1ビット・デジタル・アンプ技術


シャープが独自に開発した、原音を忠実に増幅/再現する技術で、1999年8月に、CDの64倍(64fs)の約2.8MHz(1秒間に2,822,400回)の精密さで高速1ビット・デジタル・スイッチングを行い、情報の最小単位である1ビットデジタル信号のまま「スイッチング増幅」することにより、マイクロフォンで収録された原音を忠実に再現する「高音質再生」を実現しました。

>> さらに詳細な情報はこちら