μ-LabSat

マイクロラブサット

小型衛星技術研究開発の一環として、2002年12月14日に種子島宇宙センターより打上げられたH-IIAロケット4号機に搭載され、所定の軌道に投入された、小型、高性能、低コストの実現を目的にした、宇宙開発事業団技術研究本部CRLがインハウスで製作した約50kg(約70cm×約50cm)の小型衛星です。

>> さらに詳細な情報はこちら