告がUS$24億8000万(19億5000万ユーロ)を記録し、これはラジオ広告の3倍で、野外広告、ビジネス、および消費者雑誌市場を追い越し、イギリスで新聞、テレビ、ダイレクトメールに次ぐ4番目に大きい表示広告媒体に成長したと報告した。オンライン広告の2つの大きい利点は、対象とされた本質と広告主が密接に結果を追跡する能力で、クリックあたりのコスト・パー・サウザンドや費用のように、本質がインターネットの適所本質に合っていることで、それは、さまざまな専門化している広告アレンジメントにつながり始めたと分析している。詳細情報はURL(http://www.ofcom.org.uk/research/cm/cm06/)で知ることができる。
AP via Yahoo Newsは2007年4月18日にBrian Bergsteinのコラム「Media mine Web searches for readers」を公開し、Googleで検索したなら、インターネット検索エンジンは大学大虐殺に関するニュースへ何10ものリンクを供給した。そしてマスメディアは、バージニア工科大射撃事件Webにまで広告掲載していたと報告した。米国の銃社会と、人種差別、貧富の差が起こした最悪の32人もの死者が出た銃乱射事件の広告スポンサーは、何を考えているのか聞きたくなる。また、マスコミは広告を出すことで運営しているからと言って、こんな事件に広告を取る神経はどこにあるのか?
Googleの広告規制は何処へ行ってしまったのか。ポルノや麻薬より、米国の銃社会と、人種差別、貧富の差が起こした米国で史上最悪の銃乱射は、良識的というのでだろうか?るGoogleAdsenseのパブリック広告の意味は?どのようなフィルタリング基準なのか?
もう判断基準が何も判らなくなりました。The New York TimesとThe Washington Postは、Google結果の上の際立った「後援されたリンク(sponsored links)」ページにそれらの適用範囲を入れるキーワード広告を買った。The Times、CNN、Fox NewsもYahooで同様のリンクを起こした。Fox NewsはMSNでも採掘した。最高層の報道機関がこのようにバージニア工科大射撃事件で、適用範囲の広告を出すのウェブが現在伝統的なメディアで振るう大規模なパワーを生み出していると報告した。
ぜひ、米国で最悪の事件で、お金儲けに結びつけたいのですか?と、その広告主に聞いてみたいものである。また、マスコミにも米国で最悪の事件は、金儲けの材料ですか?と、聞いてみたい。これが米国の最高峰の良識あるマスコミ、大手企業の実態なのか、バージニア工科大射撃事件で死んだ人への悔やみ、事件の社会的な問題への追及も、単純に金になるからの報道なのかと疑いたくなる。詳細情報はURL(http://news.yahoo.com/s/ap/20070418/ap_on_hi_te/virginia_tech_web_keywords)で知ることができる。
Paid Contentは2008年6月29日に、マクファーレン(MacFarlane)がGoogle AdSenseネットワークを通してMTVと共にビデオ配信し、お金を稼ぐ実験を開始したと報告した。
日本でGoogle AdSenseでお金を得て生活することは不可能に近く、新聞社のGoogle AdSenseも印刷版新聞の落ち込みをカバーできるとは考えにくいが、米国では可能なのかもしれない。
そこには国民性、言語、人口なども影響してくるのだろう。
これが実現できないと---
約1年前に、セス・マクファーレン(Seth MacFarlane)の漫画コメディをFoxで「Family Guy」を創作し、AdSenseを通してビデオ番組を配信する「Seth MacFarlane's Cavalcade of Cartoon Comedy」という新しいプロジェクトを開始している。
ニューヨークタイムズ(New York Times)は9月に開始する妊娠して2年後のビデオ配信について、詳細を「thousands of Web sites that are predetermined to be gathering spots for Mr. MacFarlane's target audience8マクファーレンのたまり場になることが予測される何千ものWebサイト)」として紹介した。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2008/06/30/business/30google.html?pagewanted=all)で知ることができる。
マクファーレンは、2分のエピソードを50本用意したシリーズの新しい主役キャラクターを作った。
忙しいHollywoodの投資会社MRC(Media Rights Capital)が資金を提供し、MRCが広告を販売することになる。詳細情報はURL(http://www.media-rights-group.com/)で知ることができる。
今までのところ、このシリーズは、オンライン・シリーズとしてUS$億万を稼ぎ出すと予測されている。
共同最高経営責任者であるAsif Satchuは、それが「かなり高い」と言うこと以外、広告主がいくら支払うかを明らかにしていない。
ジョン会の実験では、マクファーレン、MRC、Google、クリック/視聴者で発生したWebサイトが収入を分け合うことになっている。
また同時にマクファーレンは、広告主と共にオリジナル・コマーシャルの制作にも携わっている。
ニューヨークタイムズは、今回の実験が成功すると、確実に娯楽産業に衝撃を与えるといっているが、成功するかどうかについては予測を避けている。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-googles-adsense-as-content-distribution-network-macfarlane-original-vid/)または、URL(http://flickr.com/photos/cheryl/1041673478/)または、URL(http://www.variety.com/article/VR1117970388.html?categoryid=1009&cs=1)で知ることができる。
Google社は、是非成功させるべきでしょう。
ビジネスは、自分だけが利益を上げるのではなく、周囲も稼げないとコンテンツが育たない。
それが実現しないと、全体としてのビジネスも成り立たない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10297)で知ることができる。
Journalism.co.ukは2008年8月8日に、イギリスの一流新聞「The Guardian 」が失踪した子供の名前「Madeleine McCann」のキーワードをGoogleから間違って購入していたことを認めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/532081.php)で知ることができる。
Googleで彼女の名前を検索をしたとき、誤ってキーワードを購入することによって、マドレーヌの失踪に関する新聞記事にリンクした結果に関するコラムが現れた。
「The Guardian 」は、現在、リンクを降ろして、それが所有しているキーワードのリストを再検討した、とGuardianのマーケティング担当重役のマーク・サンズ(Marc Sands)はJournalism.co.ukに言っている。
「The Guardian 」がキーワード「Madeleine McCann」を購入していることについて、 Telegraph Media GroupのJustin Williamsの個人的なブログで、無茶苦茶であると指摘している。詳細情報はURL(http://www.countervalue.com/2008/08/07/how-low-will-the-guardian-sink-with-search-engine-marketin/)で知ることができる。
現在もキーワード「Madeleine McCann」をイギリスのスキャンダル新聞として有名な「Mirror」がGoogleから購入して所有し、「Cristiano Ronaldo」などのようなスキャンダルなキーワードを「Sun」と「Times」がGoogleから購入して所有していると報告している。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/531997.php)で知ることができる。
Googleも、どこに何を売るかを考えないと、今後さらに大きな問題に発展することになるだろう。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10654)で知ることができる。